手作りキャンドルの美学 より良い生活のために香りを取り入れる

キャンドルアートには、見た目が美しいだけでなく、装飾効果や暖かい炎によるロマンチックな雰囲気を作り出すという2つの利点があります。多くの場合、キャンドルアートは空間の香りの源として使われますので、キャンドルに香りを付ける方法がこの章の学習の重点です。

香りを追加するための材料は2種類あります:

エッセンシャルオイル

リラックエッセンシャルオイル(bee / PIXTA)ス アロマイメージ

「エッセンシャルオイル」は天然植物から抽出される芳香成分であり、強い香りを持つ揮発性成分です。水に溶けず、高い揮発性を持つため、空間を香りで満たすのに適しています。

1滴のエッセンシャルオイルを得るには多くの植物から取り出す必要があり、まさに植物の濃縮エキスといえます。

キャンドルの香り源としてエッセンシャルオイルを使用することで、香りを楽しむだけでなく、エッセンシャルオイル自体の効能も得ることができます。

ただし、エッセンシャルオイルは天然植物から得るもので、耐熱性や持続性が低く、キャンドル作りの過程で添加すると、ろう液の高温によって簡単に揮発してしまいます。キャンドルに保存されたエッセンシャルオイルは、点火されていなくても、徐々に空気中に拡散していきます。

② 香料

香料(pearlinheart / PIXTA)

香料は主に人工的に合成され、化学成分でさまざまな香りを模倣し、天然植物にはない香りを調合できます。香料は化粧品、キャンドル、手作り石鹸などに添加されるほか、食品用の香料もあります。

香料は化学工業製品であるため、耐熱性や持続香度はエッセンシャルオイルよりも優れています。そのため、高温のろう液に香料を添加すると香りをうまく保持することができます。

香りの源について理解したら、次にキャンドルに香りを付ける2つの方法を紹介します。

⒜ キャンドル製作過程で添加

キャンドルを製作する際、選択したろう材を加熱して液体に溶かし、通常は液体が80℃に冷却されるのを待ってから、精油や香料を加えます。しかし、精油にとって80℃は成分や香りを破壊しやすい温度です。この香りを付ける方法を使用する場合、キャンドル用の専用香料を使用することをお勧めします。

⒝ キャンドル点火時に添加

キャンドルを点火する際に香りを加える方法は、ろう液に香りを添加する方法とは異なり、よりシンプルで、キャンドルを点火するたびに使用する香りを変えることができます。キャンドルを製作する際には、ろう液に香りを加えないでください。つまり、まず香りのないキャンドルを製作します。

shironagasukujira / PIXTA)

次にキャンドルに点火して、キャンドル周りに小さなろう池を形成するのを待ち、その後、精油や香料をろう池に1〜2滴垂らします。すると、香りはキャンドルが燃えるにつれて空気中に広がり、香りや持続力に関係なく、非常に優れた効果を発揮します。次回キャンドルを点火する際には、再び香りを変えたりして、非常に柔軟な香り付け方法です。

この方法で香りを付ける場合、精油やろう池用香料のいずれも良い香りの源となります。

(ウェブサイト専門記事)

<この文章は「癒し系手作りキャンドルの美学【付属QRコード実演ビデオ】:質感調色╳韓国工芸╳キャンドル花描き、25種類の独自配合レシピ大公開!」からの引用です>