中国の輸出データの伸びは一時的 当局の株式市場救済は焼け石に水か

最近、中共当局は経済や株式市場を支援する政策を次々と打ち出しているが、中国株式市場が良い反応を示さないのはなぜか?中国株式市場の本質とは何か?中国経済の危機が全面的に爆発し、それが世界経済にどのような影響を与えるのか?
2024/02/10 菁英論壇

もう回復は無理? 中国共産党の根幹を揺さぶる官僚の「データ改ざん」

中国の経済が現在、深刻な危機に陥っているということは世界中の人々が目の当たりにしている事だ。そうした中、中国共産党(中共)官僚が発表するさまざまなデータが根拠が無いことに注目が集まっている
2024/02/04 菁英論壇

「マイナス成長では?」ダボス会議で李強首相の「経済成長率5.2%発言」に国際的な疑念

最近、ダボス会議で中国共産党(中共)の、李強首相は2023年の中国の経済成長率が5.2%に達し、政府の5%の目標を上回ったと発表した。このGDPのデータには大きな議論があり、多くの人々がこの数字を疑問視している
2024/01/26 菁英論壇

紅海危機と地政学的な大混乱

米国防省によれば、今年の初め、1月9日に紅海で危機が突然エスカレートし、50隻の商船がイエメンのフーシ派による攻撃の脅威にさらされた。これは、2023年11月の危機発生以来、最大規模の攻撃であり、全世界の航海貿易に打撃を与えるだけでなく、今後のグローバルな生産と流通の配置に深刻な影響を及ぼす可能性がある。
2024/01/18 菁英論壇

中共海軍内に不協和音かーー 参謀を国防部長に昇進させた中共党首席 海軍は反発(2) 

姚誠氏は、「習近平は軍事について理解しておらず、軍改革は大失敗だった」と語った。また軍の腐敗を防ぐために至る所で人を捕らえているため、軍の士気は不安定だという
2024/01/13 菁英論壇

中共特権階級「紅二代」が反党主席の動き、中共軍は面従腹背 「2024年にクーデターも」=専門家

元北京大学の法学者・袁紅氷教授は、つい先日、台湾メディアに、中国共産党(中共)の特権階級「紅二代」が集まり、現在の最高指導部に対する反対意見を共有していることを暴露した
2024/01/07 菁英論壇

伝統医学と易学の結びつきから読み解く 2024年は経済が落ち込む 中共党首は…?(下)

600年の伝統を誇る漢方医の家系に生まれる舒栄氏は伝統文化の視点から、経済、中共の内部闘争、中国の未来と運命などについて、2024年の運勢を分析した。来年は経済不況、2025年、大きな問題が起こり、習近平は権力を失うことになる。
2023/12/31 菁英論壇

伝統医学と易学の結びつきから読み解く 2024年の運勢とコロナパンデミック(上)

2023年は驚きと波乱に満ちた一年。誰もが凶を避けて過ごしたいが、人間がいくら計画通りに物事を進めようとしても、天の計らいでその通りに進まないことがある。舒栄氏は伝統文化の視点から、疫病、経済、戦争、中共の内部闘争、中国の未来と運命などについて、2024年の運勢を分析した。
2023/12/30 菁英論壇

中国経済へのネガティブ発言が国家安全法違反に 中国投資がリスキーな理由

郭君氏は新唐人テレビの番組「菁英論壇」で、香港のハンセン指数は現在1600ポイントあまりで、1997年の水準に戻っていると指摘した。
2023/12/30 菁英論壇

2023年は中国経済最悪の年 中共、国民の200兆元の貯蓄を狙う

銀行危機が勃発する中、専門家たちは、中国住民の200兆人民元(4万兆円相当)にのぼる銀行貯蓄が、中共(中国共産党)の最後の狙いになりつつあると考えている。
2023/12/28 菁英論壇

金融危機の勃発 責任を負わされる李強

最近の十数年間にわたり、中国共産党(中共)はいわゆる「小グループによる国家運営」のモデルを採用している。これらのグループのリーダーはすべて中共党首、習近平が兼任し、その後これらのグループは様々な委員会へと変貌し、国務院のシステムから離れ、習近平個人が直接責任を負い、権力を一人に握るようになった。
2023/12/08 菁英論壇

上海に異変? 中共の三中全会が開催できない可能性

上海からの報道によれば、前週の火曜日から木曜日まで、一部の居住者は路面に面した窓を開けることが禁止されている。これは、中国共産党(中共)の党首が上海を訪問する兆候であることは周知の事実である。実際、香港のメディアは、中共党首がこの上海訪問で、経済問題に焦点を当てることを報じている。一方で、中共の政治局会議は終了したばかりだが、通常年末に開催されるはずの党大会の三中全会については何の情報もない。
2023/12/05 菁英論壇

台湾の総統選挙、北京は敗北を許さず

中国共産党の台湾総統選挙介入、情報工作が先陣を切る 。2024年1月13日に台湾で行われる中華民国総統選挙は、台湾の未来の政治方向を決定するだろう。現在、台湾の総統選挙には、与党の民進党から賴清德、野党第一党の国民党から侯友宜、野党第二党の民眾党(みんしゅとう)から柯文哲、無党派の郭台銘が立候補している。国民党と民眾党は協力して選挙に臨むも、合意に至らず決裂した。中国共産党は、これらの中でどのような役割を果たしているのだろうか。
2023/11/25 菁英論壇

米国訪問成果なし、中共プロパガンダ行き詰まる

中共認識し、譲歩なし、APECサミットで米中成果なし。このAPECサミットでは、元々多くの人々が米中両国がそれぞれ譲歩すると考えていた。例えば、米国が中国からの一部の輸入品に対する処罰的関税を取り消すことや、一部の技術制裁を緩和することである。しかし、両国の声明からは、米国が譲歩した形跡は全く見られず、むしろ中国共産党(中共)が一部の条件に同意したことがわかる。例えば、高官の軍事交流やフェンタニル問題の制御についてである。
2023/11/22 菁英論壇

【菁英論壇】李克強の死と習近平の混乱  中国は新たな局面へ(1)

中国共産党(中共)の李克強前首相(68)休暇中の上海で水泳中、心臓発作を起こし、急遽の治療にもかかわらず命を落としたことになっている。李氏の突然の死が、中国全土を大きく揺るがしている。だがこの公式見解には 多くの疑念が寄せられている。多数の市民が、李克強氏が自然に心臓疾患で死去したのではなく、「心臓疾患にされた」と考えているのだ。
2023/11/02 菁英論壇

【菁英論壇】ハマスの火海戦術 中共は米国への新戦術をテスト(2)

中東政策は自らの利益を最大化する、中共にとって重要な対外政策の一部となっているという。
2023/10/21 菁英論壇

【菁英論壇】イスラエル悩ますハマスの火海戦術 中共は米国への新戦術をテスト(1)

中東の状況は現在、非常に緊迫している。しかし中共の態度は明確ではない。中国の王毅外相は、最近の記者会見でハマスのテロ攻撃を非難しなかった。中東戦争やロシア・ウクライナ戦争に関する背後の情報から、真の黒幕が中共である可能性が高まってきた。中共は、ハマスを利用して、伝統的な武器で米国に対抗する新たな戦術を試みている可能性がある。また中共の「一帯一路」計画は、世界秩序を変えるための道具として使用されるかもしれない。
2023/10/20 菁英論壇

【菁英論壇】中国不動産業界の崩壊 (2)中国不動産バブル崩壊の兆し

中国共産党(中共)の中央政府はこれらの地方政府の崩壊を許容するのだろうか。しかしそのためには、中央からの資金供給が必要であり、その資金は現状では足りていない
2023/10/20 菁英論壇

【菁英論壇】中国不動産業界の崩壊(1) 碧桂園のリスクは恒大を上回る

最近、碧桂園は公告を発表し、近く到来する4.7億元(約95.9億円)の債務返済の不可能性、そして中期及び短期の他の債務における返済困難のリスクが存在することを明らかにした。
2023/10/19 菁英論壇

【菁英論壇】恒大集団会長の逮捕 倒産は悪夢の始まり

恒大集団の許家印会長が最近、中国共産党の警察に正式に逮捕された。この一報は世界中の多くのメディアに大きな衝撃を与えた。恒大が終焉の時を迎えたという意見や、不動産の債務危機が臨界点に達したとの声、さらには恒大の崩壊により中国経済が連鎖的に崩壊するとの見方もある。
2023/10/03 菁英論壇