東京五輪出場の中国競泳選手23人にドーピング疑惑…国際機関はおとがめなし 米委が真相究明求める

2021年の東京オリンピックに出場した中国代表の競泳選手23人について、ドーピング疑惑が浮上している。世界反ドーピング機関(WADA)は「検体の汚染」だと否定しているが、米議員は中国共産党による国家ぐるみの不正行為の可能性があると指摘。今夏のパリ五輪を前に、国際オリンピック委員会(IOC)に対して真相究明を求めている。
2024/05/24 佐渡道世

冬季五輪、30年は仏・34年は米が優先候補に 札幌の可能性消滅

国際オリンピック委員会(IOC)は29日、この日開催した理事会で、2030年冬季五輪大会の開催地にフランス、34年大会の開催地にソルトレークシティー(米ユタ州)を最優先候補に選定したと発表した。
2023/11/30 Reuters

世界中のピラミッド(70) マヤの天文、数学、暦法

古代都市テオティワカンは、空中から見下ろすと、9つの惑星の並びと一致しており、位置の比例は驚くほど正確です。そのため、テオティワカンの設計者は惑星と太陽との距離や軌道上での運行状況を熟知していたことが分かります。
2022/03/13

台湾当局、中国ユニフォーム着用の選手処分へ 「国民感情傷つけた」

台湾代表の黃郁婷選手が大会前に中国代表チームの公式ユニフォームを着用したことをめぐる論争はまだ続いている。台湾の蘇貞昌・行政院長(首相)は、教育部と体育署に調査および適切な処分を行うよう指示した。
2022/02/23

中国、国外でボットや偽アカウントで冬季オリンピック世論戦=NYT

米紙ニューヨーク・タイムズと米調査報道機関プロパブリカの合同調査によると、中国当局が偽アカウントなどを駆使して、海外で世論を操作し、北京冬季オリンピックへの批判を封じ込めようとしていた。
2022/02/22

今大会2冠のスウェーデン選手、 中国の五輪開催は「最悪なこと」

北京冬季オリンピックで2つの金メダルを獲得して帰国したスウェーデンのスピードスケートのニルス・ファンデルプール選手(25)は、中国のような深刻な人権侵害を犯した国にオリンピック開催を認めるのは無責任だと批判した。
2022/02/15

中国共産党、ごまかしで五輪メダル獲得狙う?

米国男子アイスホッケーチームは、2月10日に中国と対戦する。しかし、よく見ると、中国の名を冠してはいるものの、欧米人を中心としたチーム構成になっていることがわかる。
2022/02/15

北京五輪期間中 少数民族や反体制派への締付けを強化=米RFA

北京冬季オリンピックの期間中、中国当局はチベット、ウイグル、人権派弁護士などを厳しく監視・取り締まっていることがわかった。米国営放送ラジオ・フリー・アジア(RFA)などが報じた。
2022/02/13

「これは中国チーム?」男子アイスホッケー、半数以上が外国出身 二重国籍疑惑再び

2月10日、2022年北京冬季オリンピックのホッケー大会開幕戦で、アメリカは開催国の中国を8-0で破った。試合が注目されたのは、プレーのレベルや盛り上がり具合ではなく、アメリカ人とアメリカ・カナダ人の試合であったからだ。
2022/02/13

米大学、「北京五輪ボイコット」ポスターの禁止から一転して掲示許可

米ジョージ・ワシントン大学(GWU)ではこのほど、キャンパス内各所に貼り出された北京冬季オリンピックのボイコットを呼びかけるポスターをめぐって、騒動が起きた。
2022/02/09

NBCの名キャスター、五輪予定切り上げて帰国 「中国はコロナ発生源」の発言と関係か

米NBCのゴールデンタイムのオリンピック報道を担当する同局スポーツキャスターのマイク・ティリコ氏は予定より3日早く北京から切り上げた。
2022/02/09

ウイグル族の女性聖火ランナー 開会式翌日から姿消した

北京冬季オリンピックの開会式で聖火リレーの最終ランナーに選ばれた新疆ウイグル自治区出身のディニグール・イラムジャン選手は一躍世界の注目の的になったが、大会2日目、突然メディアを避けるようになって姿を消した。
2022/02/08

<北京冬季五輪>IOC、「熱心な警備員のミス」蘭テレビレポーターへの妨害めぐり

オランダテレビ局のレポーターが、中国の警備関係者から妨害されたことについて、国際オリンピック委員会(IOC)の報道官は5日、「熱心な警備員によるものだ」と偶発的な出来事との認識を示した。
2022/02/07

北京冬季五輪 実費用は予算の10倍=米メディア

中国政府は冬季オリンピック招致時に、39億米ドル(約4500億円)の低予算をアピールした。米ニュースサイト「ビジネスインサイダー」の最新調査によると、実際の費用は同申告予算の10倍に達する。
2022/02/04

中印衝突時の中国軍幹部、聖火ランナーに インドが反発

中印国境地帯の軍事衝突で負傷した中国軍の司令官が聖火ランナーに選ばれたことが明らかになり、国際社会から非難の声が噴出した。
2022/02/04

北京五輪 呪われたオリンピック=仏誌

2月4日に開幕する北京冬季オリンピックについて、仏誌「ル・ポワン」は「史上もっとも白けている冬季五輪」と形容した。
2022/02/03

北京五輪前 中国共産党による郭飛雄氏一家への迫害

人権活動家で作家の郭飛雄(55、本名・楊茂東)氏は、中国共産党による人権侵害と残虐行為が深刻化する中で、犠牲者の一人となっている。
2022/01/30

中国テニス選手の性被害騒動から見る「道徳的に破綻した」北京五輪

テニス女子ダブルスの元世界ランク1位の彭帥さん(35)が先月、中国の張高麗前副首相(75)に性的関係を強要されたと告発後に消息不明になった事件は、2月4日に開幕する2022年北京冬季オリンピックに影を落としている。
2021/12/05

米議員、北京五輪の外交ボイコットは「弱すぎるし遅すぎ」中共臓器強奪を改めて非難

来年2月4日の北京冬季オリンピック開催まで日が迫るにあたり、米国の超党派議員たちは改めて中国共産党による臓器強制摘出など人道に対する罪の重さを強調し、各国が人権問題において強い姿勢で臨むよう呼びかけている。
2021/12/04 蘇文悦

<ありがとう東京>オリンピック馬術動画に日本語字幕を追加

国際馬術連盟(FEI)は、2021年8月13日、オリンピック開催への感謝を込めて、公式YouTubeチャンネルで公開中のオリンピック障害馬術競技のガイド動画に、日本語字幕を公開した。
2021/08/14

台湾選手応援した大物女優に小粉紅がバッシング 専門家「中共がナショナリズム扇動の結果」

台湾の人気タレント、小S(シャオエス、徐熙娣)さんは、台湾選手を「国手(国家代表)」と呼んで応援したことで、中国の「小粉紅(中国共産党寄りの民族主義者)」の攻撃の的になり、中国企業4社が広告契約を打ち切った。専門家は「中国共産党がナショナリズムを煽り続けてきた結果だ」と指摘した。
2021/08/05

日本選手を中傷する中国ネットユーザー 背後に「不公平オリンピック」印象操作する中共政府

東京五輪で数々の好成績を残す日本選手団。しかし、いわれのない誹謗中傷がSNSに書き込まれ、アスリートたちの心を傷つけている。女子個人総合決勝で村上茉愛(24)は、日本勢最高位の5位につけた。笑顔だった村上は、SNSでの中傷について記者団に聞かれると、「すごく残念、悲しい」と吐露し、大粒の涙を流した。
2021/07/31

欧州議会、「人権問題に改善なければ北京五輪をボイコット」決議成立

欧州議会は8日、中国が香港とイスラム系少数民族ウイグル人に対する人権状況を改善しない限り、2022年北京冬季オリンピックをボイコットするようEU加盟国に求める決議案を成立させた。
2021/07/11

聖火に映える騎馬武者の雄姿 福島で聖火ランナー出迎え

25日、甲冑を身にまとった「相馬野馬追」の勇ましい騎馬武者たちが、南相馬市の雲雀ケ原祭場地で東京五輪の聖火ランナー室屋義秀さんを出迎えた。「相馬野馬追」は国指定重要無形民俗文化財であり、福島県相馬地方の伝統行事だ。
2021/03/26

東京五輪はいずこ 北京冬季五輪一色の公式アカウントに困惑の声

10日頃、国際オリンピック委員会(IOC)の公式ホームページとツイッター公式アカウントのヘッダー画像が、軒並み北京冬季五輪に変更されたことが話題となった。中共ウイルス(新型コロナウイルス)の影響が続く中、インターネット上では開催中止を心配する声が多く聞かれた。
2021/02/12

国際戦略家・石井英俊氏、北京冬季五輪のボイコット呼びかける「人権弾圧国家に開催資格なし」

本日、民主化活動家や人権活動家による記者会見が日本外国特派員協会(FCCJ)にて行われた。参加者は中国共産党による人権弾圧を非難するとともに、人権を侵害する国家はオリンピックを開催する資格がないとして、2022年北京冬季オリンピックのボイコットを呼びかけた。
2021/02/04

英豪、2022北京冬季五輪の「ボイコット」示唆、中国の人権迫害に抗議して

中国共産党による大規模な人権迫害に直面して、イギリスとオーストラリアは2022年の北京冬季五輪をボイコットする可能性を示した。
2020/10/09