日本の人権派弁護士、ハンスト・リレーに参加、中共の迫害に抗議

 【大紀元日本2月17日】大阪弁護士会所属の徳永信一弁護士は2月15日、大阪の中共領事館の前で行われたハンスト・リレー応援団設立集会(主催・大紀元時報近畿地方スタッフ)に参加し、世界的に広まった同活動
2006/02/17

アジア環太平洋地区、ハンスト・リレー相次ぐ

 【大紀元日本2月16日】大紀元アジア環太平洋地区は、2月11日よりハンスト・リレーに参加し、中共スパイが米国アトランタで大紀元技術総監・李淵博士を襲撃したことを譴責し、高智晟と郭飛熊の両弁護士および
2006/02/16

米国民・李祥春、3年間の迫害事実を公表

 【大紀元日本1月30日】米国カリフォルニア州の医師・李祥春(チャールズ・リー)氏(40)は、法輪功を修練したことを理由に、中共当局に不法に監禁され、3年にわたる迫害を受けた。多くの人々が李氏を救出す
2006/01/30

米裁判所、中共「中央テレビ局」責任者らに召喚状

 【大紀元日本1月25日】米連邦ニューヨーク南区裁判所は1月23日、中国の強制労働収容所で法輪功学習者に対する洗脳に使われる「同一首歌」をニューヨークで公演させ、当局による法輪功学習者に対する不法監禁
2006/01/25

法輪功、「同一首歌」を主催したCCTVを提訴

 【大紀元日本1月24日】強制労働収容所で洗脳に使われる歌「同一首歌」(同じ唄)を海外の歌謡祭で上演させたことで、国際司法協会、世界人権組織(米国)と人権法律機構は1月20日、米国ニューヨーク南区裁判
2006/01/24

中共による3年もの迫害に耐え、米国市民・李祥春氏が帰国

 【大紀元日本1月23日】中共当局に不当逮捕された米国市民・李祥春氏(チャールズ・リー)が、3年間にわたる迫害後、21日午前8時20分頃、サンフランシスコ国際空港に到着、友人と現地法輪功学習者らの歓迎
2006/01/23

鳥取人権擁護大会:法輪功、中国での迫害停止の支援を呼びかけ

 【大紀元日本11月16日】日本弁護士連合会による第48回人権擁護大会が開催された鳥取市で、日本の法輪功学習者らはこのほど、大会に集った弁護士や市民らに中国で起きている法輪功に対する弾圧の実態を実演で
2005/11/16

豪州法輪功:人権犯罪者の入国拒否を呼びかける

【大紀元日本11月8日】豪州法輪大法学会は4日、シドニーで記者会見を開き、豪州を訪問予定の中国広東省書記・張徳江が広東省での法輪功学習者に対する迫害に大きく関与し、重大な人権侵害を犯したとして入国拒否
2005/11/08

カナダ:迫害加担の中共高官2人目に法的手続き

 【大紀元日本10月31日】カナダ訪問中の中共吉林省委員会副書記・林炎志(リン・イェン・ジ)氏は10月28日、法輪功の迫害に加担したとして、トロントの法輪功学習者により法的手続きがとられ、また、同日の
2005/10/31

中国刑務所で行われている法輪功学習者への迫害実態

海外メディアがこのほど、中国刑務所で性的虐待と拷問が日常茶飯事のように行われている実態を暴露し、国際社会に衝撃を与えた。ある評論家は「中国共産党による党文化教育が、人間の道徳倫理を消滅させ、このような残虐非道に走り、善良な人々の基本的人権、尊厳を踏み躙った」と厳しく指摘した。
2005/10/23

法輪功弾圧:スポークスマンが語る迫害の真相

 【大紀元日本7月26日】中国共産党(以下、中共)が法輪功への迫害を始めて6年になるにあたって、大紀元・辛菲記者が、法輪功スポークスマン・張而平氏にインタビューを行った。張而平氏は、メイソン・フェロー
2005/07/26

中国の刑務所、女性に残酷な性的拷問

最近、中国官僚が相次ぎ海外で亡命した、彼らが提供した情報で、中国政府のゲシュタポ組織「610弁公室」が、残酷に法輪功愛好者を拷問する実情が明かされた。婦女の権益及び社会的地位の保障は、国家文明を判断する一つの基準。前中国国家主席・江沢民は、
2005/07/12

「天網」創始者・黄_qii_氏、5年間の地獄を語る

 【大紀元日本6月19日】中国本土で著名なウェブサイト「天網」の創始者・黄_qii_氏(筆名・難博)は5年前、「天網」で民主的な言論を発表したという理由で、2000年に中国共産党に逮捕され、「国家転覆
2005/06/19

五月中、429人の法輪功学習者が死亡確認

 【大紀元日本6月9日】2005年5月の集計によると、過去一ヶ月間に429人の法輪功学習者が迫害により死亡したことが確認された。法輪功が1999年7月に中国で弾圧されて以来、迫害による死亡人数が既に2
2005/06/09

法輪功トロント集会・創始者が脱党ブームを解く

 【大紀元日本5月24日】法輪功創始者である李洪志氏は22日、カナダのトロント大学大ホールにて、外国人が中国に対して投資する原因、脱党ブーム、中共が法輪功を迫害する策略および中共時代における中国社会の
2005/05/24

中共暴政をニューヨーク・タイムズ紙が暴露

 【大紀元日本5月15日報道】ニューヨーク・タイムズ紙、中国特派員ジム・ヤードリ(Jim Yardley)は5月9日、中国の強制労働制度について、人権弁護士、人権団体「中米対話」財団、強制労働収容所に
2005/05/15

シンガポール法輪功学習者が不公平な判決に抗議

【大紀元日本5月9日】シンガポールの監獄で、断食により不公平な判決に抗議した法輪功学習者・程呂金氏と黄才華氏の両氏が、7日間の監禁を経て、2005年5月3日午後に無事釈放された。両氏は4日午後、シンガ
2005/05/09

シンガポールでの法輪功学習者に下された判決に対する世界の華人社会からの反響

【大紀元日本5月5日】シンガポールに在住する二人の法輪功学習者は、公園で気功を行い、法輪功及び中国における法輪功への迫害について公衆に伝えたところ、「事前申請のない違法な集会」を行ったとして起訴された
2005/05/06