はびこる中国共産党スパイ、別件逮捕にも限界 法整備急がれる

欧米諸国を中心に中共スパイの摘発が進むなか、日本でなかなか反スパイ法が制定されない現状について、前衆議院議員の長尾敬氏は、従来の別件逮捕による摘発は「拘束力に一定の限界がある」と指摘した。
編集部おすすめ NEW
トップニュース

おすすめ書籍

  • マルクスの『共産党宣言』に登場する「邪霊」。今や全世界がその支配下に置かれつつある。共産主義は単なるイデオロギーではない。その正体を見定めたとき、破滅を免れるだろう。