睡眠中の突然死ーその原因、見分けるサイン、予防策

中国のAI企業センスタイムの創業者で、過去に米国から制裁を受けた湯暁鴎氏が、昨年12月15日に睡眠中に亡くなりました。彼は55歳でした。睡眠中に突然死する原因は様々です。本記事では、睡眠中に死亡する可能性のある原因、リスクが高い人々、そして予防策について解説します。
2024/05/20 Jingduan Yang

低ヒスタミン食でマスト細胞活性化症候群を緩和

マスト(肥満)細胞活性化症候群(MCAS)に苦しむ人々にとって、食生活を変えることは、症状を大きく軽減することが可能です。多くの人が健康的な食事を心がけていますが、実際にはそうであっても、過敏性腸症候群やかゆみ、くしゃみ、不眠症などのMCASの症状を引き起こすヒスタミンが多く含まれている「健康食品」も存在します。
2024/05/07 Ashley Turner

水分不足が、血栓や慢性疾患の原因に? (2)

自分ではたくさん水を飲んでいるつもりでも、実は体は脱水状態になっているのです。これは、多くの人がコーヒーや紅茶、ビールなどの飲み物を、普通の水の代わりとして飲むことに慣れているからです。これらの飲み物には水分が含まれていますが、カフェインやアルコールという脱水の要因も含まれています。また、これらの飲み物には利尿作用があり、体内の水分をより多く排泄するように促します。
2024/01/22 蘇冠米

天然成分で即効性のある化粧品が良いとは限らない

天然成分配合のスキンケアやコスメは、必ず良いものなのでしょうか?即効性を追求したスキンケア製品で考えられる問題点とは?著者のチャン・チュウフェイ博士は、そうした製品を購入する際のポイントも教えています。
2022/02/22

ハーバード栄養専門家が発表 記憶力と集中力を損なう5種類の食品

何歳になっても、健康的な食生活を始めるのに遅すぎるということはありません。年齢を重ねても、正しい食事をすることで、認知症(アルツハイマー病)のリスクを減らせます。
2022/02/13

衣服の頑固な汚れ「これ、どうやって落とそうか」

日常よく身につける衣服は、どんなにお気に入りの一着でも、いつかは着られなくなる言わば「消耗品」です。
2021/07/31

アルコール中毒からの脱出【修煉と健康】

【大紀元日本1月22日】祖父の代から親兄弟まで皆が大の酒好きという台湾の台南県永康市に住む陳柏湘さん。陳さんは毎日酒を欠かしたことがなく、彼らは隣近所から「酒豪の名門」と呼ばれていた。陳さんも20歳に
2020/04/14

心臓病を引き起こす 6つのワースト食品

心臓疾患による死亡者は、米国だけでも毎年61万人に達しており、南北アメリカでは男女ともに死因のトップとなっています。性別、民族、家系的な遺伝要因とは異なり、心臓疾患は自助努力で防ぐことが可能です。
2020/04/13

心臓病を引き起こす 6つのワースト食品

心臓疾患による死亡者は、米国だけでも毎年61万人に達しており、南北アメリカでは男女ともに死因のトップとなっています。性別、民族、家系的な遺伝要因とは異なり、心臓疾患は自助努力で防ぐことが可能です。
2019/08/21

甘い誘惑の害 砂糖を口にしたら脳で何が起きる?

歯に悪いし、健康にも良くない…と聞いて、砂糖断ちに挑戦中の記者。自称「スイーツ・ジャンキー」で、毎日おやつが欠かせなかったのですが、やめてみると胃腸がすっきりしてきました。学習ビデオを制作するTED-EDのアニメーション動画「砂糖はどのようにして脳に影響を与えるのか」(How sugar affects the brain)は、砂糖の弊害について分かりやすく説明しています。
2017/04/08

【修煉と健康】 アルコール中毒からの脱出

【大紀元日本1月22日】祖父の代から親兄弟まで皆が大の酒好きという台湾の台南県永康市に住む陳柏湘さん。陳さんは毎日酒を欠かしたことがなく、彼らは隣近所から「酒豪の名門」と呼ばれていた。陳さんも20歳に
2013/01/22

中国の白酒も手抜き 7割は醸造せずアルコールで調合

 【大紀元日本11月2日】最近、中国国内の複数メディアが、現在流通している中国の蒸留酒「白酒」の60%~70%は、穀物から作っておらず、食用アルコールで調合した酒だと報道し、話題になっている。現代の中
2011/11/02

サウジアラビアでアルコール大量押収

 【大紀元日本12月6日】サウジアラビアの首都リヤドで2日、現地警察が瓶詰め輸入アルコール7,356本を押収するとともに現場にいた外国人労働者二人を逮捕、現在取調べ中であることを発表した。アラブニュー
2007/12/06

ゲームのやり過ぎは中毒症状ではない=米専門家

 米国の精神科医らは24日、いわゆる「ゲーム中毒」をアルコール依存症と同様の精神疾患とは位置付けない考えを示した。米国医師会(AMA)の年次総会で明らかにした。 米国で影響力のある一部精神科医のグルー
2007/06/26

アルコールによる脳へのダメージ、回復は可能=研究

欧州の研究チームは18日、アルコールの過剰摂取は脳細胞にダメージを与えるが、一部の脳細胞は再生される可能性があるとの研究結果を発表した。ただアルコール依存者については、大量飲酒の期間が長くなればなる
2006/12/19