ベイプ(電子タバコ)が目を痛め、視力を低下させる可能性

ベイプ(フレーバー付きの液体を蒸気化して吸いこむ電子タバコ)の使用は、目に対するある種の健康リスクに関連しています。特に目の快適さと視力に重要な役割を果たす目の最外層に関連しています。
2024/07/03 Marina Zhang

なぜ一部の人は新型コロナに感染しないのか、新手の研究が説明

なぜ一部の人は鼻腔が新型コロナウイルスにさらされても感染しないのか、最近の研究でその理由が明らかになった。
2024/06/25 Marina Zhang

COVID-19とワクチンに起因する稀な自己免疫疾患が増加:研究結果

イギリスのヨークシャー州では2020年から2022年にかけて稀な自己免疫疾患の症例が急増し、2021年にピークに達した。新型コロナへの罹患とワクチンに起因してこの増加が起こった可能性が最近の研究で明らかになった。
2024/06/19 Marina Zhang

【プレムアム報道】脳死の人は本当に死んでいるのか?(3)

医学的な観点からは、脳死は死亡とみなされる一方で、倫理的、宗教的な観点からは疑問が残ります。脳死患者が本当に死んでいるのか、それともまだ生きているのかについての議論は続くでしょう。
2024/06/17 Marina Zhang

【プレムアム報道】脳死の人は本当に死んでいるのか?(2)

脳死の概念は半世紀前に始まりましたが、未だに多くの謎を残しています。脳死患者が本当に死んでいるのか、それともまだ生きているのかについての議論は続くでしょう。
2024/06/17 Marina Zhang

【プレムアム報道】脳死の人は本当に死んでいるのか?(1)

脳死者は法律上では死亡と見なされますが、まだ感覚を持っているかもしれません。
2024/06/17 Marina Zhang

コロナ重症度はウイルス量と関係ない 初感染時において=研究結果

医学雑誌JAMA Network Openに掲載された最近の研究で、初感染時のコロナ重症度が鼻腔内のウイルス量と関係ないことが示された。これは重症患者はウイルス量が多いとする以前の研究とは異なる見解だ。
2024/06/13 Marina Zhang

心筋炎と心膜炎はコロナワクチン接種後にのみ発症、NHSのプレプリントが示す

オックスフォード大学の研究者らが主導した最近のプレプリント(査読前論文)によって、心筋炎と心膜炎はCOVID-19感染後には発生せず、ワクチン接種後にのみ発生することが示された。
2024/06/09 Marina Zhang

ノイズキャンセリング無線イヤホン:長時間使用が聴力に及ぼす影響は?(下)

ロンドン在住のライアン・エドワーズさん(45歳)は、ノイズキャンセリング機能が強化されたAirPod Prosに以前のAirPodsから変更した後、耳鳴りが悪化したと大紀元に語りました。
2024/06/07 Marina Zhang

ノイズキャンセリング無線イヤホン:長時間使用が聴力に及ぼす影響は?(上)

2019年11月24日、アップル社のコミュニティフォーラムに「AirPodsが耳鳴りを引き起こす?」と題された新しい投稿が現れました。 あるアップルユーザーは、AirPodsをしばらく使用した後、耳の中で高音の耳鳴りが消えないことに気づいたと報告しました。
2024/06/07 Marina Zhang

新型コロナのスパイク蛋白はがん細胞の生存を助ける=ブラウン大学のプレプリント

SARS-CoV-2(新型コロナのウイルス名)のスパイクタンパク質が抗がん作用を妨げ、がんを促進する可能性があることが、最近発表されたブラウン大学による細胞研究のプレプリント(査読前原稿)で明らかになった。
2024/05/04 Marina Zhang

コロナワクチンの修飾RNAががん発生に寄与する可能性

新型コロナワクチンに使用されているmRNAに加える修飾、つまりN1-メチルシュードウリジンへの置換が免疫抑制を引き起こし、がんの発生に寄与する可能性があることを5日に発表された研究レビューが示している。
2024/04/18 Marina Zhang

コロナワクチン接種者に「免疫の刷り込み」 ブースター接種に異常な反応示す

新型コロナウイルスの従来株対応のmRNAワクチンを3回以上接種した人に強い「免疫の刷り込み」が起きていることが、ワシントン大学の研究で判明した。つまり新たな変異株に対する免疫が期待通り働かないということだ。
2024/04/04 Marina Zhang

イベルメクチンはがんと闘う「強力な薬」になりうる その理由とは?(下)

「イベルメクチンは注意深く考案された免疫療法の組み合わせにおいて非常に強力な薬となりうる」米シティー・オブ・ホープがん研究所の腫瘍免疫学長ピーター・P・リー博士は指摘している。
2024/03/26 Marina Zhang

イベルメクチンはがんと闘う「強力な薬」になりうる その理由とは?(上)

イベルメクチンの抗がん作用が最初に報告されたのは1995年。従来のがん治療はがん細胞と同時に免疫細胞も殺してしまうが、イベルメクチンはがん細胞を殺すための免疫反応を活性化させると研究らは指摘している。
2024/03/26 Marina Zhang

コロナワクチンに含まれる遺伝子がヒトがん細胞に組み込まれる可能性、米研究者が指摘

最近、米国のゲノム研究者ケビン・マッカーナン氏が、新型コロナmRNAワクチンのDNA汚染に続き、そのDNAがヒトのDNAに組み込まれる可能性があることを発見した。
2024/03/24 Marina Zhang

新型コロナとワクチンが突発性難聴に関連、医師「これは緊急事態だ」

新型コロナのアデノウイルスベクターワクチンの初回接種から1週間後に右耳に突発性難聴を発症した耳鼻咽喉科医クラリス・サバ医師は、「突発性難聴は緊急事態です」と述べている。
2024/03/11 Marina Zhang

デジタルネイティブを中心に蔓延する「心の不調」が米国人の心を静かに蝕む(下)

デジタルネイティブを中心に蔓延する「心の不調」が米国人の心を静かに蝕んでいる。精神科医クリフォード・サスマン医師は、現代社会でデジタル機器使用を減らす難しさを「バーで水を飲むようなもの」だと語る。
2024/03/11 Marina Zhang

デジタルネイティブを中心に蔓延する「心の不調」が米国人の心を静かに蝕む(上)

デジタルネイティブを中心に蔓延する「心の不調」が米国人の心を静かに蝕んでいる。精神科医クリフォード・サスマン医師は、現代社会でデジタル機器使用を減らす難しさを「バーで水を飲むようなもの」だと語る。
2024/03/08 Marina Zhang

注目すべき新型コロナワクチン有害事象の数々、エビデンスで裏付け(4)

新型コロナワクチンの導入以来、相当数の被接種者がさまざまな副反応を報告している。本項では、英米などの政府へのワクチン副反応報告や多数の研究をレビューし、最も報告された有害事象を重大性の順に列挙する。
2024/03/05 Marina Zhang

注目すべき新型コロナワクチン有害事象の数々、エビデンスで裏付け(3)

新型コロナワクチン接種はウイルスに対する免疫力を向上させると考えられているが、接種を繰り返すことで免疫力が低下し、新型コロナや他のウイルスに感染する危険性があることを発見した研究が増えている。
2024/03/01 Marina Zhang

注目すべき新型コロナワクチン有害事象の数々、エビデンスで裏付け(2)

新型コロナワクチンのスパイクタンパク質が心臓の内皮を傷つけ、炎症を引き起こし、心筋細胞を溶解させることが、メイヨークリニックで行われた研究で証明されている。
2024/02/29 Marina Zhang

注目すべき新型コロナワクチン有害事象の数々、エビデンスで裏付け(1)

新型コロナワクチンの導入以来、相当数の被接種者がさまざまな副反応を報告している。本項では、英米などの政府へのワクチン副反応報告や多数の研究をレビューし、最も報告された有害事象を重大性の順に列挙する。
2024/02/27 Marina Zhang

コロナワクチンのシェディングは実在する 米規制当局とファイザーの文書が証拠=臨床医(下)

今月初め、コロナ/ワクチン後遺症などの治療を目的とした非営利団体 FLCCCの会議で、共同創設者のピエール・コリー博士は「残念ながら(新型コロナワクチンの)シェディングは実在する」と述べた。
2024/02/24 Marina Zhang

コロナワクチンのシェディングは実在する 米規制当局とファイザーの文書が証拠=臨床医(上)

これまでコロナワクチン接種者からのシェディングは、生ワクチンを前提とするCDCの定義を論拠に否定されてきたが、FDAの2015年の文書によれば、あらゆる遺伝子治療製品にそのリスクがあるようだ。
2024/02/22 Marina Zhang

ファイザー製mRNAワクチンが「異常なタンパク質」生成、専門家は自己免疫疾患を懸念

ケンブリッジ大学の新たな研究によって、ファイザー製ワクチンのmRNAが8%の確率で誤って翻訳され、スパイクタンパク質ではなく、別の意図しないタンパク質を生成することが明らかになった。
2024/01/04 Marina Zhang

新型コロナワクチン接種に関連する甲状腺疾患、インドの研究が報告

甲状腺障害、特に甲状腺機能低下症が、新型コロナワクチン接種に関連した副反応である可能性が、最近のインドの研究で報告された。
2023/12/17 Marina Zhang

女性と若年層はコロナワクチンの副反応リスクが高い=日本の研究

女性と若年層は、新型コロナワクチン接種後の副反応に悩まされるリスクが高いことが日本の研究により明らかになった。
2023/12/05 Marina Zhang

新型コロナmRNAワクチンのバイアルに「数千億」のDNA断片が残存: プレプリント

新型コロナmRNAワクチンのバイアルに「数千億」のDNA断片が残存していることが、査読申請中の新たなプレプリントで判明した。
2023/11/14 Marina Zhang