絶望する中国人、僅かな希望にすがる

中共の第20回三中全会が北京で開催されている最中、党魁・習近平が転倒したという噂が急速に広がっている。7月16日の夜から、海外のソーシャルメディアで「習近平が転倒した」との話が飛び交い、真偽を問う声が多く見られた。時事評論家の陳破空氏は、「この二日間、官媒の三中全会に関する報道が非常に少ない。15日の開幕日に簡単な報道があっただけで、その後は全く情報が出ていない。これは三中全会が非公開で行われるためかもしれないが、疑念を呼ぶ状況だ」と指摘している。現在、この噂の真偽は明らかではない。
2024/07/18 韩梅

三中全会に漂う異様な空気 記念記事が削除され、習近平の健康問題が噂される

中共第20回三中全会が7月15日に開幕し、その異様な雰囲気が注目されている。本来ならばメディアが活発に報道するはずのこの時期、情報封鎖により外界は習近平を称賛する記事しか見られなかった。しかし、その記事はわずか2日後に削除され、民間では様々な噂が飛び交っている。
2024/07/18 徐天睿

ツバル首相、台湾との外交関係を維持する意向

日本の東京で開催された第10回「太平洋島国サミット」(PALM)に出席したツバルのタイオ総理は16日、日刊の朝日新聞のインタビューで、任期中は中華民国(台湾)との外交関係を維持し、中国共産党(中共)との国交を樹立しない方針を明らかにした。ツバルの総理であるフェレティ・テオは、16日に東京で行われたインタビューで、自身の任期中に台湾との外交関係を変更する意図はないと強調した。
2024/07/17 鍾元

トランプ氏銃撃事件 X(ツイッター)上の偽情報と真実を検証

7月13日、アメリカ前大統領ドナルド・トランプ氏がペンシルベニア州で行われた選挙集会中に銃撃され、耳に負傷を負った。直ちに病院に搬送されたトランプ氏の状態について、特勤局は「安全」と発表した。この衝撃的な事件は世界中で様々な憶測を呼び、虚偽情報や噂が飛び交っている。ここでは、現在メディアで広まっている一部の誤情報を検証し、真実を明らかにする。
2024/07/16 徐天睿

「臓器狩り」撲滅法案、推進へ 台湾や日本の議員ら会見 閣僚経験者もメッセージ

台湾の立法委員(国会議員に相当)や民間団体が15日、「臓器強制摘出撲滅法案制定、台日連携およびグローバル連携」をテーマとした記者会見を台北市で開いた。中国国内では無実の囚人が臓器を強制的に摘出され移植用臓器に利用されているといった問題が続いているとして、議員らは世界各国での法整備を呼びかけた。
2024/07/16 佐渡道世

【インフォグラフィック】法輪功迫害 中国共産党の残虐な手法の数々

1999年7月20日、中国共産党は精神修養法である法輪功を弾圧するため、大々的な政治運動を開始した。 法輪功は1999年までに愛好者数がおよそ7000万人から1億人に達した。しかし、当時の中国共産党首魁・江沢民は、法輪功を中国共産党の権威に対する脅威だとみなしていた。
2024/07/14

2024年版『防衛白書』発表 台中緊張で日本の防衛力強化の必要性強調

米中間の「戦略競争」と称される覇権争いが激化している中、世界の火薬庫とも称される台湾海峡は、常に武力衝突の脅威が存在する場所だ。7月12日に発表された年度版『日本防衛白書』は、中国が台湾周辺での軍事演習を増やしていることについて初めて警告を発している。また、中国とロシアが日本周辺で行っている共同軍事活動について「深刻な懸念」を表明し、北朝鮮の脅威がこれまでになく大きくなっていることも指摘している。
2024/07/13 徐天睿

米国の女子大生、AIに「顔盗まれる」 

このほど、米国に住む女子大生がAIに「顔を盗まれた」。
2024/07/11 李凌

米国のチャイナウォッチャー、「法輪功保護法」に注目

2024年6月25日、米国下院は「法輪功保護法案(H.R. 4132)」を可決した。この法案は、中国共産党(中共)による法輪功の迫害を即時に停止することを求めている。また、中共の臓器収奪行為に関与した者に対する制裁も規定しており、資産凍結や渡航禁止、刑事罰が含まれている。法案は今後、上院に送られ、可決されれば大統領の署名を待つことになる。

三中全会前に軍高官を粛清した、その真の狙いとは?

中国共産党の党首の習近平が、7月中に開催予定の重要会議を前に、人民解放軍の高官に対する粛清を強化していると見られている。今回の粛清は、期待に対する失望の表れと読むことができる。習近平は最高権力者として軍部の忠誠を求めてきたが、就任初期の反腐敗運動で権力を固めた習近平と、中共の代表的な既得権層である軍の高官たちの間には、大きな溝が存在していた。
2024/07/10 姜佑灿, 徐天睿

中共のロケット発射、なぜ西側より危険なのか

近日、中国の「天龍三号」運搬ロケットのテスト失敗とその残骸が山中に落下した事件が国際的な注目を集めている。専門家は、発射失敗自体は珍しくないものの、中国企業が使用する危険な固体燃料と内陸からの発射が住民に危険をもたらしていると指摘している。
2024/07/10 張婷

中国共産党の赤旗を大英博物館に持ち込み批判殺到

最近、中国のソーシャルメディアで広く共有されたビデオが多くの注目を集めた。ある中国人ネットユーザーが大英博物館を訪れた際、中国国旗を持っていたため、スタッフに制止され、国旗をしまわなければ退館させられると言われたという。このニュースは中国のメディアやソーシャルプラットフォームで急速に拡散し、多くの議論と怒りを引き起こした。
2024/07/09 徐天睿

通貨供給の増加は経済成長を促進するのか?

多くの経済評論家は、通貨の供給量を増やせば経済が活性化すると信じている。この考え方は、人々が手元に多くのお金を持つことで、消費が増え、それに他の人々も続くとするものだ。これはお金が単なる支払い手段と見なされているためである。しかし、お金は支払い手段ではなく、交換の媒介物である。お金は生産者が自分の製品を他の生産者の製品と交換するのを助けるものだ。
2024/07/06 Frank Shostak

法輪功学習者の強制的な血液採取、中共の臓器狩りは今も続く

最近、明慧ネットは、法輪功学習者の孟慶芳さんが2019年に拉致され、違法に1年半の刑を受けた際に、看守所で拷問を受け、頻繁に血液を採取されたと報じた。孟慶芳さんは、街で法輪功の真実を語っていた際に拉致された。彼女の携帯電話と現金、そして娘の家に置いてあった法輪功の書籍も警察に奪われた。彼女は菏沢看守所に拘禁され、その後、違法に1年半の刑を受けた。
2024/07/05 李潔思

中国共産党に縛られた中国人、解放の鍵は誰の手に?

中共の統治下で、中国は内外の圧力に直面している。この圧力はすべての中国市民にとって悲劇的な現実である。彼らは中共政権を選んだわけではないが、「人民の名義」の下で、他国を脅かし、国民生活を管理し、「習近平思想」で言論の自由を抑圧する体制の中で生きることを強いられている。この状況は一部の専門家によって「ストックホルム症候群」と形容され、人質が誘拐犯を愛する現象に例えられる。
2024/07/05 徐天睿

インドネシア 健康体操フェスティバル、政府高官らが法輪功を学ぶ

6月23日の午後、インドネシアのバタム市政府主催、青年・スポーツ局協賛の「2024年度健康体操フェスティバル」がエングクプトリバタムセンター公園で開催され、法輪功学習者がこのイベントに招待された。エングクプトリバタムセンター公園は、大規模な公共スペースであり、市政府の複数の機関が周囲に点在している。
2024/07/05 明慧ネット

【ビデオあり】またも「予告なしのダム放流か」 深刻な中国洪水被害

この頃、中国湖南省では深刻な洪水災害に見舞われている。
2024/07/04 李凌

紅海の危機が世界貿易に影響、中国商人は生き残りを求める

イエメンの反政府武装組織フーシによる紅海航運の襲撃が原因で運賃が上昇し、世界の輸出入貿易に影響を与えている。特にアメリカを含む世界の輸入業者は貨物輸送に不安を抱いている。中国の製造業者は、今年がこれまでで最悪の年になると語っている。
2024/07/04 鄭孝祺

26団体が共同書簡 豪政府に中共による法輪功迫害の制止求める

中国共産党(中共)による法輪功への残酷な迫害が25年間続いた今年の「7.20」を前に、オーストラリア法輪大法学会を含む26の非政府団体(NGO)は、オーストラリア首相と外務大臣宛の書簡に署名した。オーストラリア政府に対し、中国における法輪功学習者(以下、学習者)に対する深刻な人権侵害を阻止し、迫害者に制裁を科す措置を講じるよう求めた。
2024/07/03 明慧記者

米『法輪功保護法案』成立 日本議員が各国に追随を呼びかけ

アメリカ下院はこのほど、全会一致で『法輪功保護法案』を可決した。これを受けて、日本の複数の議員が政府に対し、直ちに追随し、中国の人権を保護し、中国共産党による法輪功弾圧を制止するための関連法案を制定するよう呼びかけた。

【ビデオあり】また落下して炎上、中国ロケット「事前の避難通告なし」と住民

中国が打ち上げたロケットの残骸が、またも村ちかくに落下した。
2024/07/03 李凌

経済の低迷により、中国の若者たちが「リベンジ的貯金」

パンデミック終息後、世界各国で「リベンジ的消費」ブームが巻き起こり、今なおその余波が続いている。しかし、中国ではこれとは逆の現象が見られる。若者たちが「リベンジ的貯金」を始め、毎月高い貯蓄目標を設定するようになっている。
2024/07/03 陳霆

「全世界脱党デー」 脱党の嵐が吹き荒れる、中共の「寄生」生存の変遷を暴く

2024年7月1日、全球脱党日、中共の衰退の気配が、意図的に装飾された華やかな表面を通り越して、迫ってきた。この党は、歴史に埋もれた旧ソビエト連邦の過ちを中国に移植され、2021年に100周年を迎えた後、さらに3年間延命している。
2024/07/02 岳山

プラスチック生産過剰で、中国再び貿易摩擦の火種

専門家は、中国国内需要が低迷している中で、プラスチック供給量が増加し続けていることが供給過剰を招き、新たな国際貿易争端を引き起こす可能性があると警告している。ロディウム・グループ(Rhodium Group)で米中関係および中国産業政策の研究を担当する副主任チャーリー・ヴェスト(Charlie Vest)氏は、「鉄鋼や太陽光パネルに続き、中国の構造的失衡がグローバル市場に波及しているまた別の事例がある」と述べている。
2024/07/02 陳霆

米国 不法入国者数が過去最多に=国境警備局CBP発表

米国の税関・国境警備局(CBP)のデータによると、今会計年度の犯罪歴のある不法入国者の月間逮捕者数が過去最多を記録した。CBPのデータによれば、2023年10月1日から始まった今会計年度において、合計13,130人の犯罪歴のある不法入国者が逮捕された。これは、月平均で1,459人が逮捕されたことになり、記録上で最も高い月平均数である
2024/07/02 Tom Ozimek

未来の戦争を先取り AI軍拡競争、勝利するのは中国か

中国の国防大学の秘密実験室で、兵士たちは前例のないAI指揮官の命令を受けて訓練を行っている。このAI指揮官は、大規模な仮想戦場での作戦指揮を担当しており、これまでにない規模の演習を可能にしている。これにより、中国共産党(CCP)は人民解放軍(PLA)の高官を他の任務に集中させながらも、大規模な訓練を実施できるようになっている。
2024/07/02 徐天睿

7月1日「世界脱党日」 ニューヨークで「中国共産党脱退」デモ開催、 真実を訴え

ニューヨークを拠点とする全球脱党支援センターは6月30日、ニューヨーク市内で「中国共産党脱退」「中国共産党の邪悪と決別せよ!」をテーマにした車行デモを開催し、より多くの中国人に中共の実態を知ってもらい、共産党を離脱するよう呼びかけた。
2024/07/01 林丹