「議員こそ矢面に立つべき」 務台俊介衆院議員、真の日中友好の在り方を指摘

「日中友好協会の活動内容は、中国共産党や中国大使館のプロパガンダの垂れ流しになっている」。務台俊介(むたい・しゅんすけ)衆院議員はこのほど、エポックタイムズの取材に応じ、日本の各地域にある「日中友好協会」の役割について、本来の日中友好の精神に立ち返るべきだと指摘した。
2024/04/19 Wenliang Wang

「道路はボロボロ」国民は不満…ソロモン諸島総選挙、親中派の去就が焦点

17日にソロモン諸島で総選挙が行われる。今回の選挙では、好戦的で親中派の現職ソガバレ首相が続投するかどうかが注目される。しかし、国民には中国共産党傾斜と政治腐敗への鬱憤が募っている。

全米を標的とした中国共産党の浸透工作…米下院委員会、「政府全体の取り組み調査」を開始

米下院監視・説明責任委員会のジェームズ・コマー委員長(共和党)は13日、中国共産党の浸透工作に対する連邦政府機関の取り組みについて、同委員会が「政府全体にわたる調査」を開始したと発表した。

台湾政治家、中共に情報機関の名簿を売り渡す…検察が起訴

台湾桃園地方検察署は3月1日、今年1月の立法委員(国会議員に相当)選に無所属で立候補した馬治薇氏について、中央官庁や情報機関の名簿を中国共産党に渡し、見返りとして政治活動資金を受け取った容疑で公訴を提起した。
2024/03/06 Wenliang Wang

忘れられた地球の真実(3)10万年前、地球上で宇宙戦争【未解決ミステリー】

約10万年前、人類は暗黒の時代に暮らしていました。当時、地球上には多くの異星人文明が存在し、それらの文明は破壊的な方法でお互いに衝突し合っていました。高度な兵器や技術が大気圏内や宇宙空間で競い合い、空は真っ赤に染まり、大爆発によって広大な地域が平らになりました。このすべてを引き起こしたのは、爬虫類型宇宙人でした。
2023/11/22 扶搖

アングル:豪、中国にない「切り札」で太平洋諸国への影響力行使

オーストラリアは太平洋諸国に対して、中国が決して用意できない「切り札」を駆使して大きな影響力を確保することに成功した。それは移住の機会提供だ。
2023/11/17 Reuters

【プレミアム報道】在韓中国大使館、外国の芸術公演を妨害 卑劣な浸透工作に懸念広がる

韓国の尹錫悦(ユン・ソンニョル)大統領は2022年、米国と関係を強化し、中国共産党(中国共産党)に対して強い姿勢をとることを公約に掲げて当選した。米国発の芸術団が中共から妨害を受けるいま、尹大統領の公約は試練に直面している。
2023/11/08 Eva Fu

中国がトルドー首相を狙った偽情報工作 カナダ外交部「明らかな政治介入であり、干渉だ」

中国がカナダのジャスティン・トルドー首相、ピエール・ポワリエーブル保守党代表を含む下院議員数十人をターゲットにして「スパムフラージュ」工作を行ったことが明らかになった。スパムとカモフラージュの合成語であるスパムフラージュは、ソーシャルメディアを通じてフェイクニュースを流布する方式で繰り広げられる大規模な情報工作を指す。
2023/10/30 Andrew Chen

【独自】ソロモン首相の原発処理水批判は「中共浸透工作が原因」 来日の政治重鎮が指摘

南太平洋の島国・ソロモン諸島の首相による日本の原発処理水への批判は、中国共産党の浸透工作によるものであると、来日した現地政治家が指摘した。
2023/10/06 Wenliang Wang

台湾の退役青年が徒歩で島内を一周中 中共の脅威に備え「台湾人の結束」を呼びかける

軍服姿の青年が、台湾のあちこちに現れている。彼らは徒歩で台湾島を一周して、中共の脅威に警鐘を鳴らすとともに、台湾人の結束を呼びかけている。
2023/08/30 李凌, 鳥飼聡

中国による米国大学への浸透 悪の見えざる手が皆を支配する(1)

高等教育施設に対する中国共産党の浸透工作について、米国の専門家らは改めて警鐘を鳴らした。留学生などをスパイとして利用し先端技術を盗むいっぽう、米国の学生には左派的イデオロギーを教え込み、自国に対する認識を人知れず変えている

「目を覚ます時だ。中国市場への幻想を捨てよ!」 台湾商人からの明確な提言

中国で豊富なビジネス経験をもつ台湾商人の吳丹文(仮名)さんは「中国市場に対する幻想を捨てよ!」と警告を発し、中国に行く必要など全くないと結論づけた。
2023/08/16 李凌, 鳥飼聡

FBIが警戒する中国共産党の浸透工作 著名な親中共華人が逮捕

華僑社会のリーダー達がFBIの捜査中に証拠隠滅を図り、外国代理人登録の不履行と司法妨害で起訴されました。
2023/08/14 Hannah Cai, Olivia Li

【インフォグラフィック】中国共産党の超限戦とその恐るべき手法

中国共産党はかねてから「戦わずして勝つ」との思想のもと、米国をはじめとする自由主義諸国に非正規戦を仕掛けてきた。世論操作や偽情報、「戦狼外交」などは序の口に過ぎない。旧ソ連から伝承された秘密工作の数々は、中国で出版された書籍『超限戦』のなかで詳しく記述されている
2023/03/04