ポーランド、全面戦闘に備え 軍事準備を強化

ポーランド陸軍参謀総長のヴィエスワフ・ククラ将軍は7月10日の記者会見で、ベラルーシとロシアとの国境沿いに配備する部隊数を増強し、全面戦闘に備える準備を進めていることを発表した。「今日、我々は非対称型の紛争ではなく、全面戦闘に備える必要がある」とククラ将軍は述べ、準備が「国境任務と軍隊の訓練の強度をうまくバランスさせる」ことを求めると付け加えた。
2024/07/12 Jack Phillips

米沿岸警備隊、アラスカ海域で中国軍艦を確認

米国の当局者は7月10日、米沿岸警備隊の巡視船がベーリング海での定例巡視中に複数の中国軍艦を確認したと発表した。該当海域は国際水域だが、米国の排他的経済水域内に位置している。米沿岸警備隊の声明によると、アリューシャン列島のアムチトカ海峡北約200キロメートルで3隻の中国軍艦を確認した。その後、コディアック航空基地のヘリコプターがアムクタ海峡北約135キロメートルで4隻目の中国軍艦を確認した。
2024/07/12 趙鳳華

中国駐米総領事館が抗議者を襲撃 民主活動団体が抗議声明発表

7月9日(現地時間)、中国民主党全国連合本部(海外)副主席の王永紅氏が、四名の訪民と共にニューヨークの中国駐米総領事館前で抗議を行った際、領事館の保安に襲撃され、頭部を負傷する事件が発生した。中国民主党全国連合本部(海外)は声明を発表し、この事件を強く非難した。
2024/07/12 林丹

中国民主運動家・劉暁波氏の八周忌 未亡人は日本滞在へ

今週13日(土曜日)は、中国の民主運動家である劉暁波の命日である。彼は2010年に獄中でノーベル平和賞を受賞したが、7年前、中国・沈阳で肝癌の治療が遅れたために亡くなった。劉暁波氏の未亡人である劉霞さんがドイツから日本に移住し、長期的に居住する計画があるという。関係者によれば、日本の私立大学が劉霞さんを研究員として招聘し、日本政府が「文化活動」在留資格のビザを発給した。彼女は関西地区で生活する予定である。
2024/07/12 徐天睿

中国各地で洪水被害拡大 三峡ダム放流で湖南省住民に不安広がる

中国での洪水の被害が再び注目されている。7月10日、中国の複数の省で続いている豪雨が深刻な災害を引き起こしているが、当局は死傷者の数を隠しているとされている。湖南省の一部地域では危険が高まっており、同時に三峡ダムが10日に放流を開始したことで、下流の住民たちの間に不安が広がっている。
2024/07/12 新唐人テレビ

アメリカの法律事務所が中国本土からの撤退を加速 シンガポールに移転も視野

米国の法律事務所が、中国本土からの撤退を急いでいる。資本市場の悪化、構造的な経済問題、地政学的な緊張など、経営環境の悪化がその要因とされる。中国法務部の統計によると、外国法律事務所の中国事務所の数は2017年以降減少傾向にある。2022年末までに205件に減少し、現在はさらに減少していると推測される。
2024/07/12 徐天睿

中国民間ロケット、また打ち上げ失敗、原因調査中

中国北西部の酒泉衛星発射センターで11日、中国民間企業が開発した商業用ロケット「双曲線一号遥八」が打ち上げられたが、上空で異常が発生し飛行試験に失敗した。新華社が伝えたところによると、原因は現在調査中であるという。
2024/07/12 徐天睿

ドイツ、2029年までに5Gネットワークから中国製部品を全廃へ

ドイツ政府と主要通信事業者は、2029年までに5Gネットワークから中国製部品を全て排除する方針であることが、7月10日付けの『南ドイツ新聞(Sueddeutsche Zeitung)』が報じた内容によって明らかになった。
2024/07/12 徐天睿

【世論調査】中国の国際イメージが悪化 特に近隣国と富裕国で

米国の著名な世論調査機関、ピュー研究所(Pew Research Center)が7月9日(現地時間)に発表した世論調査によると、中国(中国共産党)の国際イメージは特に高所得国とインド太平洋地域の近隣国で悪化していることが明らかになった。調査では、対象となった18の高所得国のうち15カ国が中国共産党に対して否定的な見方をしていることが判明した。特に欧米地域では、スウェーデン(82%否定的)と米国(81%否定的)が中国共産党に対する否定的な見方の上位を占めた。
2024/07/12 王君宜

中国人女性、伊豆で漂流後36時間ぶりに救助、中国大使館の対応に批判の声

7月8日、静岡県伊豆半島南部の海岸で泳いでいた20代の中国人女性が行方不明となり、約36時間海上を漂流した後、日本の貨物船によって救助された。この事件は、当事者が中国大使館に救助を求める電話をした際に空号であったことが発覚し、ネット上で話題を呼んでいる。
2024/07/12 王君宜

アメリカの対ロシア制裁で支払い困難  ロシアの中国車輸入が阻害

ロシアがウクライナに侵攻して以来、西側諸国はロシアに対して一連の制裁を課してきた。ロシアは国際的なSWIFTシステムから排除された後、中国との貿易に依存し、人民元で決済してきた。しかし、米国の二次制裁の影響でロシアは人民元への依存をさらに進めることができず、支払い問題によりロシアの中国製自動車の輸入が阻害されている。
2024/07/12 夏雨

中国のリチウム電池価格、原材料価格の下落と過剰生産で半減

中国産のバッテリー価格が原材料価格の下落と過剰生産の影響で急落し、その影響が世界の電気自動車市場にも広がっている。ブルームバーグ通信によると、過去1年間で中国のリチウム鉄リン酸(LFP)電池セルの価格は、キロワット時(kWh)あたり平均53ドルと51%下落した。同期間の世界平均価格は1kWhあたり95ドルで、中国の平均価格のほぼ2倍に達している。
2024/07/11 徐天睿

500億円以上かけてつくった堤防 完成して半年で一部「崩壊」=中国

500億円以上かけてつくった中国の堤防が完成から半年で一部「崩壊」。
2024/07/11 李凌

日本の「失われた30年」の後を追うのか? 中国の未来

中国共産党(中共)の三中全会が迫る中、多くの人々が中国経済の将来と中共の経済政策実行能力に注目している。この二つの要素は密接に関連している。中国経済の将来については、「中国経済は頂点に達したのか?」と「中国経済は日本のように30年間停滞するのか?」という二つの議論がある。
2024/07/11 王赫

米 ジョンソン下院議長、中国共産政権に対抗するための立法パッケージを推進

米国下院議長のマイク・ジョンソン氏(共和党、ルイジアナ州)は、今年中に中国共産政権を標的とする重要な立法パッケージを議会で可決させたいと述べた。ジョンソン氏は、7月8日にハドソン研究所で行った初の主要な外交政策演説で、「中国は世界平和に対する最大の脅威だ。議会はあらゆる手段を駆使して中国に対抗することに焦点を当て続けなければならない」と述べた。

バルコニー落下、吉林省遼源市の集合住宅、中国のあちこちで

中国の住宅ビルで複数の階のバルコニーが落下。
2024/07/11 李凌

米国の女子大生、AIに「顔盗まれる」 

このほど、米国に住む女子大生がAIに「顔を盗まれた」。
2024/07/11 李凌

液体燃料と食用油を「混載」 中国「タンク車」の恐怖

中国における「タンク車混載」の恐ろしい実態。
2024/07/11 李凌

米国のチャイナウォッチャー、「法輪功保護法」に注目

2024年6月25日、米国下院は「法輪功保護法案(H.R. 4132)」を可決した。この法案は、中国共産党(中共)による法輪功の迫害を即時に停止することを求めている。また、中共の臓器収奪行為に関与した者に対する制裁も規定しており、資産凍結や渡航禁止、刑事罰が含まれている。法案は今後、上院に送られ、可決されれば大統領の署名を待つことになる。

各地で制服を着た暴力団「城管」廃止の動き続々

中国では「城管局」廃止の動きが広がっている。
2024/07/11 李凌

2か月間に40件も刃傷事件、中国全土

SNSに流出しただけでも、中国本土では過去2ヶ月の間で40件もの刀傷事件が起きている。
2024/07/11 李凌

インド、中印国境の係争地に発電所を建設予定

インド政府の消息筋によると、インドは1億ドルを投じて、北東部のヒマラヤ地域であるアルナーチャル・プラデーシュ州(Arunachal Pradesh)に12か所の水力発電所を建設する計画を加速している。この地域は中国との主権争いが続いている場所である。
2024/07/10 吳香蓮

小さなご主人様を助けて毒ヘビに噛まれた犬 穴を掘って静かに死を待つ

毒ヘビの攻撃から小さな飼い主を守って噛まれ、「もう長くない」と悟った犬が穴を掘って中に入り、そこで静かに死を待っていた。
2024/07/10 李凌

三中全会前に軍高官を粛清した、その真の狙いとは?

中国共産党の党首の習近平が、7月中に開催予定の重要会議を前に、人民解放軍の高官に対する粛清を強化していると見られている。今回の粛清は、期待に対する失望の表れと読むことができる。習近平は最高権力者として軍部の忠誠を求めてきたが、就任初期の反腐敗運動で権力を固めた習近平と、中共の代表的な既得権層である軍の高官たちの間には、大きな溝が存在していた。
2024/07/10 姜佑灿, 徐天睿

イノベーションできない中共の理由とは

中国は急速に成長し、世界最大級の経済規模を誇るまでに発展した。AI関連の特許出願数で世界をリードし、最先端技術を生み出している。しかし、中国経済が真にイノベーションを遂げているかどうかという疑問には一筋縄では答えられない。
2024/07/10 Christopher Balding

政府高官殺害の容疑者は「解雇された」非常勤職員

このほど、中国山東省の高官が解雇された元同僚によって殺害される事件が起きた。
2024/07/10 李凌

遼寧省「異臭を放つ」水道水 政府は「安全」と主張

中国遼寧省の水道水が「異臭」を放っている。
2024/07/10 李凌

男子中学生が学校内で「謎の」転落死=中国

このほど、中国江西省の学校内で男子中学生が謎の転落死を遂げた。
2024/07/10 李凌