ボクは“超サイヤ人”じゃないけれど…電波ジャック描いた「長春 – Eternal Spring」東京で上映

「もし日本の漫画に出てくるようなキャラクターだったら、こんな危険な目に遭わずに済んだはずだ。でも残念ながら、ぼくたちはスーパーサイヤ人ではない」と冗談交じりに語るも、大雄(ダーション)氏の瞳には堅い信念が映っていた。
2024/06/01 佐渡道世, 清川茜

はびこる中国共産党スパイ、別件逮捕にも限界 法整備急がれる

欧米諸国を中心に中共スパイの摘発が進むなか、日本でなかなか反スパイ法が制定されない現状について、前衆議院議員の長尾敬氏は、従来の別件逮捕による摘発は「拘束力に一定の限界がある」と指摘した。
2024/02/22 Wenliang Wang

【寄稿】処理水問題、国内外の「風評加害者」に毅然とした対応を 長尾敬氏

今こそ私たちは腹を括って中国と一線を画し、価値観を共有できる国々と水産物の取引を模索していくことが必要だと思います。 変わらぬものは変わりません。科学的根拠のない嫌がらせは無視し、新たな可能性を求めて行くことが肝要であると思います。
2023/09/01 長尾敬

LGBT問題、聞かれない生来女性の考え 安心と安全を守るための法整備を=長尾敬氏

「これほどにまで人間の内心、心情に関わることについて、果たしてLGBT法というものが成立してよかったのだろうか。私は成立しないほうがよかったと思っている」長尾敬氏はこう心情を吐露した。
2023/08/16 Wenliang Wang

LGBT法案「党議拘束外すべき」 自民議員訴えに拍手と賛同の声

8日の自民党代議士会では、LGBT法案の採決に際して党議拘束を外すよう求める声が上がった。会場内には「そうだ!」の声が相当数聞こえ、拍手もあった。
2023/06/08 Wenliang Wang

LGBT法案、そもそも必要? 長尾敬氏「成立すれば改正は困難」

急ピッチで始まったLGBT法案の審議だが、廃案にすべきとの声が上がっている。長尾敬氏は、議員立法であるため、一旦成立すれば改正が困難だと指摘する。
2023/06/07 Wenliang Wang

【寄稿】今こそ自公連立解消の絶好機 長尾敬氏

自民・公明両党の選挙協力は東京で解消したが、この流れが全国に波及する可能性も否定できない。解散が近いとの見方が出るなか、今後の動きは注目必須だ。
2023/05/31 長尾敬

「騒げば動く」国と思われてしまう…LGBT法案、内政干渉に懸念も=自民

野党や公明党がサミット前の成立を目指すLGBT法案をめぐって、自民党内では立法の根拠や意義に対する疑念や、内政干渉への懸念が拭えず、慎重論が多数を占めた。
2023/05/09 Wenliang Wang

中国秘密警察署、神田にも拠点 長尾敬氏「スパイ防止法の制定を」

長尾敬前衆議院議員はエポックタイムズの取材に対し、日本政府は中国の秘密警察署についてすでに情報を持っており、米国と連携して対処すべきだと指摘した。
2023/04/20 Wenliang Wang

中国「秘密警察署」、日本でスパイ勧誘と脅迫行為 識者は摘発求める

米国ではFBIが中国の秘密警察署を摘発したが、日本国内にも拠点は存在する。「秘密警察」からスパイ勧誘を受けた男性はエポックタイムズの取材に対し、脅迫と利益誘導を併用するその手法を打ち明けた。
2023/04/19 Wenliang Wang

LGBT法案に当事者から「待った」 推進運動の背後に活動家の影

LGBT法案をめぐって当事者団体は活動家が拙速な議論をかき乱していると指摘。性自認は主観的かつ曖昧な概念であるとし、拙速な法案審議を避けるよう求める共同要請書を岸田文雄首相に送付した。
2023/04/07 Wenliang Wang, 大道修