イベルメクチン試験はいかにして失敗するようにデザインされたか(下)

イベルメクチン擁護派は新型コロナの治療効果を否定する研究を詐欺呼ばわりし、懐疑派はそれを反科学の陰謀論とみなしている。問題を検証する際は、心を開いて全体像を検討することが重要だ。

イベルメクチン試験はいかにして失敗するようにデザインされたか(上)

新型コロナの治療にイベルメクチンを使用すべきか否かをめぐる議論は今でも続いている。イベルメクチンで治療がうまくいったことを報告する医師が多い一方で、効果がないとする研究も一流の科学雑誌に掲載されている。

ウイルスや細菌を安全かつ効果的に殺せる天然溶液(下)

次亜塩素酸は、医療業界など複数の分野で広く使用されている。Journal of Microbiologyの研究では、次亜塩素酸が歯ブラシの細菌を大幅に減らすことがわかった。

ウイルスや細菌を安全かつ効果的に殺せる天然溶液(上)

低コストで簡単に作れて、数分でさまざまな微生物を殺す抗ウイルスおよび抗菌効果を発揮する天然溶液がある。それが「次亜塩素酸水」だ。この溶液がウイルス対策の切り札となる。

子宮頚がん予防のHPVワクチン接種後の明らかな重症事例(下)

2009年のJAMA誌の記事によると、子宮頸がん予防のHPVワクチン「ガーダシル」が米国で発売された直後、FDAとCDCは2年以内に1,896例の失神を報告した。他のワクチンよりもかなり高い発生率だ。

子宮頚がん予防のHPVワクチン接種後の明らかな重症事例(中)

メルセン博士は、HPVワクチン接種に関連した副作用が疑われる患者の臨床と研究の両方に携わってきた。患者たちの症状は、慢性疲労症候群(筋痛性脳脊髄炎)に見られるものと共通している。

子宮頚がん予防のHPVワクチン接種後の明らかな重症事例(上)

最も効果的なワクチンの1つとされるHPVワクチン(子宮頚がん予防)接種後に、それまで健康だった子供たちが重篤な傷害を負い普通に生活できなくなった事例に関して、エビデンスとなる文書を紹介していく。

鳥インフルの牛やヒトへの感染は機能獲得研究のせい?(下)

中国には、パンデミック対策という名目でより危険なウイルスを作り出している研究所もある。中国の研究所とH5N1亜型鳥インフルエンザのアウトブレイクの関係について、直ちに徹底的な調査を促すべきだ。

鳥インフルの牛やヒトへの感染は機能獲得研究のせい?(中)

鳥インフルエンザウイルスの機能獲得研究によって生成された新たなウイルスが研究室から流出したり、研究成果をバイオテロリストが生物兵器に応用することを科学者たちは懸念している。

鳥インフルの牛やヒトへの感染は機能獲得研究のせい?(上)

普通は人間に感染しない鳥インフルエンザへの感染例が米国で2件報告され、科学者らの注目を集めている。私たちはどれほど懸念すべきか?米国や中国などで行われてきた危険なウイルス研究を含め、検証していく。

子宮頚がん予防のHPVワクチン接種後の明らかな死亡事例(下)

HPVワクチンは、子宮頸がん予防の主な手段として医師から推奨されており、医師をはじめ多くの人々がリスクは存在しないと信じていますが、本当にそうでしょうか?HPVワクチンの一種であるガーダシルに関して検証します。

子宮頚がん予防のHPVワクチン接種後の明らかな死亡事例(中)

子宮頸がんワクチン「ガーダシル」に含まれるHPV-16L1が注射後に単球によって取り込まれ、血液脳関門を越えて脳に蓄積し、深刻な炎症性の副作用を引き起こしうることは2件の死亡例から明らかです。

子宮頚がん予防のHPVワクチン接種後の明らかな死亡事例(上)

HPVワクチンは、子宮頸がん予防の主な手段として医師から推奨されており、医師をはじめ多くの人々がリスクは存在しないと信じていますが、本当にそうでしょうか?HPVワクチンの一種であるガーダシルに関して検証します。

コロナやワクチンで損傷したDNAの驚くべき修復法

新型コロナやワクチンで損傷したDNAの驚くべき修復法があります。それは、静かに坐ることです。瞑想はDNAの修復を含め、人体にたくさんの重要な影響を与えます。これは研究で明らかになっている本物の科学です。

イベルメクチンに関して規制当局は譲歩したが、より深い問題が存在している(下)

イベルメクチンをめぐる訴訟が和解に至った最近の一件は、重要な一歩です。これまで無視され、悪評を受け、十分に活用されなかった早期治療法が利用できていれば、多くの命が救われた可能性があります

イベルメクチンに関して規制当局は譲歩したが、より深い問題が存在している(上)

イベルメクチンを新型コロナ治療に使用しないよう呼びかけてきたFDAは最近、関連投稿を削除することに合意した。しかし、流行病を予防できる「自然からの贈り物」について、私たちは本当に理解できているのだろうか。

はしかから命を守る驚きの療法があった?(下)

はしか(麻疹)予防において、ワクチンは英雄的な扱いを受けてきました。しかし、歴史を振り返ってエビデンスにあたると、異なる事実が見えてきます。麻疹の感染や死亡率を制御するには、自然免疫の強化がより効果的です。

はしかから命を守る驚きの療法があった?(中)

はしか(麻疹)の流行に対処する上で重要なのは栄養戦略です。麻疹予防と死亡率の低下におけるあるビタミンの重要性を明らかにした研究が、ワクチンのみに頼る麻疹予防のあり方に疑問を呈しています。

はしかから命を守る驚きの療法があった?(上)

今、世界の多くの地域ではしか(麻疹)が流行しており、世界中の保健当局がワクチン接種を呼び掛けています。しかし、前世紀に麻疹が世界を席巻した際に数百万人の命を救ったのは、実はワクチンではありませんでした。

麻疹(はしか)ワクチンがいかに自然免疫を変える?「抗体」は本当に必須か(下)

ワクチンは、「ウイルスと戦うには抗体が必須だ」という理論に基づいて作られている。しかし、抗体は信じられているほど重要ではなく、免疫がウイルスと闘う自然な方法を妨げる可能性さえあることが研究で分かっている。

麻疹(はしか)ワクチンがいかに自然免疫を変える?「抗体」は本当に必須か(中)

注射された麻疹(はしか)抗体と予期せぬ長期にわたる免疫障害との間に有意な相関関係があることが研究で示されている。麻疹ウイルス感染時に抗体を注射することで、免疫のウイルスを殺す能力を妨害する可能性がある。

麻疹(はしか)ワクチンがいかに自然免疫を変える?「抗体」は本当に必須か(上)

ワクチンは、「ウイルスと戦うには抗体が必須だ」という理論に基づいて作られている。しかし、抗体は信じられているほど重要ではなく、免疫がウイルスと闘う自然な方法を妨げる可能性さえあることが研究で分かっている。

人生の生きがいを探求すると免疫力と心臓血管の健康が向上する (3)

意義療法は、人生の意義を見つけ、発見し、人生における明確な目標を設定し、前向きな姿勢で人生に向き合い、あるいは管理できるように導くことに焦点を当てた心理療法アプローチです。精神分析とは異なり、人生をより広くとらえ、深く探求し、人生の問題の診断を通してクライアントの人生に意義を与えていくものです。

人生の生きがいを探求すると免疫力と心臓血管の健康が向上する (1)

米国の科学者たちは、人生の意味を見出すモチベーションの高さと人々の健康状態との関係について研究を行いました。その結果、人生の目標を見つけ、生きがいを持つことに積極的な人ほど、免疫力が高いことが判明しました。

人生の生きがいを探求すると免疫力と心臓血管の健康が向上する (2)

人生の目的意識は免疫力を高め、健康を守ります。マインドフルネスや生きがい意識はうつ病予防にも効果的であり、喫煙は目的欠如から生じる行動です。

新型コロナ予防で6つの大失敗 専門家が伝える「真の鍵」とは(2)

2021年9月、ニューイングランド医学雑誌(NEJM)は、ファイザー社製ワクチンの6か月間のデータについて、プラセボ群の1例に対し、ファイザー社製ワクチン接種者の心停止が4例あったとする報告を発表しました。ただし、このデータは、報告書本文には掲載されておらず、補足資料にのみ掲載されています。