法輪功迫害の中共汚職官僚 捕まる直前、自宅で「現金を燃やす」

2024/06/06 更新: 2024/06/06

このほど、中国湖南省湘潭市の元市トップの曹炯芳(60歲)に「懲役13年、罰金200万元(約4300万円)」が言い渡された。

自身が調査対象になることを予感した曹は、自宅で妻と一緒に現金を燃やしていたこともわかった。

中国官製メディアの「反腐敗特集番組」によると、曹は一刻も早く昇進したいがために、多くの「イメージアッププロジェクト(幹部がイメージアップのため過度に派手な建物などを建造する)」を行い、最終的に33件の未完成プロジェクトを残した。

また、曹は2495万元(約5億3700万円)の賄賂を受け取ったことも告発されている。

反腐敗番組に登場した曹の妻によると、「2022年の旧正月の後、夫は自分が調査されることを予感していた」という。

すると、2人で家の中にある現金をかき集めたら外国の紙幣が出てきた。「後からそのお金の出所を説明できないから身を守るためには燃やすしかない」と言う曹は、現金を燃やしながらその妻に対し、「これは棺桶まで持っていく2人の秘密だからね」と話したという。

曹は、その前任の陳三新(湘潭市の元市トップ、懲役11年)と共に在任中、中国共産党による法輪功学習者への迫害に積極的に関与したとして、米ニューヨークに拠点をおくNGO団体「追査国際(WOIPFG)」によって追跡され、法輪功情報サイト「明慧ネット」によっても名指しされていた。

関連記事

元公安庁長が100億円以上の収賄 愛人宅からも現金20億円みつかる=中国 遼寧(こちらをクリック

李凌
エポックタイムズ記者。主に中国関連報道を担当。大学では経済学を専攻。カウンセラー育成学校で心理カウンセリングも学んだ。中国の真実の姿を伝えます!
関連特集: 中国