EU裁判所、欧州委の透明性欠如を批判 コロナワクチン契約巡り

欧州連合(EU)の裁判所は17日、4年前の新型コロナウイルスワクチン契約を巡ってEUの執行機関に当たる欧州委員会に透明性が欠如していると批判した。
2024/07/18 Reuters

子宮頚がん予防のHPVワクチン接種後の明らかな重症事例(上)

最も効果的なワクチンの1つとされるHPVワクチン(子宮頚がん予防)接種後に、それまで健康だった子供たちが重篤な傷害を負い普通に生活できなくなった事例に関して、エビデンスとなる文書を紹介していく。

COVID-19とワクチンに起因する稀な自己免疫疾患が増加:研究結果

イギリスのヨークシャー州では2020年から2022年にかけて稀な自己免疫疾患の症例が急増し、2021年にピークに達した。新型コロナへの罹患とワクチンに起因してこの増加が起こった可能性が最近の研究で明らかになった。
2024/06/19 Marina Zhang

米控訴裁判所、コロナワクチンの接種義務化に対する訴訟を再開へ

米国連邦控訴裁判所は、ロサンゼルス学区が導入した新型コロナワクチン接種義務に対する訴訟を再開した。訴訟はワクチンの有効性ににかかっている。
2024/06/12 Zachary Stieber

心筋炎と心膜炎はコロナワクチン接種後にのみ発症、NHSのプレプリントが示す

オックスフォード大学の研究者らが主導した最近のプレプリント(査読前論文)によって、心筋炎と心膜炎はCOVID-19感染後には発生せず、ワクチン接種後にのみ発生することが示された。
2024/06/09 Marina Zhang

新型コロナワクチンが2万人の「超過死亡」の要因である可能性=オーストラリア上院委員会

科学者によると、COVID-19ワクチンとロックダウンが、2020年から2023年の間にオーストラリアで発生した約2万人の超過死亡の「重要な要因」である可能性があるという。
2024/06/08 Nina Nguyen

コロナワクチン被害に関する研究はもうタブー視されてない?

新型コロナ研究所流出説やコロナワクチン被害に関する話題をタブー視する今までの風潮に変化が生じていると、ワクチン業界で10年以上のキャリアを持つ分子生物学者のジョー・ワン氏は指摘している。
2024/06/04 Joe Wang

【独占】検証なき感染症対策の強化を危惧 「国民運動」参加者らが思い語る

WHOや国の権限が拡大し、ワクチン接種を主軸とした既定路線の感染症対策が強化され、言論統制が深刻化することが懸念されている。
2024/06/02 寺田崚平

英国家統計局、ワクチン接種死亡者を未接種者と分類していた=内部メール

英国国家統計局の内部メールによると、政府が2021年に新型コロナウイルスワクチン接種が「安全かつ効果的」であると主張するために使用したデータセットにおいて、死亡したワクチン接種済みの人々の一部をワクチン未接種者として誤分類していた。
2024/06/01 Rachel Roberts

米下院、ワクチン拒否で除隊された兵士を再雇用する法案承認

下院軍事委員会は5月22日、年次国防政策法案の修正案を採択した。通過すれば、国防総省はCOVID-19ワクチン接種を拒否したために解雇された米軍兵士を再雇用しなければならなくなる。
2024/05/25 Caden Pearson

COVID-19ワクチンと視神経脊髄炎:危険な副作用の可能性

ワクチン接種の普及とともに、さまざまな副作用が報告されています。最新の研究は、特定のCOVID-19(新型コロナウイルス)ワクチンが視神経脊髄炎を引き起こす可能性があることを再確認しました。この病気は失明、麻痺、さらには死亡につながる可能性があります。
2024/05/18 Ellen Wan

英アストラゼネカ社がCOVID-19ワクチンの世界的な承認整理を開始

アストラゼネカは最近、英国の裁判所の文書で、同社のワクチン接種が「非常にまれなケースで、血栓と血小板減少を引き起こす可能性がある」と認めた。
2024/05/13 Caden Pearson

【独占】新型コロナワクチンが死亡を引き起こした証拠を米CDCは見つけていた(下)

エポックタイムズが入手した文書と一連の電子メールによると、CDCはワクチン導入直後から、死亡に至ったワクチン接種後の症例に介入し始め、時には検査官の見解を覆していたことが示されている。
2024/05/09 Zachary Stieber

元CNN看板キャスターのクオモ氏、コロナワクチンで健康被害…「非難恐れて皆沈黙」

元CNN看板キャスターのクリス・クオモ氏(53歳)は最近のニュース番組で、新型コロナワクチンを接種した後、健康状態に問題があると述べた。
2024/05/07 Jack Phillips

【独占】新型コロナワクチンが死亡を引き起こした証拠を米CDCは見つけていた(上)

エポックタイムズが入手した内部文書によって、CDCが新型コロナワクチンが複数の死亡を引き起こした証拠を見つけていながら、ワクチンと死亡を結びつける証拠はないと主張していたことが明らかになった。
2024/05/07 Zachary Stieber

新型コロナのスパイク蛋白はがん細胞の生存を助ける=ブラウン大学のプレプリント

SARS-CoV-2(新型コロナのウイルス名)のスパイクタンパク質が抗がん作用を妨げ、がんを促進する可能性があることが、最近発表されたブラウン大学による細胞研究のプレプリント(査読前原稿)で明らかになった。
2024/05/04 Marina Zhang

世界各国の画一的なコロナ感染対策とは何だったのか 

とんでもないおふざけと残酷なディストピアを力づくで押し付けようとする単一の方針が、これほど急速に地球全体を支配したことはない。2020年、コロナウイルスを封じ込めようとする無益な試みによって、これは起こった。
2024/05/03 Jeffrey A. Tucker

日本を襲うコロナワクチン薬害とがん増加… 「世界一律のワクチン推進」に京大福島教授が異議(上)

「医療事情も習慣も制度も各国によって違うのに、WHOが指揮を執って一律にワクチン接種を進めるというのは根本的に間違っています」。先月19日、京都大学名誉教授の福島雅典氏がCMSiのセミナーにビデオコメントを寄せた。
2024/05/02 寺田崚平

子宮頚がん予防のHPVワクチン接種後の明らかな死亡事例(下)

HPVワクチンは、子宮頸がん予防の主な手段として医師から推奨されており、医師をはじめ多くの人々がリスクは存在しないと信じていますが、本当にそうでしょうか?HPVワクチンの一種であるガーダシルに関して検証します。

YouTuber起用したコロナワクチン推奨動画に約3200万円支出、政府が認める

23日、政府は参議院財政金融委員会で、新型コロナワクチン接種を推奨するために約3200万円を支出し、YouTuberなどを起用した動画9本を作成したことを明らかにした。
2024/04/24 寺田崚平

コロナワクチンの修飾RNAががん発生に寄与する可能性

新型コロナワクチンに使用されているmRNAに加える修飾、つまりN1-メチルシュードウリジンへの置換が免疫抑制を引き起こし、がんの発生に寄与する可能性があることを5日に発表された研究レビューが示している。
2024/04/18 Marina Zhang

「被害広げた」 コロナワクチン接種後死亡で集団提訴

新型コロナウイルスワクチン接種後の死亡や健康被害をめぐり、死亡した男女の遺族や健康被害を受けた13人が17日、「国はマイナス情報を事実上広報せず、被害を広げた」として東京地裁に提訴した。
2024/04/18 大道修

パンデミックで踏みにじられた「自由」 取り戻す日本の動きに海外から注目

今、草の根的な国民運動のレベルから学術的な科学研究のレベルに至るまで、パンデミック期間中に実施されたmRNAワクチン接種を始めとする感染症対策を批判的に見直す日本の動きが国外から注目を呼んでいる。
2024/04/16 寺田崚平

日本でコロナワクチン接種後にがん死亡率が増加=新研究(下)

日本で国民の多くが3回目以降のコロナワクチンを接種した時期に、特定のがん種による死亡が超過した。国内の研究者らは査読済み論文で、その要因として考えられる「複数の問題の同時発生」について指摘している。
2024/04/12 寺田崚平

日本でコロナワクチン接種後にがん死亡率が増加=新研究(上)

近年の日本国内におけるがんの増加傾向に関して詳細に調査した研究が8日、国内の研究者らによる査読済み論文で示された。研究は、新型コロナワクチンがリスク増加に寄与した可能性に懸念を示した。
2024/04/11 寺田崚平

子宮頚がん予防のHPVワクチン接種後の明らかな死亡事例(中)

子宮頸がんワクチン「ガーダシル」に含まれるHPV-16L1が注射後に単球によって取り込まれ、血液脳関門を越えて脳に蓄積し、深刻な炎症性の副作用を引き起こしうることは2件の死亡例から明らかです。