中国「50年債」発行は「国民への債務転嫁」か 専門家「返すつもりあるのかと問いたい」 

中国財政部は5月に償還期間が最長50年の超長期債を発行すると発表したが、「返済するつもりはあるのか」と疑問の声が上がっている。不動産バブルが一旦崩壊すれば、共産党政権も大打撃を被るとの指摘もある。
2024/05/24 Wenliang Wang, 寧芯, 趙彬

地政学的リスクが影響する金価格、2024年世界の混乱が激化か

中東の最新情勢により、金価格が急騰している金融情報サイトEconomies.comによると、金価格は上昇トレンドにあり、ポジティブなシグナルが背景にあると報じられていている。金が1オンスあたり2400ドルを超えると、次なる目標は1オンスあたり2510ドルとなる見通している。地政学的な対立や経済危機が金価格上昇の要因であり、現在の地政学的リスクの「主役」は中共である。2024年は「金は嵐の夜に輝く」との標語が象徴するように、金市場にとって重要な年となる。
2024/04/24 趙彬

習近平のルール設定に反発する中国共産党官僚が消極的サボタージュで抵抗

中国共産党内で習近平の権力集中に対する官僚たちの消極的な抵抗が明らかに。中国共産党(中共)の機関紙「求是」誌の最新報告と専門家の分析を通じて、内部対立と政治環境の現状を探る。
2024/03/24 趙彬

「フィリピン有事」の可能性が増大 比大統領が中共へ対抗姿勢

最近、中国共産党(中共)とフィリピンの関係には微妙な変化が見られる。中共の脅威に対応し、これまで中共との衝突に消極的であったフィリピンが、積極的な姿勢へと転換しているのだ。
2023/11/26 趙彬

【分析】転換点迎える東アジア情勢 束縛脱した日本が果たすべき主導的役割

東アジア情勢の緊迫感が増すなか、日本は歴史的な転換点を迎えている。「AUKUS」への加盟検討や地域の同志国への防衛装備移転など、「平和憲法」の束縛を脱しつつある。
2023/11/23 寧芯, 趙彬

李克強だけではなかった 中共高官および企業家の不審死が増加

高光俊氏はさらに、習近平が政権を握って以来、中共の幹部の子女が突然死する割合は文化大革命時を除いて最も高いと警鐘を鳴らしている。李克強氏の他にも複数の高官が謎の死を遂げた
2023/11/08 趙彬

米国の限界を試す中国共産党

中東の状況は混沌としている。ハマスを支える背後の勢力として、イラン、ロシア、中共の動きは注目の的である。最近、中共はこの状況の中で2つの主要な行動をとった。
2023/10/31 趙彬

中共の「一帯一路」による世界支配の意図

中共は10年前から、シルクロード沿いの国々の経済発展を推進するとの名目で「一帯一路」イニシアティブを全世界に展開している。「経済を発展させる」という大きな誘惑の下、100以上の国々がイニシアティブに参加している。しかし、10年の時を経て、多数の国々は膨大な借金の重荷を背負い、逆に中共はこれを利点とし、借金を返せない国々に圧力をかけ、米国と秘密に対立するように合作していたのだ。
2023/10/26 趙彬

【深掘り】習近平が中共の74年の節目に李強首相を差し置いて演説した意味

中共がどのようなリスクに直面しているのか、そして、なぜ習近平氏が李強氏に演説させず、自ら前に出て、演説を行ったのか。
2023/10/07 趙彬

人民元が中国本土から香港へ大量移動  海外へ20兆円規模の流出か?

統計データによれば、8月は香港への人民元の流入が増え、香港に預けられている人民元の合計は約1兆元(20.7兆円)に迫っている。一方、香港の為替レートを安定させるための外国為替基金、つまり香港政府の財政予備は、8月に358億香港ドル(6802億円)の減少があった。よって、専門家の分析では、香港からの海外への資金流出の規模は非常に大きいと指摘されている。
2023/10/07 趙彬

中国版リーマン・モーメントへの備えか 米中が経済・金融政策ワーキンググループ設立

中国の金融と経済は崩壊に直面している。米中は9月22日、公式に両国の経済・金融政策に関する2つのワーキンググループの設立を宣言した。
2023/09/28 趙彬