【独占】『書いてはいけない』出版記念!森永卓郎・康平氏緊急取材(上)未来の日本はどうなる?究極のタブー乗り越えて見えた希望と可能性

経済評論家の森永卓郎氏は義憤に駆られた。民主主義の日本で、なぜこれまでタブーが多いのか。大紀元記者は現在は闘病中の森永卓郎氏と、息子の康平氏に取材し、『書いてはいけない――日本経済墜落の真相』について話を伺った。
編集部おすすめ 今日
トップニュース

おすすめ書籍

  • マルクスの『共産党宣言』に登場する「邪霊」。今や全世界がその支配下に置かれつつある。共産主義は単なるイデオロギーではない。その正体を見定めたとき、破滅を免れるだろう。