中国伝統美徳物語(孝行編)その一「虞舜は畑を耕す」

古代中国の三皇帝の一人、舜は孝行を極めた人物として名を馳せました。困難な家庭環境の中でも親に尽くし、天地万物をも感動させたその姿は、人々の尊敬を集めました。舜の物語は、親孝行の重要性とその影響力を教えてくれる感動的な逸話です。
2024/07/20 明慧ネット

障害を持つ孝行息子が苦難を越え行方不明の父親と再会

清の時代、榛という障害を持った子供がいた。 彼が7歳の時、故郷で疫病が発生し、母と兄弟は疫病で亡くなり、父も彼を捨てた。幼く障害のあった彼は苦労を重ねて成長し、大人になってから父親を探すために旅にでた
2021/12/02

第6話:身近な人に対して孝悌であること【子どもが人格者に育つ教え「三字経」】

人にとって最も重要なことは、まず両親を敬い、兄弟を愛することの道理を理解し、その方法を学ぶことです。次に、日常生活における知識を身につけることも必要不可欠です。ここでの知識とは、数字の変化を理解する力、計算する力、文字や

継母にいじめられても なお親孝行

閔損(びんそん、紀元前536年-紀元前487年)は、字を子騫(しけん)といい、春秋(周朝)魯国の人。孔子の弟子で、その徳行は顔淵と並ぶほどであった。閔子騫の母は早くに亡くなり、父は再婚した。継母は二人の子をもうけた。閔子騫は両親に非常に孝行であったが、継母は彼を嫌い、実の子二人には綿入れの服を作ってやっても、彼の冬着には葦の穂を使った。
2020/04/08

中国伝統美徳物語(孝行編)その八「郭巨は母に孝行をする」

漢の時代、郭巨(かくきょ)という人がおり、家は貧乏で、兄弟が3人いました。郭巨は父親が亡くなった後に残った家財を兄弟に分け与え、母親を連れて自分の家で孝養(親をやしない孝行をすること)し、よく働き常に倹約して暮らしていました。
2019/10/21

中国伝統美徳物語(孝行編)その六「郯子は鹿の乳を搾り取る」

郯子(たんし)は春秋時代の人です。彼は両親のことを心から大切にしました。両親が年を取って両眼を失明したため、郯子はとても気にかけて何とかしたいと思いました。鹿の乳を飲めば目がよくなると人から聞くと、郯子は鹿の皮の服を借りてきて鹿に変装し、山奥に入り、鹿の群れに入り込み、鹿の乳を搾り取ろうとしました。猟師は1頭の動かない「鹿」を見つけて、矢を抜き出して打ち放そうとしました。
2019/10/19

中国伝統美徳物語(孝行編)その五「老莱子の色鮮やかな着物」

老莱子(ろうらいし)は春秋時代の楚国の人です。彼の生涯についてさまざまな臆説(おくせつ・根拠のない、推測に基づく意見)があって、『史記』では、老莱子が老子ではないかと疑っていました。しかし、歴史的な証拠がないため、結局、彼の本当の名前は誰も知りません。
2019/10/18

中国伝統美徳物語(孝行編)その四「會参は志を立てる」

曾子(そうし)は、名が参(しん)で、字(あざな)が神輿(しよ)といい、春秋時代の魯国(ろこく・現在の中国山東省南部を指す)の人です。彼は父親の會点と共に孔子の優秀な弟子でした。
2019/10/03

中国伝統美徳物語(孝行編)その三「閔子騫は葦の衣を着る」

春秋時代の魯国、姓は閔(びん)で、名は損(そん)、字(あざな)は子騫(しけん)という人がいました。彼は幼い頃、母親が不幸にも逝去しました。父親は後妻を娶(めと)り、後に後妻は2人の弟を出産しました。
2019/09/19

中国伝統美徳物語(孝行編)その二「仲由は米を背負う」

仲由は春秋時代の魯国の人で、字(あざな)は子路(しろ)、孔子の生徒で「孝子」としても有名です。小さい頃から家が貧しかったために、仲由はとても慎ましく暮らしいつも野草を食べていました。しかし、彼自分は野草を食べても構わないが、両親にまで野草ばかりを食べさせるのは忍びないし、体に悪いだろうといつもとても心配していました。
2019/09/06

中国古典 慎重なふるまいは誠実さに繋がる

曾子(そうし)は、名が参(しん)で、字(あざな)が神輿(しよ)といい、春秋時代の魯国(ろこく・現在の中国山東省南部を指す)の人です。彼は父親の會点と共に孔子の優秀な弟子でした。 曾子(そうし)は、名が参(しん)で、字(あざな)が神輿(しよ)といい、春秋時代の魯国(ろこく・現在の中国山東省南部を指す)の人です。彼は父親の會点と共に孔子の優秀な弟子でした。
2019/03/30

召使いがいても自らタネをまき、母を介護した漢文帝

漢の文帝は劉恒(りゅうこう)と言い、高祖・劉邦(りゅうほう)の三番目の息子です。文帝は在位してから24年の間、徳をもって国を治め、礼儀を重んじて盛んにし、民をわが子のように愛しました。文帝は農業の発展に力を注ぎ、田植えの時期になると自ら大臣を率いて、田舎に行って畑を耕し、種を撒きました。
2019/03/26

赤い桑の実と黒い桑の実 親孝行

「孝」は儒家の倫理思想の核心であり、長い間中国社会で家庭関係を維持するための道徳基準であった。それは、中華民族の伝統的な美徳であり、中国伝統文化の精髄でもある。元の郭居敬は、中国古代の孝行が特に優れた24人の故事を集め、「二十四孝」を編集した。後に絵が配され、「二十四孝図」として孝行の道を広めるための通俗読み物となった。
2019/03/06

親不孝の報いで、ロバと化す

周抜は明代の浙江省平陽県の人で、幼いときから神童ともてはやされた。彼は、一度目を通した書物はすべて覚えることができ、7歳にして詩を詠み文を作ることができた。16歳のとき、彼は、そのすばらしい詩文で名を馳せ、「平陽の天才」と称された。ただ、人々の称賛と両親の寵愛を受けたことから、彼は次第に尊大で傲慢となっていき、両親、兄弟、そして近所の人たちまで、彼の激しい気性を我慢しなければならなかった。
2019/02/28

継母にいじめられても なお親孝行

閔損(びんそん、紀元前536年-紀元前487年)は、字を子騫(しけん)といい、春秋(周朝)魯国の人。孔子の弟子で、その徳行は顔淵と並ぶほどであった。閔子騫の母は早くに亡くなり、父は再婚した。継母は二人の子をもうけた。閔子騫は両親に非常に孝行であったが、継母は彼を嫌い、実の子二人には綿入れの服を作ってやっても、彼の冬着には葦の穂を使った。
2019/02/20

【二十四孝】枕を涼しくし、布団を温める

漢の時代、江夏安陸(現在の湖北省安陸市)という所に、黃香(こうこう)という孝子がおり、9歳の時に母を亡くしました。家が貧しいことを知っており、子どもながらも苦労を厭わずなんでも進んで行い、一心一意に父親に尽くしました。
2017/08/28

中国版LINEマニュアル 孝行息子が田舎の親に作成 高完成度で人気

【大紀元日本3月17日】ある中国の若者が両親にスマートフォンの使い方を解説するために、わかりやすい手書きのマニュアルを作ったことで賞賛を浴びている。 大学でコンピューターアニメーションを専攻していた2
2014/03/17

漢の文帝:「長患いの床の前に、孝行息子有り」

 【大紀元日本5月7日】漢の文帝(前202-前157)は、「無為にして治(じ)す」(何もしないで天下が治まる。古代道家の理想とした政治)と称えられ、民をわが子のように愛した君主であったが、同時に親孝行
2008/05/07

中国伝統文化の精髄-「二十四孝」(8)

 【大紀元日本1月10日】「孝」は儒家の倫理思想の核心であり、長い間中国社会で家庭関係を維持するための道徳基準であった。それは、中華民族の伝統的な美徳であり、中国伝統文化の精髄でもある。 元の郭居敬は
2008/01/10

中国伝統文化の精髄-「二十四孝」(7)

 【大紀元日本1月6日】「孝」は儒家の倫理思想の核心であり、長い間中国社会で家庭関係を維持するための道徳基準であった。それは、中華民族の伝統的な美徳であり、中国伝統文化の精髄でもある。 元の郭居敬は、
2008/01/06

中国伝統文化の精髄-「二十四孝」(5)

 【大紀元日本11月25日】「孝」は儒家の倫理思想の核心であり、長い間中国社会で家庭関係を維持するための道徳基準であった。それは、中華民族の伝統的な美徳であり、中国伝統文化の精髄でもある。 元の郭居敬
2007/11/25

中国伝統文化の精髄-「二十四孝」(4)

 【大紀元日本9月28日】「孝」は儒家の倫理思想の核心であり、長い間中国社会で家庭関係を維持するための道徳基準であった。それは、中華民族の伝統的な美徳であり、中国伝統文化の精髄でもある。 元の郭居敬は
2007/09/28

中国伝統文化の精髄―「二十四孝」(2)

 【大紀元日本9月15日】「孝」は儒家の倫理思想の核心であり、長い間中国社会で家庭関係を維持するための道徳基準であった。それは、中華民族の伝統的な美徳であり、中国伝統文化の精髄でもある。 元の郭居敬は
2007/09/15

自らは粗食を食べて、舅姑に尽くす

 【大紀元日本9月3日】明朝の時代、今の江蘇省無錫に夏誠明という人がいた。家は農家で貧しく、その上飢饉に遭ったことから、彼は出稼ぎに出かけた。妻の王氏は昼夜休むことなく機を織って働き、どうにか舅と姑に
2007/09/03

『二十四孝:丁蘭』 木像を刻んで親に仕える

 【大紀元日本9月1日】漢朝の時代に丁蘭という人がいた。彼は幼くして両親を亡くし、両親に孝養を尽くすことができなかった。しかし、両親が自分を育ててくれた恩は深く心に留めていた。 そこで、丁蘭は木で両親
2007/09/01

「妹を救いたい」 姉の至孝、天を衝く

 【大紀元日本8月30日】明朝の頃、楊秀貞の母親は立て続けに三人も女児を生み、息子に恵まれなかったばかりか、第四子もまた女児であった。母親は癇癪を起こし、女児を溺死させようとした。当時13歳の楊秀貞は
2007/08/30

「二十四孝:閔子騫」 葦の衣を着て母に従う

 【大紀元日本8月29日】閔損(びんそん、紀元前536年-紀元前487年)は、字を子騫(しけん)といい、春秋(周朝)魯国の人。孔子の弟子で、その徳行は顔淵と並ぶほどであり、「二十四孝」の一人。 閔子騫
2007/08/29

「二十四孝:黄香」 「枕を扇ぎ布団を暖めて」父に孝行

 【大紀元日本8月26日】黄香は東漢江夏の人。九歳のときに母を亡くし、母への思いは一際深いものがあり、人々は彼を孝行者と褒め称えた。 黄香は勤勉で、辛さを恐れず、誠心誠意父に仕えた。夏の暑いときは、彼
2007/08/26

親不孝の報いで、ロバと化す

 【大紀元日本8月22日】周抜は明代の浙江省平陽県の人で、幼いときから神童ともてはやされた。彼は、一度目を通した書物はすべて覚えることができ、7歳にして詩を詠み文を作ることができた。16歳のとき、彼は
2007/08/22