心と体に悪影響?血管を傷める感情とは

一つの新研究が、四つの感情の中で怒りが血管損傷を引き起こし、それによって心臓病や脳卒中のリスクが増加する可能性があることを発見しました。この研究は、心血管健康における否定的な感情の影響について、より多くの生理学的変化の証拠を提供しています。
2024/05/28 王佳宜

怒りがスッキリ:紙に書いて捨てるだけ?!

もし何か(または誰か)に腹を立てた時に、感情が爆発するのを防ぐ確実な方法があったらどうでしょうか。怒りを打ち砕くことのできる秘密兵器があるとしたら、それを知りたくはありませんか?
2024/05/12 Emma Suttie

発散しても怒りは減らない? 効果的なイライラの解消法

人々は怒りを感じた時、物を壊すことで感情を解放し、落ち着こうとすることがあります。しかし、研究によれば、この方法で感情を発散しても怒りを消すことはできないとし、興奮を鎮める活動を行うことでのみ、怒りを解消することが可能です。
2024/04/14 陳俊村

肝臓が最も恐れている4つのこと 漢方医が教える肝臓を養う1つの秘訣(2)

中国医学によると、感情によって対応する内臓は異なり、怒りは肝臓に関係しています。『黄帝内経』には「怒りは肝を痛める」「肝病は人を怒らせる」とあります。もし人が怒れば、それは体内の大地震に等しく、すべての臓器が影響を受け最初に傷つくのは肝臓です。怒りは肝血不足を招き、感情のコントロールが難しくなり、悪循環を形成します。自分の感情を整理し寛大な心で人と接することは、自分を大切にし肝臓を守る鍵なのです。
2023/07/27 胡乃文

肝臓のおはなし「臓器と感情の不思議な関係」

漢方でいう「肝」は、気の流れをコントロールして精神的安定をはかり、情緒面の調整をするとともに、自律神経系をまとめて体の各機能が順調にはたらくよう調節する働きを表し、西洋医学の「肝臓」とは別の臓器であると考えてもよい
2022/02/16

研究では怒り、情緒過激、激しい運動が脳卒中を誘発する可能性がある

脳卒中の引き金となるものは何ですか?最近の研究によると、脳卒中患者の多くは、脳卒中の直前に、怒り、極度の不安、悲しみ、不機嫌、あるいは肉体的に力を使い果たしたなど、似たような経験をしたことがあるようです。
2022/01/23

科学研究:人間の「悪い念」は血液中に毒素を生む

まことに悲しむべき性質ですが、人間が私怨の炎をめらめらと燃やすとき、その対象を殺したいと思うほど憎みます。警察に逮捕されなくても、知らずして精神的殺人をおかした「犯人」にもなっているのです。
2021/10/13

健康に対する怒りの危害とその対策

喜怒衰楽は、一般の人なら誰でもある感情ですが、これらの感情の変化が一定の限界を超えると、健康にさまざまな悪影響を与えることになり、健康のために穏やかな心を保つことは、とても重要です。
2020/05/04

悲しみの5段階を乗り越える

人は誰もが悲しみにあった時、すぐには受け入れられません。感情が不安定で考えがまとまらず、頭が混乱してしまうのです。
2020/04/19

高齢者の抱える「怒り」の感情 抑制研究は健康への一歩

渋滞中のストレスが、代わりのルートを見つけるように動機付けすることもあるように、ネガティブな感情は必ずしも悪いものではなく、時には有益になるときもあります。
2020/04/13

古人の知恵から学ぶ 8つの生活上の注意点

あらゆる物事が目まぐるしく変化する現代社会において、我々が生活する社会環境はますます複雑になってきています。日常生活の中では、どのように物事に対処すればよいのか困惑することもたたあるでしょう。すべてには限界があります。
2020/04/05

高齢者の抱える「怒り」の感情 抑制研究は健康への一歩

渋滞中のストレスが、代わりのルートを見つけるように動機付けすることもあるように、ネガティブな感情は必ずしも悪いものではなく、時には有益になるときもあります。
2019/08/22

古人の知恵から学ぶ8つの生活上の注意点

あらゆる物事が目まぐるしく変化する現代社会において、我々が生活する社会環境はますます複雑になってきています。日常生活の中では、どのように物事に対処すればよいのか困惑することもたたあるでしょう。すべてには限界があります。
2018/12/16

これらのダメージを知っても、まだ怒る?

怒りは体の器官に大きなダメージを与える。脳充血、心拍数の異常、肺へのダメージ、胃腸障害、怒りによる肝臓の鬱積、腎臓へのダメージ、乳がん、外見の変貌(醜悪になる)などが起きてくる。さて、あなたはこれらのダメージを知ってもまだ怒る?
2016/10/27

人生漫談: 怒りは己の最大の敵

 【大紀元日本8月21日】中国の武術界では、「一生武術を習っても、心の修練が無ければなにも得られない」ということわざがある。一流の武術を身につけるためには、心の修練が決め手であり、動作を習うことよりも
2005/08/21