無意識に疲れる? エネルギーを奪う9つの日常行動

人々が無意識のうちに身に着けた習慣は、気付かないうちにその人のエネルギーを消耗し、疲労困憊させることがあります。 『ハフィントン・ポスト』の報道では、人の体は容器であり、エネルギーは容器に入った水に例えました。水の量を保つために、水を補充するか、容器を補強し、水を漏れないようにする必要があるといいます。 つまり、エネルギーを保つために、健康な食事、運動や十分な睡眠でエネルギーを補充すると、悪い生活習慣をやめ、健康な体作りでエネルギーの消耗を避けることが大事だといいます。次に専門家がエネルギーを消耗する9つの習慣とその改善法を紹介しました。
2024/06/17 陳俊村

6つの特徴からわかる「高機能性不安障害」の兆候

「高機能性不安障害」(high-functioning anxiety)は心の病であり、つまり正式な病気ではありません。一見冷静で、きちんと生活しているように見えても、ネガティブな考えが頭から離れない、落ち着けない、緊張が解けないなどの症状が隠されています。
2024/06/03 陳俊村

米国女性、落雷を受け瀕死状態に 回復後には予知能力を身に付ける

あるアメリカ女性は、数年前に落雷に打たれ、死にかけた経験を公開しました。瀕死になった状態になったときに、亡くなった親族が目の前に現れ、未来に起きる出来事を告げられたといいます。そして、彼女が生還した後、夢の中で未来の光景が見えるようになります。しかし、すべて災害事件を描く悪夢でした。
2024/06/01 陳俊村

楽観的な性格が長寿につながる?90歳以上生存の秘密

多くの人が長寿を望んでいます。少なくとも90歳まで生きたいと考える人もいますが、この願望が実現するかどうかは、多くの要因に左右されます。その中には、楽観的な心構えを維持することも含まれる可能性があります。最近の研究では、楽観的な人々の方が90歳以上まで生きる可能性が高いことが発見されました。
2024/05/24 陳俊村

うつ病予兆?職場の5つの警告サイン

うつ病は一般的な心理疾患であり、外部のストレスと関連している可能性があります。それは心理だけでなく、身体的および生活面にも影響を与えるため、軽視すべきではありません。うつ病は仕事にも現れると言う専門家もおり、よくある5つの仕事の癖があれば、うつ病の可能性があるということです。
2024/05/08 陳俊村

ジーンズはどのくらいの頻度で洗う? リーバイスCEOが教えるジーンズの洗い方

アメリカのリーバイス(Levi’s)は、デニム生地とジーンズの製造で有名であり、その製品は世界中で販売されています。ジーンズをいつ洗うべきかという問題に対して、同社の最高経営責任者が自身の考えを表明しました。
2024/04/28 陳俊村

レタスの鮮度を永遠に:保存のコツとトリック

レタスはサラダやサンドイッチなどで活躍しています。レタスは一回食べ切れない場合が多いですが、冷蔵庫で保存すると、すぐしなびてしまいます。そんな時、専門家がレタスを6週間も新鮮に保つことができる正しい保存法を説明しました。
2024/04/28 陳俊村

甘味と健康のバランス:チョコレートの意外な利点

チョコレートはおいしいですが、一部の人々は太るのではないかと心配して食べることを避けています。専門家によれば、適度に食べれば、チョコレートは心と体とに有益であり、それを裏付ける研究も多いです。
2024/04/25 陳俊村

いびきと目覚めの関係:自分の音で眠りが浅くなる?

もしも、ルームメイトまたは一緒のベッドで寝たパートナーが寝ている間に大きないびきをかいていたら、その音で眠れなくなりますが、いびきをかく本人は何も気にせずぐっすり眠っているかもしれません。では、大きないびきをかく人が、自分のいびきで目を覚ますことはあるのでしょうか?
2024/04/17 陳俊村

洗濯の常識を変える!バスタオルが硬くなる原因と対策

多くの方はバスタオルは定期的に洗うべきだと理解していますが、知らず知らずのうちに間違った洗い方をしてしまい、バスタオルが固くなってしまうことがあります。専門家は、ごわごわになったタオルを復活させる方法を教えています。
2024/04/15 陳俊村

発散しても怒りは減らない? 効果的なイライラの解消法

人々は怒りを感じた時、物を壊すことで感情を解放し、落ち着こうとすることがあります。しかし、研究によれば、この方法で感情を発散しても怒りを消すことはできないとし、興奮を鎮める活動を行うことでのみ、怒りを解消することが可能です。
2024/04/14 陳俊村

感覚の魔法:第六感が描く、健康への新たな道

人々はしばしば、通常の感覚以外の手段で受け取った情報を「第六感」と呼びます。それはまるで潜在意識的な感覚であるかのようです。実際、専門家によれば、人間には五感に加えて第六の感覚があり、健康に非常に重要だと言います。
2024/04/13 陳俊村

研究:水道水を沸騰することでプラスチック微粒子を90%除去

近年、至る所に存在するプラスチック微粒子(microplastics、別名微小プラスチック)が人々の関心を集めています。人々は、プラスチック微粒子が水の循環を通じて食物連鎖に入り込み、最終的には食べたり、飲んだり、吸い込んだりすることで体内に入り、健康を害することを懸念しています。
2024/04/10 陳俊村

「勉強したことを忘れない」 記憶力を強化する方法とは?

1880年代にドイツの心理学者、ヘルマン・エビングハウスが記憶実験によって「忘却曲線(Forgetting curve)」を発見しました。
2024/04/08 陳俊村

南アフリカの保護区で、突然怒り出した象が観光車をひっくり返す?!

南アフリカのピラネスバーグ狩猟保護区で、怒った象が観光バスを持ち上げ、車がひっくり返る寸前になりました。この出来事により、運転手と観光客は大いに驚き、叫び声を上げてパニックになりましたが、幸いにも怪我人は出ませんでした。
2024/04/07 陳俊村

ホワイトハウス、NASAに月などの天体の標準時刻の設定を指示

米国ホワイトハウスは、宇宙開発競争の高まりの中で国際的な規範として、2026年末までに月とその他の天体の統一時刻基準を確立するよう、米国航空宇宙局(NASA)に指示した。4月2日に発表されたプレスリリースの中で、ホワイトハウスは、ホワイトハウス科学技術政策局(OSTP)が、地球近傍の他の天体の標準時に関する初の政策メモランダムを発表したことに言及した。
2024/04/06 陳俊村

専門家が教える:嘘を見分ける方法

ボディーランゲージは、その人が隠している秘密を暴露することがあります。そのため、相手の身振りなどを観察することで、その人の心の中を知り、嘘をついているかどうかを見破ることができます。
2024/04/04 陳俊村

短距離フライト よく犯すミス

短距離フライトに乗る際、飛行時間が1時間や2時間、場合によってはそれ以下のこともあります。
2024/04/03 陳俊村

まさかうつ病に?5つの生活習慣を注意しよう

憂鬱症は一般的な心理疾患であり、外部のストレスと関連する可能性があります。それは心理だけでなく、生理的および生活面の様々な側面に影響を与えるため、軽視してはいけません。専門家によれば、憂鬱症の兆候は仕事上に現れる可能性があり、もしもあなたが以下の5つの一般的な仕事習慣を持っているなら、それは憂鬱症の兆候かもしれません。
2024/03/14 陳俊村

眠りの質を高めるために!食べるとよく眠れない7つの食べ物

食事は睡眠障害の多くの原因のひとつです。 よく知られているアルコールやカフェイン飲料のほかにも、眠りを浅くする一般的な食べ物や飲み物がありますが、それが睡眠の質をどれほど破壊するか、必ずしも多くの人が気づいているとは限りません。専門家の意見を見てみましょう。
2024/03/14 陳俊村

人は自分の死を予知できるのか? 専門家が奇妙な事例を紹介

死は人生において必然的な過程でありながら、ほとんどの人が自分の死がいつ訪れるかを知ることはできません。中には突然人生から去ってしまう人もおり、その突然さに家族や友人は驚きます。
2024/03/12 陳俊村

疲労感サヨナラ!毎日を活力で満たすコツ

朝早くからあくびが連発し、疲れ切ったような表情を浮かべる人もいます。また、正午前にはすでに体がだるくなり、お茶やコーヒーで目を覚まさなければならない人もいます。医師によると、これは日常の習慣に起因する可能性があります。
2024/03/05 陳俊村

お腹の脂肪を取りたい? 減量の専門家が教える3つのコツ

現在、多くの人がビール腹やバケツ腹を抱えており、どこへ行っても大きなお腹を持っていることがあります。これは見た目が良くないだけでなく、肥満関連の疾患を引き起こす可能性もあります。この問題に対し、減量の専門家が3つの秘訣を共有しており、これらは腹部の脂肪を減らしたい人々に役立つかもしれません。
2024/03/05 陳俊村

辰年コミック 辰の人はこの国ではカタツムリになる

黄暦の新年のはじまりには、万象が更新されます。今年は龍年であり、干支は甲辰です。今年生まれた人々は龍の子供であり、生肖は龍に属します。しかし、黄暦の新年や十二支は中国に限定されたものではありません。さまざまな国々では、生肖に対する解釈も異なります。
2024/03/01 陳俊村

なぜキャサリン妃は写真撮影には応じるが、サインはしないのだろうか?

英国のケイト王妃とウィリアム王子の結婚から、一介の平民が注目を浴びる王室メンバーに昇りました。これまでに6年が経過しました。これらの年月の間、ケイト王妃は何千もの人々と対面し、握手し、写真を撮ったり、世間話をしたりしてきましたが、なぜか人々のサインをしている様子は見られません。これはなぜでしょうか?
2024/02/28 陳俊村

トルクメニスタン、半世紀以上も燃え続ける「地獄の門 」

トルクメニスタンは、石油と天然ガスに恵まれた中央アジアの内陸国です。この国にある巨大なガスが充満したクレーターが、半世紀以上も火を噴き続けています。 地元では「地獄の門」(Door to Hell)として知られており、人気の観光スポットです。そこに訪れる人は多く、中がどうなっているのかと、たびたび人々の探究心をそそります。
2024/02/07 陳俊村