「温故知新」 刻舟求剣からの教え

刻舟求剣(舟に刻んで剣を求む)という物語は、『呂氏春秋』に出てくる寓話ですが、その内容は、以下のようなものです。

目の違和感 それは病気のサインかも!?

『目は魂の窓』というように、目は心と身体の状態を表します。米国ペニシルベニア大学・ペレルマン医学部(Perelman School of Medicine at the University of Pennsylvania)の眼科医ハーマン(Deborah Herrmann)医師によれば、目と体の中枢神経は連結しており、目に違和感がある時は、身体に重大な病気が潜んでいる可能性があるといいます。

「安珍・清姫伝説」【季節の便り】

地球は神々の思い出から造られた、あこがれの星です。それが驚きに満ちた不思議な家であったとしても、悲惨と希望と無関心を混載して銀河の中を、ドラマティックに天走しています。軋むような明るい哀しみの音を奏でて、宇宙のトワイライトを演出するのが、地球の美しい役割なのだといいます。

子どもの教育に役立つ 心に残る9つの物語 (上)

古代中国では身を修めることが重んじられ、子どもへの教育は、人格を磨き、訓練することが重要視されていました。それに関連する逸話や物語はたくさん伝えられており、現代人にとって学ぶ価値の高い内容のものも残っています。その中の一部を、ここに紹介したいと思います。

石工と山の精霊【世界むかしばなし】(8)

昔々、あるところに石工が暮らしていました。石については豊富な知識があり仕事ぶりが丁寧だったため商売はうまくいっていました。

子供を成功に導く北欧の「失敗教育」

フィンランド人の「失敗教育」は世界的に有名であり、その方法は簡単です。つまり、子供に失敗する経験を与え、失敗に立ち向かう術と勇気を学ばせるのです。現代では多くの人が盲目的に「成功」した人々を見習おうとしますが、失敗をも味わうことの大切さを無視しています。

寛容で謙虚な心【世界むかしばなし】(7)

中国の明の時代、江蘇省の江陰に張畏岩(チョウ・ワイガン)という男がいました。地元では文章の達人として知られていました。

漢字の神秘(10):責

中国で生まれた漢字には、時に宗教的な意味合いを含む場合があります。 漢字が形成された時代に生きた人々は、神など人間には見えない生命を心から信じていたことが、漢字から窺われます。

修行僧とハチミツの壺【世界むかしばなし】(5)

離れ島のある町に、信心深い男が住んでいました。妻をめとりましたが、長いあいだ子供ができませんでした。

マーボー豆腐の由来

日本でもすっかりお馴染みの「マーボー豆腐」 あなたはマーボー豆腐がなぜこのように呼ばれたのか知っていますか?

白内障は手術が必要か? 彼女は目の体操で6ヶ月で白内障を治した

目の健康体操が白内障の治療効果に本当に奇跡的な影響を与えるのでしょうか? 台湾心医堂の中医診所所長である吳国斌氏は、新唐人の「談古論今話中醫」プログラムで、この目の健康体操と白内障の中医治療法を紹介しています。

仁愛の士は天下に敵無し(下)

庶民にしてみれば、陛下は今、仁愛の情を動物に施されましたが、自分たちには施してもらっていません。

仁愛の士は天下に敵無し(上)

孟子(紀元前372年?-紀元前289年)は各国を周遊していた時、訪れた斉国で貴賓として迎えられました。あるとき、斉国の宣王(?-紀元前324年)が孟子に尋ねます。

神韻ポーランド公演が大盛況 中国共産党が妨害するも効果なし

12日、神韻芸術団がポーランドのトルンで公演を行ない、満員の劇場に集った観客らが感動を語った。また公演終了後、事前に中国共産党が公演の妨害を試みるも失敗に終わっていたことが、劇場側の証言で明らかになった。

体が喜ぶ旬野菜

立春が過ぎると、植物は開花に向けて成長する時期に入ります。人間の身体も同様に、春夏に向けて体内の新陳代謝が活発になり、血液の量も増えます。漢方では、冬を過ごした身体は陰陽のバランスを整えることが大事であるとしています。

万能すぎるココナッツオイル 今すぐ使いたくなる16の方法

オイルというと「飽和脂肪は健康に悪く、動脈を塞いでしまう」というイメージがありますが、しかし最近では、これは間違った考えであると米国学会が指摘しています。オイルの中でも特に、ココナッツオイルの摂取は美容にも健康にも良いと注目を浴びています。

観念【ことばの豆知識】

これは、乳がんで乳房が大きく腫れたにもかかわらず隠していた於勝を、青洲が診察しようとする場面で、「観念した」とは、隠し続けるのを「あきらめた」ということです。

調理場のプーカ【世界むかしばなし】(3)

昔々、アイルランドに裕福な商人が住んでいました。あるとき彼は仕事で長い旅に出ることになりました。

漢字の神秘 (9):醫(医)

中国語の醫(yī)は、日本語の「医」にあたり、治療、医薬などの意味を含みます。紀元前2000年ごろに書かれた甲骨文字の「医」は、現在よりシンプルであり、矢尻と鉤(かぎ)状の道具の形で表しました。

色から学ぶ茶葉の魅力:中国茶の美学と風味

中国では「茶」は「茶 (ちゃ) 」とも「茗( めい)」とも呼ばれ、神農の時代から飲まれてきたといいます。漢詩に茶を表す文字が見られ、それが最古の文献といわれています。当時は嗜好品というより、薬としての役割が強かったようです。

忍をもって一歩退く

張晋は明の時代の人で、富貴な家の娘である劉さんを嫁に貰いました。張晋の母親は、非常に専横で底意地の悪い人だったので、張家の上三人の息子の嫁はみなこれに我慢できず家を出て行きました。ところが、四男の嫁として嫁いできた劉さんは、思いがけず、この底意地の悪い姑にとても気に入られました。

藍染めの桶に落ちたジャッカル【世界むかしばなし】(2)

昔々のインドの話です。ある夜、一匹のジャッカルが食べ物をさがしながら村はずれをぶらぶらしていると、あやまって藍染めの染料が入った大きな桶の中に落ちて、出られなくなってしまいました。

米国務省 ヌーランド次官の退任を発表

米国務省が5日、ヌーランド次官(政治担当)が数週間内に退任することを発表した。

「桃太郎」の雛祭り【季節の便り】

ハイテク時代の春の川を下る桃太郎の桃は「どんぶりこっこ、どんぶらこっこ」とひなびた隠れ里を下り、人知れず大海の淵へと深く呑み込まれて行くのだと言います。

つらい花粉症 食事と小物で上手に乗り切る

今や国民病と呼ばれる「花粉症」。くしゃみと鼻水が止まらず、仕事や勉強に集中できないという人も多いはず。メガネやマスク、帽子などの小物を使った対策や、食事療法をご紹介します。

漢字の神秘(7):一

何万字と言われる中国語の漢字の中でも、最もシンプルなのが「一」。日本語と同じく、「ひとつ」の意味で、最初に子供が習う漢字です。しかし、この漢字に含まれる意味は、単なる「いち」だけでなく、更に奥深いものを含んでいるのです。

お金では買えない宝物【世界むかしばなし】(1)

昔、ドイツで飢饉があったときの話です。ある裕福な人が貧しい子供たち20人を自宅に招いてパンを分け与えました。「ひとり1つずつだよ。食べ物が手に入るようになるまで毎日パンを取りに来なさい」と子供たちは言われました。

漢字の神秘(6):家

家という意味を表す「宀」と、豚を表す「豕」で、古代中国における「家」を容易に想像できるでしょう。

のぼせを治すのに最適な果物は何か

「火(のぼせ)」とは何か?漢方医の言い方によると、「火」は六淫(風・寒・暑・湿・燥・火の6種類の病邪の総称)の中の一つであり、一つの病因といいます。

エリザベス女王のハンドバッグの秘密

イギリス女王はどこに出ても、左腕には常にハンドバッグを提げています。女王のハンドバッグの中身は何が入っているのか、それはイギリス人が非常に議論する話題です。