トランプ氏銃撃事件 X(ツイッター)上の偽情報と真実を検証

7月13日、アメリカ前大統領ドナルド・トランプ氏がペンシルベニア州で行われた選挙集会中に銃撃され、耳に負傷を負った。直ちに病院に搬送されたトランプ氏の状態について、特勤局は「安全」と発表した。この衝撃的な事件は世界中で様々な憶測を呼び、虚偽情報や噂が飛び交っている。ここでは、現在メディアで広まっている一部の誤情報を検証し、真実を明らかにする。
2024/07/16 徐天睿

【プレミアム】アメリカのオンライン求人市場に潜む罠 偽求人情報の実態とその影響

アメリカの求人市場で偽求人情報が広がり、求職者と企業に深刻な影響を与えている。企業は成長のイメージを偽装し、社員の士気を保つために「幽霊求人」を利用。求職者は無駄な応募に時間を費やし、企業は信頼を損なっている。
2024/06/19 Autumn Spredemann

中共情報戦、最も殺傷力が高いのは「物議を醸す情報」 当局や軍への信頼を揺るがす恐れ

中国共産党による情報戦のなかで最も広範囲に影響するのは「物議を醸す情報」であることが、台湾軍の発表で明らかになった。それらの情報は、共産党の外郭組織や現地の協力者によって拡散され、政府当局や軍に対する国民の信頼を損なうリスクがある。
2024/03/14 Wenliang Wang

米下院、TikTok規制法案の早期成立目指す 利用者への扇動行為が大悪手

米国議会の規制法案に対してTikTokが利用者に抗議を呼びかけ、法案に関する偽情報を拡散したことを受けて、米国下院は審議の迅速化を図る例外措置を導入する。デジタル技術による浸透を図ってきた中国共産党にとって痛手となる。
2024/03/13 Eva Fu

福岡銀行、「取り付け騒ぎ」めぐるSNSの偽情報に異例の注意喚起

ふくおかフィナンシャルグループ傘下の福岡銀行(福岡市)は4日、X(旧Twitter)における「取り付け騒ぎの発生」をめぐる投稿に対して注意喚起を行った。銀行がSNS上の投稿に対して注意喚起を行うことは異例。

能登半島地震を受けて「可能な限り急ぐべき4項目」、高市大臣

高市大臣は、自身が所管する宇宙政策・科学技術政策、そして経済安全保障に関して、可能な限り対応を急ぐべきだと決意を新たにしたものとして、4つの項目をあげた。
2024/02/22 平山ルーク

中共が仕掛ける台湾若者への認知戦 「政治に無関心になるように」

中共(中国共産党)は台湾に対する統一戦線において様々な戦術を用いてい、 そのひとつが真偽混ざりあう情報を流布して若者を狙う認知戦だ。
2023/12/19 李翊, 黄亮戩

EU、Xに本格調査へ 新法下で初 ガザ関連の偽情報巡り

欧州連合(EU)欧州委員会は18日、短文投稿サイト「X」(旧ツイッター)に対する正式調査に着手した。偽情報の拡散対策に重点を置く。
2023/12/19 Reuters

北海道のイワシ大量漂着…海外で処理水放出と結びつける偽情報拡散 外務省が申し入れ

外務省は、北海道で確認されたイワシの漂着とALPS処理水の海洋放出との関連を示唆する一部英メディアの報道に対し、在外公館を通じて申し入れを行ったことを明らかにした。
2023/12/14 佐渡道世

ロシアが世界中で選挙妨害、米情報分析を100カ国超に通知

米政府は20日、ロシア政府がスパイやソーシャルメディア、国営メディアを活用し、世界中の民主的選挙の正当性に対する国民の信頼を損なわせているとする情報機関の分析報告書を公表した。既に100カ国超に通知した。
2023/10/23 Reuters

【プレミアム報道】気候変動に関する「議論の余地もない」時代は終わった(2)

人為的な要因が地球温暖化を引き起こしているとの主張に疑念を投げかける科学論文が発表された。しかし、人為的温暖化論を唱えるコミュニティーはSNS上で論文の著者を激しく攻撃するなど、論争が巻き起こっている。
2023/10/22 Alex Newman

中国企業、SNSで中国共産党の世論操作に協力=豪研究所

中国共産党による西側民主主義国家へのサイバー空間における影響力工作は近年「より頻繁に、より巧妙に」なっていることが、豪シンクタンク「豪戦略政策研究所(ASPI)」の報告書によって明らかになった。
2023/05/15 Cindy Li

嫌がらせ、プロパガンダ拡散…中共幹部ら40人以上を追訴=米司法省

米司法省は17日、米国在住の民主活動家らへ言論封じや越境弾圧に従事したとして、中国の公安省の職員ら計44人を追訴したと発表した。
2023/04/18 Andrew Thornebrooke

TikTok、「おすすめ」動画にウクライナ情勢の偽情報を表示=米調査機関

ウェブサイトの信頼性を評価する米国の民間調査機関、ニュースガード(NewsGuard)はこのほど、TikTok国際版は、ウクライナでの戦争に関して誤解を招くコンテンツをユーザーに提供していると指摘した。
2022/03/23