胃がんには多くの誘因がある 胃を守るためのヒント

胃癌には多くの種類があり、腺癌、リンパ腫、悪性肉腫などが含まれますが、ほとんどの胃癌は胃粘膜の腺体細胞から発生する腺癌です。臨床統計によれば、胃癌は発病率と致死率が比較的高いがんの一種であり、初期段階では症状がほとんどないため、診断が遅れやすいとされています。しかし、胃を効果的に保護し、胃癌を予防する方法は何でしょうか?
2024/05/27 王佳宜

睡眠中の突然死ーその原因、見分けるサイン、予防策

中国のAI企業センスタイムの創業者で、過去に米国から制裁を受けた湯暁鴎氏が、昨年12月15日に睡眠中に亡くなりました。彼は55歳でした。睡眠中に突然死する原因は様々です。本記事では、睡眠中に死亡する可能性のある原因、リスクが高い人々、そして予防策について解説します。
2024/05/20 Jingduan Yang

新アプローチ:「ワキガ」の悪臭を制御する方法

腋臭症は病気ではありませんが、脇から異臭が発生することは非常に恥ずかしいです。そのため、台湾の専門医が大紀元の読者に対して予防と治療方法を提案しています。
2024/05/16 Ellen Wan

アブラナ科野菜:脳卒中の予防と回復に役立つか

アブラナ科の野菜は、その脳卒中の予防効果で知られていますが、研究者は、一部の人気が低い野菜が脳卒中のリスクを低減し、さらには脳卒中症状を逆転させるのに役立つ可能性があることを発見しました。
2024/05/16 Jessie Zhang

身近の食べ物ががん予防?!研究で支持された13の食材

食品とがんとの関係は、昔から切っても切れないものでした。実際、アメリカがん協会によると、「人は食べたものでできている」とのことです。結果、抗がん性の食品は、がんの予防と治療として多大な影響があるということになります。

楽しく生活して認知症予防:20年の先行きを変える方法

近年の研究では、アルツハイマー病患者は症状が現れる数年前から脳に病変が生じ始める可能性があることが示されています。したがって、認知症や行動の予防は老化してからでは遅すぎます。日本の専門家は、40代から予防策を取ることを提案しています。
2024/05/12 Ellen Wan

乳酸菌でCOVID-19対策!感染予防と症状緩和の可能性

新型コロナウイルス(COVID-19)が世界中に広がり続けている。最近の研究で、プロバイオティクスは、新型コロナワクチンを接種していないが、感染者と接触したことのある人の感染リスクと症状を軽減することがわかった。
2024/05/08 Ellen Wan

気づかない5つのアレルギー症状! 医師が教えるアレルギー対策

アレルギーは多くの人々の健康問題となっています。環境中にはさまざまなアレルギー原が存在しますが、日常の健康管理や症状の軽減にはどのような対策を取れば良いでしょうか?
2024/04/30 林紫馨

40代からの新常識!代謝力を高める5つの食材

年を重ねるにつれて、特に40歳を過ぎたことにより、以前より多く食べていないにも関わらず太りやすくなることに気づくかもしれません。これは新陳代謝が低下しているためです。食生活を変えて、代謝を向上させる食品を積極的に摂取することで、痩せることができます。
2024/04/24 蘇冠米

医学専門家がキャベツを推奨!食事前に食べるだけで痩せる科学

痩せられないのは「デブ菌」が多すぎるから?食事前に1つの食品を食べると改善されるかもしれません。日本の多くの著名な医学専門家や医療センターは、糖尿病や肥満の患者にキャベツの摂取を推奨しています。これにより、減量と血糖値の低下が期待できます。
2024/04/17 Ellen Wan

がんの根源を断つ!科学が認めた抗がんスーパーフード23選

重要な科学的レビューが、癌の悪性腫瘍の根源である癌幹細胞を殺すことができる最も重要な23種の食品とハーブを特定しました。
2024/04/16 Sayer Ji

口腔ケアが命をつなぐ!歯磨き習慣が心臓病リスクに影響

口腔衛生を軽んじてはならず、歯磨きは心臓病やがんを含む様々な慢性病との関連が指摘されています。最近の日本の研究によると、就寝前の歯磨きが特に重要で、歯磨きの習慣が心臓病患者の生存率に影響を及ぼしていることが明らかになりました。
2024/04/15 Ellen Wan

研究:植物性の食事はコロナ感染率が低い

新しい研究によると、植物性またはベジタリアンの食事は感染率を最大39%減少させる。この冬、JN.1変異株による感染が急増する。そうした時、食生活を調整したほうがいいかもしれない。
2024/01/16 李昭希

認知症リスクを高める新型コロナウイルス、専門家が予防法を提言

COVID-19(新型コロナウイルス感染症)は、さまざまな方法で脳に影響を及ぼす可能性があります。最新の包括的な研究結果は、COVID-19感染がアルツハイマー病などの神経変性疾患のリスクを増加させ、長期的な認知障害を引き起こす可能性があることを強調しています。
2023/11/16 Ellen Wan

テクノロジーがあなたの視力を奪う スクリーンが与える害とは(3)

幼児の近視が悪化するにつれ、近視をコントロールしたり、マネージメントしたりする方法が盛んになってきています。近視コントロールクリニックは、米国の裕福な地域にも出現しており、中国では一般的になっています。近視コントロールの目的は、この病気で起こる軸方向に伸びる速度を抑えることです。 その方法は、アトロピン点眼薬、多焦点ソフトコンタクトレンズや角膜移矯正レンズ(オルソレンズ)などがあり、夜間を通して装着し、透明な前眼部の形を矯正し、光の入り方を変えて視力回復を助けます。
2023/03/11 Joseph Mercola

テクノロジーがあなたの視力を奪う スクリーンが与える害とは(2)

子共の近視の発症が早く、しかも進行性が高いということは、将来的にあまり良い傾向ではありません。11~13歳の子供でも、「強度近視の流行」のリスクが高いのです。 近視になると眼球が引き伸ばされ、この解剖学的変化は不可逆的で、特に後年、深刻な視力障害を引き起こすリスクが高くなります。
2023/03/09 Joseph Mercola

テクノロジーがあなたの視力を奪う スクリーンが与える害とは(1)

現在、多くの若者の間で近視が流行していますが、調査によると、スクリーンの前で過ごす時間が長すぎることと、屋外で過ごす時間が短いことが原因である可能性が高いようです。子どもたちが画面を見つめる時間が長くなっている今、私たちはどのように警戒し、電子機器が子どもたちの視力を妨げないようにすればよいのでしょうか。
2023/03/05 Joseph Mercola

誰かに相談すると病気になりにくい? 脳の老化を遅らせ、認知症を予防する(1)

あなたの周りには、悩んでいるときに話を聞いてくれる友人や家族がいますか? 誰かに心の内を打ち明けるのが恥ずかしいと思うことはありませんか? 誰かに聞いてもらうことで、脳の認知機能の低下を防ぐことができるという研究結果が出ています。
2023/02/22 蘇冠米

動かないと筋肉は落ちる! 医師が教える筋肉減少の予防法(2)

筋肉にはもう一つ、体の生理・生化学的機能という点で重要な役割があります。それは、体内のタンパク質の貯蔵庫です。タンパク質は体の修復を助けるために使われることが多いため、体が何かをするたびに、細胞は磨り減っていくのです。

多くの人が不足しています!!糖尿病やガンを予防するマグネシウム 正しい摂り方とは(3)

成人の1日あたりのマグネシウム推奨摂取量は国によって若干異なり、女性で310〜320mg、男性で400〜420mgとなっています。 食事から摂取できるマグネシウムは、実はとても豊富です。
2022/09/11 李路明

動かないと筋肉は落ちる! 医師が教える筋肉減少の予防法(1)

重症筋無力症は、漢方でいう「痿病(いしつ)」に属します。西洋医学では、多発性神経炎、急性脊髄炎、進行性筋無力症、重症筋無力症、周期性麻痺、筋緊張性ジストロフィー、多発性硬化症、運動ニューロン疾患、その他筋力低下、筋無力、麻痺として現れる中枢神経系の感染症は、すべて「痿病」の範囲に含まれます。

多くの人が不足しています!!糖尿病やガンを予防するマグネシウム 正しい摂り方とは(2)

マグネシウムは、骨の発達、神経筋機能、エネルギー貯蔵、炭水化物、脂肪、タンパク質などの主要栄養素の代謝など、細胞内のほぼすべての主要な代謝および生化学プロセスに関与しています。以下は、マグネシウム不足と密接に関係している代表的な病気です
2022/09/04 李路明

多くの人が不足しています!!糖尿病やガンを予防するマグネシウム 正しい摂り方とは(1)

現代人に多いマグネシウムの欠乏。過去100年の間に、食事からのマグネシウム摂取量は、一日あたり約500mgだったのが、175〜225mgに減少しています。多くの子ども達の食事に至っては、食べる量は増えているのにも関わらず、栄養やマグネシウム不足が顕著になっています。
2022/09/01 李路明

骨粗鬆症やサルコペニアを軽視してはいけない!転倒の7大原因を一挙公開

高齢になるほど、転倒によるダメージは大きくなります。 転倒の原因は何でしょうか? どのようにして防ぐことができるのでしょうか?
2021/12/07