香港で鳥インフル再発、ウイルス変異か

 【大紀元日本12月16日】香港新界元朗地区のある養鶏場から高病原性鳥インフルエンザが発生した。香港政府は12月9日、発生地およびそこから半径3キロ以内にあるもう1つの養鶏場の鶏合計8万羽、それに長沙
2008/12/16

3度目鳥インフルエンザ感染発生、50万羽家禽処分=ロシア

 【大紀元日本12月15日】ロシア南部ロストフの農場で1週間前に、高病原性H5N1型鳥インフルエンザ感染が発生し、すでに3万5千羽の家禽が死亡した。当局は、感染が広がらないように家禽の処分は続けている
2007/12/15

鳥インフルエンザ感染でアヒル大量死、ウイルス変異か=中国広東省

 【大紀元日本9月19日】中国農業部が9月15日に広東省広州市番禺区新造鎮思賢村のアヒル飼育農家で見つかったH5N1亜型鳥インフルエンザ感染を発表したことから、国際社会は再び中国産家禽の安全性に注目し
2007/09/19

英国イングランド南部、新たに口蹄疫発生

 【大紀元日本8月9日】8月7日、英国サリー州フィルフォードの農場に次いで、同発生区内にある別の農場から新たに口蹄疫が発生した。同農場にある102頭の家畜はすべて処分された。農場経営者は落胆しており、
2007/08/09

中国黒龍江省:狂犬病偽造ワクチン、227人に接種

 【大紀元日本8月4日】中国黒龍江省で、227人が狂犬病ワクチンの偽造薬を接種していたことが調査で分かった。その内、四川省瀘県が29人、黒龍江省の牡丹江市では198人が接種し、殆どが2歳から14歳の児
2007/08/04

中国黒龍江省:大型偽造薬製造集団摘発

 【大紀元日本8月1日】中国黒龍江省警察はこのほど、近年における最大偽薬の製造販売大型集団を摘発し、容疑者15人を逮捕したと発表した。中国官製メディアの報道によると、警察側は摘発された集団から狂犬病ワ
2007/08/01

中国青海省:アジア型口蹄疫発生、牛107頭処分

 【大紀元日本7月5日】中国農業部は7月4日、中国西部の青海省玉樹州雑多薩呼騰鎮(サフテン鎮)多那村で、亜州型口蹄疫が発生し、すでに107頭の牛を処分したと発表した。 中国農業部によると、6月7日に青
2007/07/05

アフリカ・ブルキナファソ、髄膜炎で432人が死亡

 【大紀元日本3月12日】アフリカのブルキナファソ衛生当局は3月11日、同国で今年に入ってすでに4958人が髄膜炎を発症し、その内の432人が死亡したことを発表した。中央社が伝えた。 当局衛生部は国家
2007/03/12

ベトナム南部:鳥インフルエンザ感染発生、鴨800羽処分

 【大紀元日本3月3日】ベトナム衛生部当局は3月2日、ベトナム南部の鴨から鳥インフルエンザ・ウイルスが確認されたと明らかにした。ベトナム当局は3月1日に、孵化鴨およびその他の水禽の禁令を解除したばかり
2007/03/03

B型肝炎保菌者1・2億人、社会差別が深刻化=中国

 【大紀元日本2月22日】中国の1億に上るB型肝炎保菌者の多くは、仕事および日常生活において社会から深刻な差別を受けている。専門家らは、B型肝炎は一時的接触によって感染するものではないにも拘らず、保菌
2007/02/22

インドネシア、鳥インフルエンザワクチン開発でバクスター系と覚書

 インドネシア政府は7日、鳥インフルエンザのヒト用ワクチン開発について、米バクスター・インターナショナル(BAX.N: 株価, 企業情報 , レポート)のスイス部門との間で了解覚書(MOU)を交わした
2007/02/07

中国鳥インフルエンザ:WHO、中国当局の感染情報隠ぺいを指摘、「予防対策の遅延を招いた」

 【大紀元日本11月5日】世界保健機構(WHO)は11月1日、中国農業部は国内で発見されている新種の鳥インフルエンザウィルスのサンプルを提供していないと指摘、WHOの鳥インフルエンザの感染状況への追跡
2006/11/05

新型インフルエンザ大流行の場合、ワクチン接種の優先順位は?

 【大紀元日本6月17日】最近、インドネシアの北スマトラ州カロ県クブシンベレン村で、鳥インフルエンザに感染した一家8人のうち7人が死亡した件について、初めに発症した女性が鳥インフルエンザに感染した鶏と
2006/06/17

西アフリカ、脳炎が流行、300人以上が死亡

 【大紀元日本3月13日】西アフリカで今年1月から脳炎が流行し、これまでに300人以上の人が死亡した。 「国境なき医師団」の統計によると、ブルキナファソでは、2千人以上が脳炎に感染し、そのうち246人
2006/03/13

英国:鳥インフル感染予防、タマゴや鶏肉をしっかりと加熱

 【大紀元日本3月2日】フランス等ヨーロッパ各国に鳥インフルエンザ感染の症例が増加したことで、英国食品基準局(FSA)はこのほど、鳥インフルエンザの感染を防ぐために、まずはタマゴの生食を避けて、炒める
2006/03/02

中国:今春、鳥インフルエンザ大規模発生の可能性

 【大紀元日本2月22日】中国農業部長・杜青林氏は20日、北京で開かれた「中国農業部春季重要動物疫病防止」会議で、国内の動物疫病防止作業の進行が厳しい状況に直面していると示し、今春に大規模な鳥インフル
2006/02/22

WHO:中国に鳥インフルエンザのサンプルを求める

 【大紀元日本1月2日】世界保健機関(WHO)は、H5N1型鳥インフルエンザに感染し3人が死亡したと発表した中共政権に対して、鳥インフルエンザ感染情報にかかわるウイルスのサンプルを提供するよう呼びかけ
2006/01/02

米免疫学専門家:中国、鳥インフルエンザ爆心地の可能性

 【大紀元日本12月26日】日本大紀元時報および希望の声ラジオは12月21日、日本外国記者クラブで講演会「中国、インフルエンザの爆心地の可能性、その実情と対応措置」を共同開催、米免疫学専門家フォン・リ
2005/12/26

世界保健機関(WHO):鳥インフルエンザ検体提出を渋る中国に憂慮

 【大紀元日本11月23日】世界保健機関(WHO)の関係者によれば、2004年春以降、中国は外国の研究者の依頼に対して鳥インフルエンザ・H5N1ウイルス検体の提出は行っていないという。専門家らは、この
2005/11/23

新疆:鳥インフルエンザ感染の疑いで、家禽20万匹を処分

 【大紀元日本11月15日】中国北西部の新疆ウイグル自治区ウルムチの郊外に11日、鳥インフルエンザ感染の疑いによる鶏の大量死が発生したという。香港メディアによると、13日午後、感染地のウルムチ県とカシ
2005/11/15

鳥インフルエンザ専門家:世界的流行を懸念、アジアの対応策不備などを指摘

【大紀元日本11月8日】英語版大紀元はこのほど、カナダ伝染病研究の権威アリソン・マクギーア(Alison McGeer)氏を取材した。同氏は「鳥インフルエンザの世界的流行に備え、早期予報する警報システ
2005/11/08

ブッシュ米大統領、鳥インフルエンザに先手

【大紀元日本11月2日】米国大統領ブッシュ氏は、米国内での鳥インフルエンザ流行に備えて米議会に対し71億米ドルを緊急歳出するよう求めた。米国VOAが伝えた。 ブッシュ大統領は1日、ワシントン郊外の米国
2005/11/02

中国:鳥インフルエンザ、武装専門部隊を準備

 【大紀元日本9月21日】インタネットからの情報によると、中国政府は7月以降、鳥インフルエンザウィルスの拡散を想定した訓練のために、武装専門部隊の編成を計画し、既に全国各地の武装警察及び一部の軍隊より
2005/09/21

問題のワクチン、中国22省に出荷

 【大紀元日本7月2日】安徽省泗県では先日、A型肝炎予防のワクチン接種を受けた四歳六ヶ月の女児が死亡し、三百人の学生が体調不良を訴える事件があったが、被害は更に拡大している。当局の追跡調査によると、同
2005/07/02