がん予防から安眠まで:マンゴーの驚きの健康効果

マンゴーはインドでは古くから神聖な果物とされており、その健康効果は現代の研究でも認められています。特に、がん予防や心臓病のリスクを減らす効果、糖尿病の合併症の予防、そして安眠を促すことが注目されています。
2024/05/25 白玉煕

眠れる夜へ:トマトを活用した不眠解消レシピ

立夏を迎えると、夏という最も暑い季節が始まります。夏は五行説では「火」に相当し、心臓に関連しています。そのため、暑さで体が熱くなりやすく、不眠の症状が出やすくなります。眠れなかったり、途中で目が覚めたり、夢を多く見てぐっすり眠れなかったりすることがあります。
2024/05/21 白玉煕

よもぎ団子で迎える健康と幸運の春

よもぎと小豆は、漢方と日常生活において重要な役割を果たしてきました。二つの組み合わせはその味に魅力があるだけでなく、そのユニークな性質を活かして体のバランスを整えてくれます。
2024/05/05 白玉煕

「ふたたびだんご」で受け継がれる 春の訪れを彩る養生の知恵

この若草色の団子は、ただ目で楽しむだけでなく、桜の花々とともに季節の風情を一層引き立てます。
2024/05/05 白玉煕

キャベツの隠れた力:古代の知恵が語る「万能野菜」

現代社会は、ストレスや様々な疾患に直面しており、多くの人々が健康への不安を抱えている状況にあります。しかし、私たちの身近な食材には、そんな不安を和らげる力を持つ意外なヒーローが存在します。それが「キャベツ」です。
2024/05/04 白玉煕

空を泳ぐ色とりどりの鯉のぼり:その起源と意義とは?

端午の節句に風に揺れる五色の鯉のぼりは、日本の風物詩の一つですが、その起源は古代中国の神話「鯉が龍門を飛ぶ(鯉の滝登り)」に由来します。この節句はもともと男の子の成長を祝う日とした伝統行事です。
2024/05/04 白玉煕

春の恵みを味わう ふきに秘められたパワー

中医学において、ふきはその全体が薬として利用されるとされています。古文書によると、ふきは主に肺を潤し、痰を排出して咳を和らげる効果をもたらします。
2024/05/01 白玉煕

千年の歴史を持つ春の薬膳「ふきの煮物」

愛知県の伝統的な郷土料理である「ふきの煮物」は、平安時代から愛され、千年にわたる歴史を誇ります。
2024/04/30 白玉煕

中国に伝わる漢方の奥義書『黄帝内経』 その神秘的な成り立ちに迫る

中国医学は漢方とも呼ばれており、中国文明とともに数千年の歴史を歩んできました。「気」や「陰陽五行」などの神秘的な概念や人体と宇宙の対応関係、西洋医学とは全く異なる治療法の数々は、今も人々を魅了しています。中医学の根底となるのは、『黄帝内経』と呼ばれる書物です。
2024/04/23 白玉煕

清明節の前日 ――寒食節:忠臣・介子推の心温まる物語

春秋戦国時代に、晋の君主・献公の妃が自分の息子を王位に就かせるために太子を死に追いやりました。第二の公子(君主の息子)である重耳(後の晋文公)も命の危険を感じ逃亡しました。逃亡生活は非常につらいもので、重耳は数々の屈辱を受け、少数の忠臣だけが彼に寄り添いました。その中の一人が介子推です。
2024/04/08 白玉煕

沖縄の清明節、 墓参りと家族の祝宴は同じ日に行われる?

沖縄の清明節は、地域で最も重要な伝統的な祝日の一つであり、この時期には離れた場所にいる家族がほぼ全員が帰省し、祖先を祭ります。沖縄の墓地は比較的広く、多くの親族が集まって先祖を祀ることができます。
2024/04/05 白玉煕

清明節:日本各地では桜を楽しむのに、沖縄だけ祖先を祭る理由とは?

毎年、4月4日または5日に清明節が訪れます。日本で清明節と言えば、沖縄が特に注目され、中国と同様、祖先を祭り墓を清掃する風習があります。しかし、昔の清明節は、桜を愛でながら宴を楽しむといった行事でした。
2024/04/02 白玉煕

自然が授けた「万能薬」 蓮根の驚くべき効能でさまざまな病気を予防

蓮根は漢方医学では「霊根」と称され、血管の詰まりを解消し、血栓の形成を防ぐ効果があるとされています。古くから、「霊薬」として、心肺の調和を図り、さまざまな病気を予防するために民間で用いられてきました。
2024/03/28 白玉煕

ジャガイモの驚くべき効能(下)おすすめの調理レシピ

昔から、冬には体を養うべきだという民間の言い伝えがあります。冬は脾と胃をケアするのに適した時期です。人々は特別な栄養食品がないと心配する必要はありません。日常的にジャガイモを食べるだけで、最も良い養生法です。ここで、伝統的なジャガイモ料理を2つご紹介します。
2024/03/27 白玉煕

ジャガイモの驚くべき効能(上)減量や血糖値の調整に重宝される

ジャガイモはフランスで「大地のリンゴ」という異名を持っています。でんぷんが多区含まれていますが、実際には高繊維で低カロリーの食材であり、リンゴと同じような効果があります。
2024/03/27 白玉煕

ご先祖への供養や、墓参りとは関係なかった あなたの知らない「彼岸」のあれこれ

「お彼岸」は日本特有の伝統雑節の一つで、古来よりご先祖様に供養を捧げに行くという風習です。毎年春と秋の二つの時期に分かれており、それぞれ春分と秋分の前後3日間、合計7日間で行われます。
2024/03/21 白玉煕

【伝統が紡ぐ養生料理】「たけのこの木の芽和え」と五行の力

「たけのこの木の芽和え」は京都発祥の春の伝統的な郷土料理です。千年の歴史を持ち、陰陽説や五行説に基づき、中国・唐の時代に伝わる養生料理の一つです。
2024/03/19 白玉煕

京都発、「たけのこの木の芽和え」の養生物語

「たけのこの木の芽和え」は京都発祥の春の伝統的な郷土料理です。食材は季節に応じており、京たけのこと木の芽(山椒)を組み合わせることで、胃腸を温め、血を補い、代謝を促進する働きを持ちます。
2024/03/19 白玉煕

クルミが、頭から足まで全てを整えてくれた

クルミは、その形が人間の脳に似ていることで知られ、自然から与えられた脳を補い知恵を授ける、長寿のナッツとして認識されています。特に高齢者や学生に最適です。民間では「力の実」とも称し、筋肉を強くし、力を付けることができると言われています。その知恵を授け力を増す効果は、その腎を補い、陽を強くする能力に由来します。
2024/01/31 白玉煕

一杯の味噌汁で免疫力アップ、風邪予防

日本の味噌汁が、人体の五要素の力を動員して免疫力を高め、ウイルスの侵入を防ぎ、風邪や疫病を防ぐ薬膳であることは驚くべきことです。 その背後にある理由は非常にシンプルなので、コロナの流行を背景に調べてみましょう。
2024/01/23 白玉煕

なぜ食材が薬となるのか 

ナスは、現代医学の観点からは単なる野菜、食材であり、薬ではありません。しかし、伝統的な中国医学では、薬として使用することができるため、薬膳という考え方があります。 では、なぜ食材が中国医学では薬になるのでしょうか?実際、中国医学の視点からは、何でも薬になり得るとされています。
2024/01/22 白玉煕

ジャガイモは体重を減らし、血糖値を調整し、糖尿病と闘う

西洋ではジャガイモは「大地のリンゴ」と呼ばれ、でんぷんが豊富でありながら、食物繊維が豊富で低カロリー、リンゴの効果もあり、手軽に入手できるダイエットに効果的な食品です。血糖値を正常な状態に維持するのに役立つ健康食品です。 したがって、体重を減らしたり、2型糖尿病と戦うためにそれを使用する人が増えています。
2024/01/05 白玉煕

腎を鍛えて若返り!

腎に栄養を与えることで、骨粗鬆症(こつそしょうしょう)を予防し、脳と歯を強化し、若々しさを取り戻すことができると思います。
2024/01/03 白玉煕

1日1個のリンゴは心臓を守り、ガンを予防し、健康的に体重を減らす

今日は胡博士がリンゴの素晴らしさについて語ります。 「一日一個のリンゴは医者いらずという言い伝えがあります。リンゴはとても良いものなのですよ」 リンゴを美味しく食べて、身体を健康にする方法を、栄養学と漢方の観点から詳しく解説しましょう。 胡博士は、下痢を和らげるリンゴの調理方法も教えてくれます。
2023/12/19 白玉煕

「安肺寧嗽丸(あんぱいねいそくがん)」桑葉の肺を強化する力について語る

『本草綱目』には、桑葉は天の神「箕星(みぼし:二十八宿の一、箕宿 (きしゅく) の和名)」から変化したもので、「これを食べる老人は子供になる」と記されており、食べると若返ることができるのだといわれていました。
2023/12/12 白玉煕

【張錫純(ちょうしゃくじゅん)の医療記録の解釈】(7)肺膿瘍、喘息、喀血を治す

張锡纯の肺病理論は五行説に基づいており、肺が五大元素の金に属し、火剋金(火と金は相性が良くない)、よって肺の経絡が詰まると、肺に過剰な火が蓄積することになります。これには、排出する方法がなく、肺は最終的に炎症や結核、その他の肺疾患で焼けつくされることになります。 したがって、この仕組みへの治療の考え方は、肺の火を取り除き、経絡を浚渫(しゅんせつ)し、気と血を調和させ、肺を修復することになります。 彼は自ら考案した「清涼华盖饮(清涼飲料水)」を使用して、肺が腐った多くの重病患者を治療しました。
2023/12/07 白玉煕

一粒お米には一つの宇宙 玄妙深く五臓を補う

現代人は米を無価値な炭水化物と軽蔑していますが、実際に、お米は生命なのですよ。一粒のお米は一つのミクロな宇宙として存在します。現代科学の手段では、それを見ることはできませんが、お米の中には、五行のエネルギーが運行するメカニズムが隠されています。精製されていないお米は日本語で「玄米」といいます。それは偶然ではなく、きっと中には「玄妙(道理や技芸などが、奥深く微妙なこと。趣が深くすぐれていること)」があります。
2023/12/04 白玉煕

【張錫純の診療記録の解釈】(3)便秘の根本治療法

中医学には「異病同治」という言葉があり、具体的な症状は異なっていても、根本的な原因が同じであるため、異なる疾病を同じ処方で治療することがあるのです。 これは今日これからお話しする便秘の根本治療のケースであり、前にお話しした不眠症のケースと同じです。 今回、張錫純先生が残した治療ケースは、特定の症状を解消するためだけに薬を使用すると、食道逆流症、摂食障害、嘔吐、鼻血、喘息や咳、めまいなど、さまざまな複雑で治療が難しい病気を引き起こす可能性があることを指摘して、そのことを現代の医師に思い出させるのです。大事なことですね。
2023/12/02 白玉煕

子供たちを肺炎から守れ! 肺を丈夫にする食べ物「豚汁」

肺炎の蔓延により、誰もが危険にさらされていますが、実は日本の伝統料理である「豚汁」は、非常に滋養があり、肺を丈夫にする健康維持効果のある薬膳なのです。 5つの内臓に栄養を与えるだけでなく、肺に蓄積された熱毒の気を除去し、経絡を浚渫(しゅんせつ)し、気と血を調和させ、肺を効果的に保護し、肺炎を防ぎ、よく眠ることができます。
2023/11/28 白玉煕

【張錫純の診療記録の解釈】「風邪と全身性浮腫」を治す

中医学は経絡というエネルギー体系に着目して病気を治療すると述べましたが、エネルギーには陰陽や五行の性質があり、陰陽を調和させる治療法であり、西洋医学とは同列ではありません。だから 現代人は西洋医学の薬理に基づいて漢方を使用すると、望ましい効果を達成することは困難ですが、伝統的な中国医学の薬理に基づいて西洋薬を使用すると、奇跡的な効果が得られます。
2023/11/28 白玉煕