中国共産党の暴政に挑んだ法輪功の4.25平和的陳情に感動=元北京大学教師

今から25年前の1999年4月25日、法輪功の学習者たちが中国共産党の政治的中枢「中南海」で陳情を行った。その現場に立ち会ったオーストラリアの法学者で元北京大学教師である袁紅冰氏はその時に受けた深い印象を語った。
2024/04/26 寧海鐘, 駱亜

迫害に負けず四半世紀、法輪功学習者がパレード 「信じる道あゆんで」沿道から声援

中国共産党による法輪功迫害が25年目に突入するなか、日本の法輪功学習者は21日、東京都内で平和的なパレードを行なった。精神修養による鍛錬と健康増進の高い効果により、法輪功は日本社会でも広がりを見せている。
2024/04/23 Wenliang Wang

罪なき陳情者を精神病院に監禁 迫害の末に殺害=中国

2024年3月29日、福建省福清市出身の陳情者・王愛英さんは精神病院で毒物注射や薬物の強制投与などの迫害を受けて死亡したことがわかった。
2024/04/08 李凌

罪なき陳情者を「市中引き回し」に 時代錯誤な仕打ちに、沿道の市民から怒りの声=中国 重慶

中国における「市中引き回し」は、かつて清朝のころまで行われていた前近代的な蛮風である。それが最近、重慶市で行われたという。
2024/03/23 李凌, 鳥飼聡

不正を訴える陳情民への卑劣な弾圧 病気治療にまで干渉する地元当局=中国

中国の地方政府は、陳情者を黙らせるために、いろいろな手を尽くしている。持病のある陳情者に、治療を受けさせない事例もある。
2024/03/22 李凌, 鳥飼聡

政府を提訴する原告家族を襲ったのは、政府の職員たち 裁判所へ向かう途中で=中国 山東

今月10日、張楓英さんとその家族は、山東省政府を訴えるために裁判所へ向かう途中、政府職員を含む20数人の暴漢に襲われ、負傷した。
2024/03/20 李凌, 鳥飼聡

「両会は、閉幕したものの」 今も拘束され、行方不明になっている地方からの陳情者たち=北京

中国共産党の重要会議「両会」は今月11日に閉幕した。しかし、地方から北京を訪れた陳情民のなかには、拘束されたまま行方不明になっている人もいる。
2024/03/15 李凌, 鳥飼聡

「両会」での直訴者を弾圧する地方政府 拉致、監禁、殴打、拷問による自殺未遂者まで=北京

毎年恒例のことだが、北京で重要会議があるときには、その開催にあわせて中央に直訴するため、全国各地からの陳情者が北京に殺到する。
2024/03/13 李凌, 鳥飼聡

中国ワクチン被害者の叫び今も 中共政府の弾圧により、長く険しい権利擁護への道

コロナワクチン被害者が中共政府に対して求める事実認定と補償問題など、被害当時者による権利擁護への長く険しい「闘い」は今も続いている。
2024/03/10 李凌, 鳥飼聡

北京へ陳情したワクチン被害児童の親に「懲役4年」の重い判決=中国 河北

接種したポリオワクチンにより、息子が重篤な健康被害を受けたことで陳情を行った母親、賈小玉さんに対し「懲役4年」の重い判決が下された。
2023/12/16 李凌, 鳥飼聡

陳情局内での惨劇 地方当局が雇った要員が、陳情民の頭を「かち割る」=中国 四川

12月9日、四川省成都市にある省の陳情局内で、地方当局が雇った要員が陳情民を襲撃し、その頭を「かち割った」とみられる凶悪事件が起きた模様だ。
2023/12/16 李凌, 鳥飼聡

在米華人に伸びる「中共からの魔手」 国内の親族を人質に、圧力をかける

サンフランシスコでの抗議活動に参加する華人たちに圧力をかけるため、中国内にいる家族や友人が、現地公安から脅迫されていたことがわかった。
2023/11/17 李凌, 鳥飼聡

陳情民が拘束中に不審死 「臓器を抜き取られたか?」とネットで噂に=中国 福建

福建省福州市の陳情民の葉鐘氏が、公安による拘束中に死亡した。そのことについて「葉氏の臓器は、全て抜き取られた」とする噂が拡散され、物議を醸している。
2023/11/13 李凌, 鳥飼聡

汚職官僚を告発した高齢女性 告発部門の警備員に暴行されて重傷=中国 福建

今月18日、福建省福州市に住む高齢女性が、地元の汚職官僚を告発しようと市の陳情部門を訪れたところ、複数の警備員によって暴行され重傷を負った。
2023/10/25 李凌, 鳥飼聡

あまりにも信じ難い「実話」 入院中の陳情民を、地元警察が病室から拉致=北京

9月27日、北京の病院に入院していた江蘇省からの陳情民・許冬青さんが、病室に押し入った複数のニセ医師によって、拉致されたことがわかった。
2023/10/05 李凌, 鳥飼聡

内部告発した直後に受けた「殺害予告」 誰がリークしたのか?=中国 山西

今月27日、SNSに流出した「殺害予告」の録音が物議を醸している。この「殺害予告」は、山西省のある人が内部告発をした直後に受け取ったという。
2023/09/29 李凌, 鳥飼聡

「陳情民と間違えられた高齢女性」公安の暴行で腰椎骨折の重傷=北京

今月1日、河北省出身の高齢の女性が、陳情民に間違えられて、北京に送り込んだ地元公安から腰椎が砕けるほどの暴行を受けたことがわかった。
2023/09/28 李凌, 鳥飼聡

ついに内部告発 陳情局の職員が「地元役人の汚職」をネットに暴露=中国 陝西

中国において、民衆による陳情は合法的な権利である。しかし実際に、そうした陳情が社会の浄化に役立っているかと言えば、全くそうではない。
2023/09/24 李凌, 鳥飼聡

「10・1」間近の北京 陳情者を阻止するため、警察が宿泊所を「深夜に急襲」

今年も中国共産党にとっての建国記念日(10月1日)が近づいている。その敏感な日を控えるなか、北京では恒例の「陳情民の排除」が行われている。
2023/09/22 李凌, 鳥飼聡

チチハル崩落事故 学校前の「追悼品」を当局が撤去、ネット上では非難殺到 

チチハル体育館崩落事故の犠牲者を追悼するため、全国の市民から花束や飲み物などの追悼品が大量に送られてきた。その追悼品が7月30日、当局によって全て撤去された。
2023/08/02 李凌, 鳥飼聡

チチハル体育館崩落事故 広がる政府批判、沸騰した民意は「爆発寸前の火薬庫」か

チチハルの体育館崩落事故で、犠牲となった中学生を追悼する民意は中国全土に広がった。それは同時に、当局に対する民衆の怒りを内包する「火薬庫」にもなっている。
2023/08/01 李凌, 鳥飼聡

チチハル崩落事故 続報 「陳情しない誓約書」に署名しなければ、我が子の遺体にすら会えない

黒竜江省チチハルの体育館崩落事故で、犠牲になった生徒の保護者が「陳情しない誓約書」に署名しなければ、我が子の遺体にすら会えない事態に。保護者の不満が噴出している。
2023/07/27 李凌, 鳥飼聡

政府庁舎前で単独抗議する「車椅子の女性」 陳情をして、不当に年金を止められたか?=中国・浙江省

寧波大学を定年退職した教師・華秀珍さんは今月9日、政府庁舎前の路上で、ただ一人、抗議の文言が書かれた紙を掲げ、年金の返還を求めた。
2023/05/18 李凌, 鳥飼聡

【インフォグラフィック】法輪功迫害 1億人はなぜ、ターゲットにされているのか?

史上最悪な人権侵害である法輪功迫害はどのように始まり、現代中国社会にどのような影響をもたらしたのか。その実態をまとめた。
2023/04/25

迫害停止を求めて四半世紀 法輪功学習者のパレードに支持の声

中国発祥の気功修煉法「法輪功」の学習者は22日、東京都内でパレードを行い、24年間続く迫害に終止符を打つよう求めた。
2023/04/25 Wenliang Wang, 大道修