代替甘味料、心と脳に悪影響? 新研究が示すリスク

米国の非営利学術医療センター、クリーブランドクリニックの最新研究によると、砂糖の代わりとして人気のキシリトールを多量に摂取することは、心筋梗塞や脳卒中、その他の心血管系疾患のリスクを高める可能性があると指摘されています。
2024/06/19 Amie Dahnke

自閉症:症状改善につながる食事法

自閉症の症状を管理するために家族が利用するツールのリストの中で、栄養は相変わらず最も重要な位置を占めています。これにもかかわらず、矛盾した情報や混乱が続いています。
2024/06/08 Amy Denney

近隣同士でコミュニケーション 植物は脅威を感じた時に警告を発していた=埼玉大学

日本の科学者は、禅の機密を解明することに熱心なようです。森の中で木が倒れたとき、周囲に誰もその音を聞いていなくても、確かに音が発生するか、より正確に言えば、香りが発生します。
2024/05/26 Michael Wing

楽観的な性格が長寿につながる?90歳以上生存の秘密

多くの人が長寿を望んでいます。少なくとも90歳まで生きたいと考える人もいますが、この願望が実現するかどうかは、多くの要因に左右されます。その中には、楽観的な心構えを維持することも含まれる可能性があります。最近の研究では、楽観的な人々の方が90歳以上まで生きる可能性が高いことが発見されました。
2024/05/24 陳俊村

ナッツ選びで心健康:最高の栄養価を持つナッツとは?

多くの研究が示唆しているように、ナッツは心血管疾患およびそれによる早期死亡のリスクを低減する効果があります。ナッツを食べることの利点はどれくらいあるのでしょうか?なぜそんなに良いのでしょうか?注意すべき点は何でしょうか?
2024/05/20 Ellen Wan, Jingduan Yang

アブラナ科野菜:脳卒中の予防と回復に役立つか

アブラナ科の野菜は、その脳卒中の予防効果で知られていますが、研究者は、一部の人気が低い野菜が脳卒中のリスクを低減し、さらには脳卒中症状を逆転させるのに役立つ可能性があることを発見しました。
2024/05/16 Jessie Zhang

乳酸菌でCOVID-19対策!感染予防と症状緩和の可能性

新型コロナウイルス(COVID-19)が世界中に広がり続けている。最近の研究で、プロバイオティクスは、新型コロナワクチンを接種していないが、感染者と接触したことのある人の感染リスクと症状を軽減することがわかった。
2024/05/08 Ellen Wan

一般的な胃腸薬が引き起こす意外な副作用:偏頭痛リスク増か?

胃酸逆流の症状を抑える等、一般的な胃腸薬を服用している人は、知らず知らずのうちに偏頭痛を発症するリスクを高めているかもしれません。 このような一般的な治療薬と偏頭痛との関連性について、アメリカ神経学アカデミーが発行する「Neurology Clinical Practice」オンライン版に掲載されました。研究では、胃腸薬が偏頭痛を直接引き起こすとは断定されていないものの、両者の間には何らかの関連があるのではないかと考えられています。
2024/05/02 Amie Dahnke

中国専門家が致死率100%のウイルスを開発 一体何が起こっているのか?

中国の軍関連研究チームが今月初、マウスに対して100%の致死率を持ち、人間に感染する可能性がある新型コロナウイルスを開発したとする論文を発表し、国際的に波紋を呼んでいます。研究チームはその後、論文を修正し、「致死」などの言葉を削除しました。
2024/04/22 Ellen Wan

長寿の秘訣:イタリアの研究者が解き明かす、100歳までの生き方

35年に及ぶ研究で、100歳まで生きる方法に迫る成果を積み重ねてきました。
2024/04/18 李言

日本人対象 奨学生募集開始「アメリカの大学で日本語を教えてみよう」

来年2025年の夏から9カ月間、アメリカの大学で日本語を教えながら、英語力と外国語を教えるスキルを高める、学位取得を目的としない給付型の奨学金プログラムです。将来、日本の英語教育に貢献したい人材を求めています。
2024/04/18

薬の効果は信じる力で変わる? 最新研究が明らかにする心の影響

最近の研究で、薬物を信じる度合いが、その薬物の効果や脳への反応の仕方に影響することが示されています。
2024/04/16 Emma Suttie

口腔ケアが命をつなぐ!歯磨き習慣が心臓病リスクに影響

口腔衛生を軽んじてはならず、歯磨きは心臓病やがんを含む様々な慢性病との関連が指摘されています。最近の日本の研究によると、就寝前の歯磨きが特に重要で、歯磨きの習慣が心臓病患者の生存率に影響を及ぼしていることが明らかになりました。
2024/04/15 Ellen Wan

発散しても怒りは減らない? 効果的なイライラの解消法

人々は怒りを感じた時、物を壊すことで感情を解放し、落ち着こうとすることがあります。しかし、研究によれば、この方法で感情を発散しても怒りを消すことはできないとし、興奮を鎮める活動を行うことでのみ、怒りを解消することが可能です。
2024/04/14 陳俊村

宇宙放射線測定で地震を予測する

もし科学者が地震の発生場所と時間を予測する方法を見つけることができれば、強い地震による被害は大幅に減少する可能性があります。 2016年にポーランドの科学アカデミー原子核物理学研究所(IFJ PAN)によって立ち上げられたCREDO(Cosmic-Ray Extremely Distributed Observatory)プロジェクトは、宇宙放射線の測定を通じて地震を予測する方法に力を注いでいます。
2024/01/31 林達

リンパマッサージシリーズ(2) 健康に重要な役割を果たすリンパ

前回は、リンパ系と消化器系の関係についてご紹介しました。消化器系に不可欠な要素として、リンパ系は食べ物を処理し、消化管内の環境を健康に保つのを助けます。

人生の生きがいを探求すると免疫力と心臓血管の健康が向上する (2)

人生の目的意識は免疫力を高め、健康を守ります。マインドフルネスや生きがい意識はうつ病予防にも効果的であり、喫煙は目的欠如から生じる行動です。

研究で明らかに!?犬が攻撃的になるのは飼い主が影響している可能性が高い

犬は人間の親しい友とされていますが、犬に噛まれる事件はたびたび報道されています。研究によると、これら攻撃的な悪い犬の飼い主も性格が悪い可能性が高いとされています。
2023/06/05 陳俊村

研究:ジャンクフードをよく食べるほど、健康的な食べ物が嫌いになる

高脂肪・高糖分の食事は健康問題を引き起こすだけでなく、脳にも変化をもたらし、ジャンクフードを好むようになることが専門家によって発見されました。アメリカのイェール大学とドイツのマックス・プランク代謝研究所による共同研究によると、高脂肪・高糖分の食べ物を頻繁に摂取することで、脳の報酬系回路が再構築されることが示されました。

歩きながら話すのが難しい? ハーバード研究:認知症の前兆かも

アルツハイマー病(一般的に認知症として知られている)は、高齢者の一般的な退行性の脳疾患であり、関連症状を早期に発見することがその後の治療に役立ちます。新しい研究によれば、歩きながら話すのが難しい場合、これは脳の認知能力の低下の兆候であり、さらには認知症の前兆である可能性もあります。

研究:屋外で光を浴びると睡眠に役立つ

大学生を対象にした一つの研究によれば、曇りの日でも昼間に外を散歩すると睡眠を助ける効果があることが示されています。 「Journal of Pineal Research」誌によると、この研究でワシントン大学の学生たちは、冬は夜遅く就寝し、朝も遅く起きる傾向があることがわかりました。その原因は冬、シアトルのキャンパスの昼間の時間が短く、また曇りの天気が多い事です。

健康的に飲める水の量は? 研究から分かる1つの要因とは

毎日十分な水を飲まない大人は、慢性疾患にかかりやすく、老化しやすく、若くして死ぬ可能性が高いことが、大規模な研究で明らかになりました。 2023年1月2日に発表されたこの研究は、30年間にわたって1万1255名の成人の健康状態を縦断的に分析したものです。 論文の主執筆者である米国心肺血液研究所(NHLBI)心血管再生医学実験室のナタリア・ドミトリエヴァ研究員は、「適切な水分補給が老化を遅らせ、健康的に生活できる期間を延ばすことができることを示した」と述べました。
2023/03/08 Jessie Zhang

人間の脳に「スーパーコンピューティング」が存在?!

実は、脳細胞は現在の速度、位置、方向などの情報を総合分析し、数十億の複雑な計算をしなければなりません。これはすでにNASAの計算能力を超えています。人間の脳は常に人類の研究課題であり、そして、解明することのできない謎とされています。
2022/12/09 李少維

コーヒーにはこんな効果があった!死亡リスクが低くなるわけとは

科学者の研究により、毎日コーヒーを飲む人は死亡リスクが低く、痛風になるリスクも低いことが分かっています。

米研究 飲めば飲むほど脳が萎縮? 脳容積と飲酒量に関連性

米ペンシルバニア大学(University of Pennsylvania)など複数の大学の研究者が共同で行った研究によると、1日1杯のアルコール飲料の摂取で脳萎縮が見られることがわかりました。
2022/03/17