仙人と鼠【世界むかしばなし】(13)

昔々、森の奥深くに仙人が暮らしていました。ある日、仙人が食事をしようと腰をおろしたときのことです。突然、空から鼠(ねずみ)が落ちてきました。どうもカラスが落としたようです。仙人は鼠を家に入れ、お米を食べさせてやりました。
2024/06/20

天罰 盲目の姑にミミズを食わせる不孝嫁の末路

中国、清の時代の名作「囲炉夜話」に「百善孝為先」(百の善行の中で、親孝行が最優先である)という言葉があります。親孝行は中国伝統文化のコアバリューであり、中国社会の倫理を構築する最も重要な要素でもあります。古今を問わず、親孝行は人間性を評価する道徳基準です。もちろん、不孝な人は神様から天罰を受けるでしょう。天罰の小噺を二つご紹介しましょう。
2024/06/19 泰源

「親孝行したい時分に親はなし」――父の日の背景にある深い物語

「父の日」はアメリカ発祥で、毎年6月の第3日曜日に、父親への感謝と祝福をさまざまな方法で表す日です。花やプレゼントを贈る家庭もあれば、一緒に食事を楽しむ家族もいます。
2024/06/14 劉如

横暴な独裁者の息の根を止めた美女の策略

ほぼ2000年前の漢王朝の最末期に、董卓(とうたく)という横暴な武将が宮廷の実権を握っていました。若い皇帝の権力を奪い、大臣を不当に責め、残酷に端から処刑していきました。
2024/06/13

「梁山伯と祝英台」の物語

「梁山伯と祝英台」の民話は、数千年以上前に遡る物語です。身分は低いが心優しく気取りのない若い学者、梁山伯と、富裕な家の娘で魅力的だが絶対に譲らない性格の祝英台が意気投合する物語です。
2024/06/13

ネズミに食われた鉄の天秤【世界むかしばなし】(12)

昔々、ある村にジャナルダンという名前の裕福な商人が住んでいました。あるとき大雨が降り、村の近くを流れる川があふれて洪水が起こりました。村全体が水につかり、畑も家も仕事場も被害を受け、たくさんの人々や家畜が死んでしまいました。

火焰山の孫悟空

孫悟空、猪八戒、沙悟浄、三蔵法師が取経の旅で天竺に向かう途中、足元がどんどん熱くなってきました。これ以上は歩き続けられないというとき、熱源が現れます。
2024/05/28

迫られて梁山へ ー 林冲の物語『水滸伝』

『水滸伝』には、善良で深く傷を負った心を持つ好漢や、欲望が命取りになった特権階級の若い男性、息子を守るために正義を欺く汚職で腐敗した高官の話などとと もに、尊ばれていた紳士が好漢としての運命をたどる林冲(りんちゅう)の物語があります。豹のような顔から、豹子頭(ひょうしとう)というあだ名がついて います。
2024/05/15

水滸伝の英雄――魯智深と楊志

中国の古典小説『水滸伝』に登場する百八名の好漢の一人で13番目にあたります。酒好きの長身でした。
2024/05/14

楊家の将軍

千年以上前の北宗は、脆弱で腐敗した宮廷のもとで、常に侵略に遭い、壊滅寸前の状態にありました。しかし、武勇に恵まれた皇室の一人が、戦を率い、朝廷を存続させました。
2024/05/14

トラと旅人【世界むかしばなし】(10)

昔々、森の中に一匹のトラが暮らしていました。年を取り、もう自分で獲物を捕ることもできませんでした。ある日、トラは、湖のほとりで金の腕輪を見つけました。

三顧の礼【ことわざ】

ある人が劉備に諸葛亮を推薦しました。彼が稀代の天才だというのです。そこで劉備は、関羽と張飛を連れて隆中の諸葛亮に会いに行きました。ところが、諸葛亮はあいにく不在で、どこに行ったのか、いつ戻るのか、わかりませんでした。劉備は非常に残念でしたが、しかたなく引き返すことにしました。

子供の教育に役立つ 心に残る9つの物語 (下) 

子供のいじめ、自殺、暴力・・・昨今、心の痛むニュースが後を絶えません。生まれてきた時は、誰もが純粋で善良だったはずなのに、何が子供たちを悪へと走らせるのでしょうか。人生には学校の教科書から学ぶことのできない、大切な価値観があることを子供たちへ伝えることが重要です。将来を担っていく子供たちに、ぜひ読んでもらいたい物語を厳選しました。

ウサギの知恵【世界むかしばなし】(9)

昔々、森の中にゾウたちが暮らしていました。近くの池で、ゾウたちは水を飲んだり水浴びを楽しんだりしていました。

子どもの教育に役立つ 心に残る9つの物語 (中)

古代中国では身を修めることが重んじられ、子どもへの教育は、人格を磨き、訓練することが重要視されていました。それに関連する逸話や物語はたくさん伝えられており、現代人にとって学ぶ価値の高い内容のものも残っています。その中で、心に残る逸話をここに紹介します。

「安珍・清姫伝説」【季節の便り】

地球は神々の思い出から造られた、あこがれの星です。それが驚きに満ちた不思議な家であったとしても、悲惨と希望と無関心を混載して銀河の中を、ドラマティックに天走しています。軋むような明るい哀しみの音を奏でて、宇宙のトワイライトを演出するのが、地球の美しい役割なのだといいます。

石工と山の精霊【世界むかしばなし】(8)

昔々、あるところに石工が暮らしていました。石については豊富な知識があり仕事ぶりが丁寧だったため商売はうまくいっていました。

楊氏の女将軍、鉄甲騎兵を撃破す(4)敵を誘い込んだ女兵、ついに大勝利

宋軍が守りを固める淤口関(おこうかん)を前にしながら、遼軍の韓昌がなおも追撃を命じたのは、女将軍・楊延琪が率いる若い女兵たちがそこへ逃げていったからです。
2024/04/14 仰岳

楊氏の女将軍、鉄甲騎兵を撃破す(3)女将軍の活躍、敵軍を罠にはめる

そこで楊延昭は、諸将を集めて作戦計画を立てました。楊延昭が部隊の要員を組織してまもなく、敵である遼軍の韓昌も再び大軍を率いて淤口関(おこうかん)に迫ってきました。
2024/04/14 仰岳

楊氏の女将軍、鉄甲騎兵を撃破す(2)王蘭英と楊延琪、女兵を率いて参陣

遼軍の韓昌は、楊延昭が兵を退却させたのを見るや、全軍へ猛攻撃を命じました。これに対し、城を守る宋軍の孟良、焦贊らは石弓の兵を指揮して、敵軍へ雨のように矢を降らせます。さらに城壁にずらりと据えられた大砲が天を震わす轟音を上げると、寄せ来る鉄甲騎兵でさえもなかなか城門を突破することができません。
2024/04/13 仰岳

楊氏の女将軍、鉄甲騎兵を撃破す(1)宋軍の苦戦

ここで紹介する「楊延昭伝奇」は、筆者が民間に伝わった逸話のいくつかを要約・抜粋したものです。千年にわたって中華民族に語り継がれてきた英雄譚を、読者の皆様にお伝えします。
2024/04/10 仰岳

「幽霊」が暴露した2つの冤罪 その判決は如何に(下)

ある夜、総督である唐執玉が灯火の前に1人でいたとき、突然かすかな泣き声が聞こえてきました。その泣き声は、だんだん窓に近づいてくるようです。唐執玉は、侍女を呼び「誰が泣いているのか。ちょっと見てきなさい」と指示しました。
2024/04/08 常山子

「幽霊」が暴露した2つの冤罪 その判決は如何に(上)

紀昀(きいん)の著作『閱微草堂筆記』より「幽霊が自身の冤罪を訴える話」を2つ、ご紹介します。1つは、本当の幽霊による真実の証言。もう1つは、ニセの幽霊による偽証言です。
2024/04/08 常山子

【古代人生の教訓】武則天時代の冤罪事件(下)

崔家はますます恐慌に陥り、この行方不明の事件に対処する方法がほとんど分からないでいました。
2024/02/15 泰源

【古代人生の教訓】武則天時代の冤罪事件(上)

ある年、仇敵が崔思兢の従兄である崔宣を反逆罪で告発しました。この罪状は軽視できず、調査が行われれば家族全体が処刑される可能性がありました。
2024/02/15 泰源

【子供のしつけ】:曽子が豚を殺す

どんな時でも子供を騙してはならない。親は、子供の一番身近にいる手本であり、親の一つ一つの言動が子供に大きな影響を与え、子供はそれをまねようとします。だから、親は、子供の前では特に気をつけて行動しなければなりません。

己に厳しく、人には寛大に

範忠宣公純仁(即ち、範仲淹の息子・範純仁)は、しばしば息子を戒めてこういいました。「最も愚かな人であっても、他の人を咎めるときははっきりしている。一方、とても聡明な人でも、自分を許すときはぼんやりしている。もし、人を咎める心で自分を咎め、自分を許す心で人を許すことができたなら、必ずや聖賢の域に達するであろう」

消えた憎しみ【ものがたり】

瓊(ケイ)はその人(良)を憎んでいます。5歳の息子にも「あの人のことを決して忘れてはだめよ。あの人は私たちの仇なの」と教えました。良のせいで瓊は夫を失い、5歳の息子は父親を失ったのです。

【ディドロ効果】無駄なものは要らず

18世紀のフランスの有名な哲学者デニス・ディドロはある日、友人から、仕立てが緻密でしっかりとした、とても上品な赤いナイトガウンをプレゼントされました。彼は嬉しさの余り、家でガウンを身につけて雰囲気を楽しんでいました。しかし、彼は自宅の家具がガウンの格調と合わず、カーペットの作りも粗末であることに気がつきます。

見知らぬ人【ものがたり】

仕事で出張をする度に、「社会の治安がよくないから泥棒などに気をつけてね」と妻はいつも私に言います。 出張に出たある日の夜、私は地方のある宿泊所(一部屋に大人数が寝泊りする安い宿)に入りました。案内された部屋には、私の前にすでに1人の見知らぬ客がいました。