中国共産党の高官連続死亡 新型コロナの情報を隠蔽 医師たちには沈黙が求められ

最近、中国本土の病院は患者で溢れかえり、多数が発熱や咳を訴えている。新唐人の報道によれば、中には病気が異常に急く進行し、わずか数日で高熱や肺に重大な症状を示し、急死する事例も報告されていた。
2024/04/25 育英論壇

中国共産党軍で次々と将校が病死

中国共産党軍の高級将校が最近、立て続けに病死していることが分かっている。公式の報道によれば、2023年7月から2024年3月の中旬までの9か月間に、少なくとも41人の将軍クラスの将校が病気で命を落としている。
2024/04/25 新唐人テレビ

中国で風邪のような原因不明の症状で死亡が増加 

今年に入って、北京大学では3か月間に13件の死亡が報告された。また、国内各地からも死亡者数の増加が報告されている。最近、山東省の大学生が、風邪をひいたと考え適切な治療を受けずに8日後に亡くなった事例が注目されている。
2024/04/13 新唐人テレビ

中国共産党の封鎖政策に反対したチベット学生が抗議デモで当局から暴行 20人以上が死亡

チベットの大学で長期にわたる封鎖と厳格な管理政策に対し、学生たちが立ち上がった。数百名が参加した平和的な抗議は、警察の暴力的な介入により悲劇に変わり、20人以上の若者が命を落とした。
2024/04/11 新唐人テレビ

米フロリダ州で銃撃、2人死亡 ハロウィーンでにぎわう現場騒然

米フロリダ州タンパのバーやクラブが集まる一角で29日午前3時ごろ、グループ間で銃撃の応酬があり、少なくとも2人が死亡、18人が負傷したと警察が発表した。
2023/10/30 Reuters

コロナワクチン接種後に死亡の9人、一時金など支給へ

厚生労働省の疾病・障害認定審査会は21日、新型コロナワクチンの接種後に亡くなった人のうち、接種との因果関係が否定できないと認定した9人について、死亡一時金などを支給すると決定した。
2023/08/22 Wenliang Wang

モデルナ製ワクチン接種の30代男性2人が死亡、基礎疾患なし 使用見合わせロットと同時期の産品

米国の製薬会社モデルナ社製の新型コロナウイルスワクチンに異物混入が発覚した問題で、厚生労働省は28日、使用見合わせの対象となったロットのワクチンを接種した30代の男性2人が死亡したことを発表した。男性2人に基礎疾患はなく、アレルギーもなかった。なお、接種したワクチンは異物が見つかったものと異なるロットだが、同時期に製造されたものだ。死因は明らかにされておらず、解剖を行って探索するという。
2021/08/29

キューバの退役将軍5人が相次いで死亡 新型コロナ感染の疑いも

大規模な反政府デモが続くキューバで、退役した将軍の不審死が続いている。キューバ系移民が多く住む米フロリダ州マイアミ市の現地紙「マイアミ・ヘラルド」の報道によると、9日間で5人の退役した将軍が死亡した。
2021/07/31

中国当局、国産ワクチン接種後の死亡情報を検閲

中国当局は、SNS上でワクチン接種後の死亡情報を検閲している。江蘇省南京市の女性はこのほど、ネット上でワクチン接種で死亡の可能性があると投稿し、その後警察当局に拘束された。
2021/04/22

法輪功学習者、1~5月27人が迫害で死亡・107人懲役刑 

中国国内では、今年1~5月まで、中共肺炎(新型コロナウイルス感染症)が爆発的に流行したにも関わらず、伝統気功グループ、法輪功の学習者27人が当局の迫害で相次いで死亡し、107人が不当判決を受けたことがわかった。法輪功情報サイト「明慧網」が6月4日伝えた。
2020/06/09

新型ウイルスから生還した86歳のおばあちゃんのガッツ

3人の孫のいる86歳のおばあちゃんは、1週間の集中治療を経て、見事新型コロナウイルス(以下、中共ウイルス)から生還しました。そのおばあちゃんを誇りに思い、おばあちゃんの家族はこの先の見えない時代が希望の光で照らされるように、おばちゃんが勇敢に中共ウイルスと闘った姿をみんなとシェアしようと考えました。
2020/04/14

子どもにこうしてシートベルトを締めてはいけない

冬が来ると、帽子や、スカーフ、そしてもちろんフワフワしたジャケットを取り出してくる時期となります。学校に出かける風邪気味の子供たちの服装を整えることは、子供たちの安全と親の安心のためにも重要であり、必要なことでもあります。でも、もしも親が気付かぬまま、冬着を着た子供たちを車のシートに固定していること自体が、彼らの生命を潜在的な危険に晒しているとしたらどうでしょうか?
2019/07/07

広東省のカラオケ店で放火 18人死亡

中国広東省清遠市英徳のカラオケ店で現地時間24日0時30分頃、火災が発生し、18人が死亡、5人負傷がした。
2018/04/24

「北朝鮮はテロリスト」死亡した米大学生の両親が涙の訴え 

米国人大学生オットーさんが北朝鮮の虐待により帰国後死亡した事件で、その両親が当時の状況を初めて明らかにした。オットーさんは昨年1月に北朝鮮当局に拘留され、監禁中に拷問を受けた疑いがある。帰国したオットーさんの容体は悪く、けいれんし奇声を発していたという。父親は北朝鮮が「テロリスト」であり決して許されるべきではないと話した。トランプ大統領は「ワームビアさんが北朝鮮当局の想像を絶する拷問を受けた」とツイートした。一方で北朝鮮は28日に談話を発表、拷問の事実はないと否定した。
2017/09/29

江沢民「脳卒中で倒れた」重病説が再燃、当局がネット封鎖へ=香港紙

香港などの複数の海外メディアはこのほど、中国元国家主席の江沢民が4月17日夜に脳卒中で倒れ、上海市の病院に運ばれたと報じた。国内インターネット上では、江が入院している上海市の「華山医院」が検索禁止となった。
2017/05/10

旅客機エンジンに巻き込まれ 地上スタッフ死亡=インド

インドのムンバイ国際空港で16日、空港の地上スタッフが離陸直前だった航空機のエンジンに巻き込まれて死亡した。
2015/12/22

チベット人宗教指導者、中国刑務所で死亡

【大紀元日本7月15日】「テロと国家分裂扇動」の罪で服役中の四川省のチベット人宗教指導者テンジン・デレク・リンポチェ氏が、中国の刑務所で亡くなったことがわかった。65だった。親族や人権団体が明らかにし
2015/07/15

断食期間中に襲撃事件 18人以上死亡=新疆ウイグル自治区

米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)の報道によると、中国新疆ウイグル自治区のカシュガル地区で22日、ウイグル人集団による襲撃事件が発生した。警察当局者の話では、警官3
2015/06/26

北朝鮮の衛星操縦士14人、09年の打ち上げで死亡

【大紀元日本3月3日】韓国聯合ニュースは北朝鮮国営通信社「朝鮮中央通信」3日付の報道として、2009年4月の北朝鮮人工衛星シリーズ「光明星2号」の打ち上げで操縦士14人が死亡した、と報じた。 朝鮮中央
2015/03/03

中国最小の早産児死亡 生後19日間

【大紀元日本12月4日】中国の最小早産児が1日、肺感染症で死亡した。生存期間はわずか19日間だった。中国紙・重慶晨報が報じた。 それによると、母親は11月上旬、前置胎盤と診断され、胎児の心拍数が不安定
2014/12/04

世界初 「蚊よけ新聞」

【大紀元日本7月28日】多くのウイルス性感染症を媒介する蚊。ウエストナイル熱、チクングニア熱、デング熱、日本脳炎、マラリアなどの病気は、すべて蚊によって感染が広がる。スリランカでは毎年3万人がデング熱
2014/07/28

路線バスが爆発炎上 2人死亡32人負傷=広州市

【大紀元日本7月16日】中国広東省広州市で15日午後7時半ごろ(現地時間)、路線バスが爆発し激しく炎上する事件が発生した。 中国国内メディアによると、ラッシュ時に起きたこの事件の現場は広州市珠海区広州
2014/07/16

上海の医師が鳥インフルで死亡 感染相次ぎ ヒトからヒトへの懸念

【大紀元日本1月21日】中国政府系メディアはこのほど、鳥インフルエンザウイルス「H7N9型」の新たな感染事例を相次ぎ報道した。上海市で2人の死亡が明らかになり、そのうちの1人は医師だという。 今年に入
2014/01/21

中国モスクで将棋倒し事故 14人死亡

【大紀元日本1月6日】中国寧夏回族自治区のモスクで5日、宗教行事の最中に将棋倒しの事故が起き、14人が死亡、10人が負傷した。 同自治区固原市西吉県の北大寺で同日、宗教指導者の追悼儀式が行われ、午後1
2014/01/06

商業施設で爆発事故 4人死亡35人けが=四川省

【大紀元日本12月27日】中国四川省濾州市のショッピングセンターで、26日午後10時ごろ(日本時間11時)、爆発・火災事故が発生した。現地政府の発表によると、4人が死亡、35人が負傷したという。 初歩
2013/12/27

共産党委員会前で連続爆発事件 8人死傷=山西省

【大紀元日本11月6日】山西省太原市にある同省共産党委員会の建物前で6日午前7時40分(日本時間同8時40分)頃、連続爆発事件が発生し、複数の死傷者が出た。中国政府系メディアはテロの可能性を示唆してい
2013/11/06

【更新】広州市、倉庫で爆発 8人死亡 負傷者多数

【大紀元日本9月11日】中国広州市白雲区の倉庫で10日正午頃、激しい爆発が起きた。8人が死亡、36人が負傷した。 現場では黒煙が高く上り、火災が発生した。目撃者の話では、直前に3回連続で大きな爆音が聞
2013/09/11

ホームレス児童のゴミ箱死を公開した元記者 当局に監視される

【大紀元日本11月24日】貴州省畢節市でホームレス児童5人が、ゴミ箱の中で窒息死した事件をインターネットで公開した李元龍さんは、当局の監視下に置かれ、発言を制限されている。米国の海外向け放送ボイス・オ
2012/11/24