眠れる夜へ:トマトを活用した不眠解消レシピ

立夏を迎えると、夏という最も暑い季節が始まります。夏は五行説では「火」に相当し、心臓に関連しています。そのため、暑さで体が熱くなりやすく、不眠の症状が出やすくなります。眠れなかったり、途中で目が覚めたり、夢を多く見てぐっすり眠れなかったりすることがあります。
2024/05/21 白玉煕

よもぎ団子で迎える健康と幸運の春

よもぎと小豆は、漢方と日常生活において重要な役割を果たしてきました。二つの組み合わせはその味に魅力があるだけでなく、そのユニークな性質を活かして体のバランスを整えてくれます。
2024/05/05 白玉煕

キャベツの隠れた力:古代の知恵が語る「万能野菜」

現代社会は、ストレスや様々な疾患に直面しており、多くの人々が健康への不安を抱えている状況にあります。しかし、私たちの身近な食材には、そんな不安を和らげる力を持つ意外なヒーローが存在します。それが「キャベツ」です。
2024/05/04 白玉煕

春になるとイライラしやすい?タンポポは肝臓の宝物

医学の専門家は、春は特に肝臓のケアを重視すべきで、タンポポは肝臓に最適な食材だと述べています。
2024/03/21 張鐘元

体が喜ぶ旬野菜

立春が過ぎると、植物は開花に向けて成長する時期に入ります。人間の身体も同様に、春夏に向けて体内の新陳代謝が活発になり、血液の量も増えます。漢方では、冬を過ごした身体は陰陽のバランスを整えることが大事であるとしています。

【伝統が紡ぐ養生料理】「たけのこの木の芽和え」と五行の力

「たけのこの木の芽和え」は京都発祥の春の伝統的な郷土料理です。千年の歴史を持ち、陰陽説や五行説に基づき、中国・唐の時代に伝わる養生料理の一つです。
2024/03/19 白玉煕

咳や痰、アトピー性皮膚炎などに悩まされる秋 肺の調子が悪いと老けやすくなる?

寒くなり乾燥する秋は、咳や痰、アトピー性皮膚炎や鼻アレルギーに悩まされる人も多い。秋の節気の養生のための活用方法を、郭大維院長は、6つの養生法と食事療法のレシピを紹介しています。
2023/09/19 Amber Yang, JoJo Novaes

冬には腎臓に良い黒豆を食べましょう!6つの健康効果と正しい調理法

漢方では"黒豆 "は人体の腎臓やその経路の働きを助けるとされています。冬は腎臓を養うのに良い時期です。現代の研究では、黒豆は抗酸化物質、食物繊維、タンパク質、炭水化物を豊富に含み、その栄養価は通常の大豆(黄豆)に匹敵し、豆を多く含む食事を摂ることで多くの深刻な病気のリスクを軽減できることが分かっています。黒豆には、血糖値を下げる、心臓を守る、ダイエットや美容など6つの効果があります。
2023/02/22 蔡雅

冬季の食養生 山芋鶏湯【料理】

今年も、いよいよ冬本番になりました。このメニューは、冷え性、疲れやすい、皮膚が乾燥しやすい、アレルギー、風邪を引きやすい方の体質改善に効果があります。

「あなたも気をつけて!」深夜スマホは不健康の元凶

現代社会の人は、1人1台のパソコンをもち、さらには複数台のスマートフォンやiPadを持っており、それらの機器は、仕事や交友に欠かせないアイテムになっている。しかしそれらの電子機器が健康に与える影響はどうだろうか?
2022/03/01

医食同源:漢方からみた「日本の玄米食とぬか漬け」

漢字の「糠」をよく見ると米偏に「康」。つまり、米穀のもつ健康的な栄養素がこの糠に凝縮されていることが分かります。日本には、この糠を発酵させて野菜を漬ける「ぬか漬け」があり、最も健康的な食物の一つとされています。
2022/02/11

「臘八粥」を旧暦12月8日に食べる理由

清王朝の李福氏は、『臘八粥』の詩の中で「朔望月12月8日のお粥は、梵天王国から受け継がれました。7つの宝物と5つの味の美しさが混ざり合っています」と記しており、釈迦牟尼の修煉の話を記述しています
2022/01/31

温故知新の養生の道(2) 心を動じさせない 心が動じると体が疲れる

中国古来の養生の考え方では人生に何があっても「心を動じさせない」ことに重点がおかれた
2021/12/27

温故知新の養生の道(1) 過剰に取らなければ病気を招かない

中国伝統文化の中に健康を維持する方法は多く存在し、有名人から一般の人々まで、すべてこれを大切にしています。では、人々は養生(健康)を維持する方法についてどう思っていたのでしょうか?まずは、古来の養生方法をご紹介します
2021/12/27

「養」生を語る

「養」という文字を見ると、物質的には「養」の上の部分は「美」の文字、下の部分は「食」の文字で、合わせて「美食」となり、「養」には物質的な意味と精神的な意味があることがわかる。
2021/12/09

「どうも疲れがとれない」漢方医学があなたを元気にします

特に病気でもないのになかなか疲れが取れない。この原因不明の疲労は漢方から見ると気虚、血虚、陰虚、陽虚と4つのパターンがある。そのそれぞれのパターンについて対策法を説明する
2021/11/04

「おいしい秋みつけた」夏に疲れた体を養生する食事法

日本には、秋口(あきぐち)という言い方があるそうですね。はっきり定められていないそうですが、およそ秋の初めの頃。ちょうど今頃の、9月下旬から10月上旬ぐらいの時期のことでしょうか。
2021/09/24

疾病の成因から養生を論じる

昔の人は養生の道(どう)を理解しています。養生は生命の自己管理法であり、芸術でもあります。
2021/05/18

養生の術

世の中に病気の原因は数多くありますが、治療法は限られたものしかありません。現代人の病は様々であり、生理的、心理的、あるいは環境から引き起こされたものがあり、本当に多種多様といえます。
2021/05/17

孫真人の養生法

中国唐代の名医として知られる孫真人は、本名を「孫思ばく」といい、修道者としても有名である。彼は得道して仙人(真人)になり、141歳になった後、仙界に帰ったという言い伝えがある。
2020/04/30

骨粗鬆症に良い薬膳

加齢とともに起きる身体の機能退化には、薬物(治)療法より、日ごろの養生がもっと大切かもしれない。薬膳はさまざまな養生法の中のひとつである。
2020/04/29

春には酸っぱいものより、甘いものを食べるべし?

唐代の名医である孫思邈(そんしばく)は、「春には酸味の食物を控え、甘味の食物を増して脾の気を養うべき」と記しています。それは、酸味の収斂作用は陽気の活動を抑制し、甘味は脾の気を補い陽気の活動を助ける作用があるからです。
2020/03/14

古代には長寿の人たちが存在したのか

洋の東西を問わず、古来の伝説や経典には驚くべき長寿の人物が多数存在する。例えば、旧約聖書にはアダムが930年生きたと書かれ、中国の文献には数百年生きた道士たちの記録がある。
2020/01/25

春には酸っぱいものより、甘いものを食べるべし?

唐代の名医である孫思邈(そんしばく)は、「春には酸味の食物を控え、甘味の食物を増して脾の気を養うべき」と記しています。それは、酸味の収斂作用は陽気の活動を抑制し、甘味は脾の気を補い陽気の活動を助ける作用があるからです。
2019/01/29

100歳まで生きた名医の秘訣

2千年前、名医で知られた華佗は養生の達人でもありました。目も鼻も健康で歯も丈夫だった華佗は、100歳まで生きたと伝えられています。
2018/09/21

古代には長寿の人たちが存在したのか

洋の東西を問わず、古来の伝説や経典には驚くべき長寿の人物が多数存在する。例えば、旧約聖書にはアダムが930年生きたと書かれ、中国の文献には数百年生きた道士たちの記録がある。
2018/09/18

米国在住著名中医学博士の李有甫氏 「養生とは己の徳を高めること」(2)

米国在住の著名な中医学博士で、中国武術の達人でもある李有甫氏が、5年ぶりに香港で「武術と中医学養生講座」を開催した。6月6日と7日にそれぞれ1回ずつ設けられた講座では、李博士独特の道徳養生理論が展開され、観客は熱心に耳を傾けた。その後博士は質疑応答や無料診察も行い、会場は大いににぎわった。
2016/07/20

米国在住著名中医学博士の李有甫氏 「養生とは己の徳を高めること」(1)

米国在住の著名な中医学博士で、中国武術の達人でもある李有甫氏が、5年ぶりに香港で「武術と中医学養生講座」を開催した。6月6日と7日にそれぞれ1回ずつ設けられた講座では、李博士独特の道徳養生理論が展開され、観客は熱心に耳を傾けた。その後博士は質疑応答や無料診察も行い、会場は大いににぎわった。
2016/07/19