平和か空想か、中東和平の仲介者を目指す中共 ハマスとファタハの調停を目論む

【北京】中国外交部は7月23日(火)、パレスチナの14の各派、特に敵対するハマスとファタハが対立を終結し、暫定的な民族統一政府を樹立することで合意し、「北京宣言」に署名したと発表した。中国は今週、ハマスとファタハの高官を北京に迎え、ガザとヨルダン川西岸での権力争いを長年続けてきたパレスチナの敵対勢力間の分裂を埋める努力を試みた。
NEW
トップニュース

おすすめ書籍

  • マルクスの『共産党宣言』に登場する「邪霊」。今や全世界がその支配下に置かれつつある。共産主義は単なるイデオロギーではない。その正体を見定めたとき、破滅を免れるだろう。