ヘイリー氏、代議員にトランプ氏への投票を訴え

元共和党大統領候補のニッキー・ヘイリー氏は7月9日、自身が獲得した97人の代議員に、前大統領トランプ氏を支持するよう呼びかけた。
2024/07/10 Jackson Richman

トランプ前大統領、ヘリテージ財団の「プロジェクト2025」から距離を置く発言

7月4日、トランプ氏はヘリテージ財団のシンクタンクが推進する「プロジェクト2025」と関係ないと述べた。
2024/07/06 Jack Phillips

元検察官 免責判決でトランプ氏の裁判が選挙後に延期されるかも

トランプ氏の免責判決を受け、複数の法律アナリストや元連邦検事は、裁判は11月の選挙前には行われない可能性が高いと示唆した。
2024/07/03 Jack Phillips

紛糾するトランプ前大統領への緘口令 是非は公聴会に

米国地裁判事エイリーン・キャノン(Aileen Cannon)氏は、6月24日にフロリダ州南地区のトランプ前大統領の釈放条件を修正する検察官の要請について公聴会を開く予定だ。
2024/06/25 Catherine Yang

2024年米大統領選挙初の討論会 注目の6ポイント

アメリカの現職大統領と前大統領が来週木曜日(6月27日)に歴史的なテレビ討論を行う。両候補は全国世論調査でほぼ互角の支持を得ており、この初の討論会は非常に重要な局面となっている。
2024/06/23 李皓月

ハンター・バイデン氏、銃器購入時の虚偽申告で有罪判決

米バイデン大統領の次男であるハンター・バイデン氏(54)が、銃器を購入する際に薬物中毒であることを隠したとされる事件で、米デラウェア州の連邦地裁は11日、3つの罪で有罪判決を下した。
2024/06/12 Jacob Burg

トランプ氏「懲役刑でもOKだ」実刑判決の可能性に言及

「良い知らせは、資金調達における前代未聞の記録を打ち立てたことだ。世論調査のようなものだ」「人々はわかっている、本件は詐欺だと」。評決後24時間でトランプ陣営への寄付は5400万ドル(約84億6328万円))にのぼった。
2024/06/10 Catherine Yang

ダーショウィッツ氏、トランプ氏が最高裁への上訴を迅速に進める可能性があると発言

トランプ前大統領の有罪判決に対する控訴がどのように進行するかについての憶測が広がる中、ハーバード法学部の元教授アラン・ダーショウィッツ氏は、前大統領がプロセスを迅速化し、11月の大統領選挙前に米国最高裁判所に事件を持ち込む方法があると述べた。
2024/06/07 Tom Ozimek

トランプの有罪判決受け 激戦州共和党の決意強まる

激戦州の共和党リーダーたちは、トランプ前大統領の有罪判決に動じていない。それどころか、政治的な戦いに向けてより一層準備を整えている。
2024/06/07 Beth Brelje

【プレミアム報道】トランプ氏の有罪判決、激戦州の考えを変えないかもしれない

ミシガン州とウィスコンシン州の無党派層の有権者は、有罪判決そのものよりも、どの候補者が大統領職にふさわしいかを判断することに関心があった。

トランプ氏、アサンジ被告の恩赦「真剣に検討」

トランプ氏は25日に、再選されたらウィキリークス創設者ジュリアン・アサンジ氏への恩赦を「非常に真剣に」検討すると発言した。

バイデン、トランプ両氏、黒人有権者へのアピール強化

バイデン大統領とトランプ前大統領は、複数の激戦州で接戦している。両氏は黒人票の獲得に向けて積極的なアピールを展開している。

トランプ氏告訴を『直ちに』取り下げるべき ロムニー氏が大統領に提案

米上院議員ミット・ロムニー氏は、もし自分がバイデン大統領の立場であれば、トランプ前大統領を即座に恩赦し、彼に対する告訴を取り下げるよう地方検事に圧力をかけるだろうと語った。
2024/05/24 Ryan Morgan

ニューヨーク判事、トランプ裁判の終了時期明かす

トランプ氏のニューヨークでの刑事裁判を担当するフアン・メルチャン判事は、証人候補で元FEC委員のブラッドリー・スミス氏がこの事件や連邦選挙法について意見を述べることが許されないとの裁定を下した。
2024/05/22 Jack Phillips

【プレミアム報道】なぜアメリカの1960年の選挙人団は勝利し、2020年の選挙人団は失敗したのか?

多くのアメリカ人は、いまや1960年の選挙についてあまり覚えていない。 また、2020年の選挙が1960年の選挙と非常に似ていることに気づいている人も少ない。
2024/05/18 Lawrence Wilson

バイデンとトランプTV討論会で対決、6月と9月で両候補合意

史上最も早い時期に行われる大統領テレビ討論会が6月27日にCNNで開催されることが確認された。
2024/05/18 Chase Smith

トランプ氏 「沈黙の多数派」の支持を示唆

ラジオ番組のヒュー・ヒューイットとの対談中、トランプ氏は1969年にリチャード・ニクソン元大統領によって広められた表現を引用し、「史上最大の沈黙の多数派」を持っている可能性があると主張した。
2024/05/17 Jack Phillips

主要検察側証人コーエン氏、トランプ裁判で証言(上)

トランプ前大統領に対する裁判で、検察側はこれから2人の証人を呼ぶ予定。今週の裁判では、マンハッタン地区検察の承認、マイケル・コーエン氏による詳細な証言が予想される。
2024/05/15 Catherine Yang

【寄稿】米大統領選に左右される日米韓の三角関係 「もしトラ」で在韓米軍撤退に現実味か

歴史的な経験から、米国が共和党政権になったとき、韓国が左翼政権になれば、在韓米軍撤退が進展することになる。2024年米大統領選の結果によっては、日本を取り巻く国際環境が大きく変化するのだ。
2024/05/13 鍛冶俊樹

【プレミアム報道】民主党は「これ」が2024年の選挙で勝利する戦略であると信じている

民主党は中絶問題を2024年選挙の中心的争点とし、主要激戦州で投票イニシアティブ(住民発議)を立ち上げて選挙戦を展開している。

【プレミアム報道】「ケネディは私たちの声」: ボビー・ケネディに投票する理由を語る5人

エポックタイムズは、2024大統領選挙でボビー・ケネディを支持する5人の異なる年齢層と階層の人々に取材した。彼らはそれぞれ異なる観点から支持の理由を語った。
2024/05/06 Jeff Louderback

トランプ氏、裁判で証言しない可能性を示唆

トランプ前大統領は5月2日、裁判で自身の弁護のために証言するかどうか尋ねられた際、裁判で証言しない可能性を示唆した。
2024/05/05 Catherine Yang

「有権者に対する重大な冒涜だ」 トランプ陣営が討論会早期開催の拒否を非難

トランプ陣営は4月30日に、大統領討論会委員会が何百万人ものアメリカ人がすでに投票を済ませた後まで討論会の日程を繰り上げようとしないことを「容認できない」「有権者に対する重大な冒涜だ」と非難した。
2024/05/05 Caden Pearson

トーマス判事、特別検察官の任命に対する精査を強化

アメリカ最高裁のトーマス判事が、トランプ前大統領の弁護団に、特別検察官ジャック・スミスが大統領に対する起訴権限に異議を唱えたかどうかを問いただした。
2024/05/02 Naveen Athrappully