中国株式市場 その本質とは?【時事ノイズカット:73】
時事ノイズカット
時事ノイズカット
金丸真弥

中国株式市場が暴落した後、中国共産党(中共)当局は市場介入を行い、1月25日の午後から株価の大きな回復が始まりました。

しかし、その上昇はわずか2日半で終わり、29日の週の最初の取引日には再び株価が全面的に下落しました。2月2日には上海総合指数が2700ポイントを下回り、5日には再び2700ポイントを割り込みました。

2月2日、中国の人々は米国大使館の公式微博(ウェイボー)に殺到し、米国大使館の投稿内容には関係のない、中国の株式市場についてのコメントを残し、中国経済への失望と絶望を表明し始めました。 

この現象は2日に米国大使館が微博で投稿したキリンの保護に関する投稿の下から始まったため、「キリン革命」と冗談めかして呼ばれています。BBCは、米国大使館の微博が中国の株式投資家たちの「嘆きの壁」になっていると報じました。米国大使館の公式微博でのコメントが削除された後、人々は今度はインド大使館の微博に流れ込みました。 

最近、中共当局は経済や株式市場を支援する政策を次々と打ち出していますが、中国株式市場が良い反応を示さないのはなぜでしょうか? 中国株式市場の本質とは何でしょうか? 中国経済の危機が全面的に爆発すれば、それは世界経済にどのような影響を与えるのでしょうか?

本日はこの話題について、皆さんと一緒に見ていきたいと思います。

本日の構成はこちらです。

1.市場救済に為す術なし

2.中国株式市場の本質

3. 世界への衝撃

今日の動画は、皆さんが、中国株式市場の真の目的について把握できることを願い作成いたしました。どうぞ最後までご覧ください。

🔴 購読のお申し込みはこちら 今なら初月は半額! 👉https://eptms.jp/EquityInvestment-Sub

🔵 もっと見る 👉https://www.epochtimes.jp/tv

⭕️ ウェブサイト 👉https://www.epochtimes.jp​​
⭕️ Twitter 👉 https://twitter.com/epochtimes_jp
⭕️ Facebook 👉 https://www.facebook.com/epochtimes.jp/
⭕️ Telegram 👉 https://t.me/epocht

⭕️GANJINGWORD👉 https://www.ganjing.com/ja-JP/channel/1fnf443akc6ctzfSGMl4nIrT01vp0c

関連動画