心と体に悪影響?血管を傷める感情とは

一つの新研究が、四つの感情の中で怒りが血管損傷を引き起こし、それによって心臓病や脳卒中のリスクが増加する可能性があることを発見しました。この研究は、心血管健康における否定的な感情の影響について、より多くの生理学的変化の証拠を提供しています。
2024/05/28 王佳宜

「8:16ダイエット」は心臓に良くない? 医師が明かす減量法の注意点

「8:16ダイエット」とは、断続的なファスティング(断食)のことであり、一定の時間を設けてその時間帯は食事をとらないようにする方法です。8:16という数字の意味は、1日24時間のなかで「16時間は食事なし。8時間が食事可能な時間」ということ。例えば「午後8時から翌日正午まで、水分補給する以外、一切の食事をしない」というように設定します。
2024/04/24 Ellen Wan

脳卒中リスクを軽減:ブロッコリーの化合物の効用(2)

劉先生はオーストラリア放送協会のインタビューで、彼と彼のチームが3年前からブロッコリーと他のアブラナ科の野菜を研究し始めたこと、そして健康的な食事から100種類以上の天然製品をスクリーニングして、脳の血栓を防ぐ特性を持つ製品を探していたことを明らかにしました。
2024/04/12 Allison DeMajistre

脳卒中リスクを軽減:ブロッコリーの驚くべき効果(1)

オーストラリアの心臓研究所(Heart Research Institute (HRI))の研究者たちは、毎日何百万人もが食べている一般的な野菜が、世界の主要な死因の一つを予防し、治療する可能性があることを発見しました。
2024/04/12 Allison DeMajistre

インフルエンザワクチンが高齢者の脳卒中リスク上昇と関連、FDAの研究者が発表

新型コロナワクチン接種者の中には脳卒中リスクが高い人がいたが、インフルエンザワクチン接種がそのリスクと関連していることが解析で判明した。米国食品医薬品局(FDA)の研究者が新たな研究で発表した。
2024/04/01 Zachary Stieber

注目すべき新型コロナワクチン有害事象の数々、エビデンスで裏付け(2)

新型コロナワクチンのスパイクタンパク質が心臓の内皮を傷つけ、炎症を引き起こし、心筋細胞を溶解させることが、メイヨークリニックで行われた研究で証明されている。
2024/02/29 Marina Zhang

脳のオナラって何? それを予防する方法とは

脳のオナラとは一体何でしょうか?「Brain fart」(脳のオナラ)とは、頭から空気しか出てこない、つまり頭がからっぽの状態のことで、「ど忘れする」ことです。米神経心理学者ミシェル・ブラウン博士(Michelle Braun)は、なぜ人はど忘れするのか、その理由と予防法を米ウェブサイトのメディカル・デイリーに語っています。

脳卒中予防には、正しい食生活だけでは不十分!(1)

人々がメタボリックシンドロームの状態に長時間いることが原因で、脳卒中の発生年齢が若年化しています。 かつては、若年性の脳卒中患者には潜在的な危険因子がありましたが、最近は結論を下すことが非常に困難になっています。根本的には、食生活の乱れ、睡眠不足や生活ストレスなどの生理的な不均衡に加え、運動不足が原因で早期に発症しているのです。

コロナ・インフルのワクチン併用が脳卒中リスクに関連

新型コロナワクチンとインフルエンザワクチンの同時接種によって脳卒中のリスクが高まることを示す研究が増えている。
2023/11/12 Zachary Stieber

研究:毎日20分間の運動で入院リスク低減

新たな大規模研究によれば、40歳以上の人にとって、毎日適切な運動を続けることは、全身の健康に良いだけでなく、さまざまな健康状態による入院の可能性も大幅に減らすことができます。

「歩数よりもペース」ウォーキングは【認知症】のリスクを軽減する(下)

全体として、早歩きはがんや心疾患による死亡リスク、認知症のリスクなど全死因死亡率を下げる可能性が高いです。この見解を支持する研究は、他にも数多くあり、多くの発見が得られています。
2022/11/27 李路明

「歩数よりもペース」ウォーキングは【認知症】のリスクを軽減する(上)

「1日1万歩」は、有益な生活習慣であり、多くの人が実践しています。 しかし、1万歩を歩くといっても、人によってスピードが異なり、効果も大きく異なります。1万歩を達成するには、どのような速度や頻度で行うのがベストなのでしょうか。
2022/11/18 李路明

脳卒中蘇生術の成功率は40%以下? これらの野菜は、血栓を減らすのに最適

アブラナ科の野菜が脳卒中を予防することはよく知られていますが、研究者は、あまり知られていない、いくつかの野菜が脳卒中のリスクを軽減し、脳卒中の症状を回復させる可能性があることを発見しました。
2022/09/30 Jessie Zhang

脳の回復を促進する ポリフェノールを豊富に含むある果物とは

加齢に伴う認知機能の低下は、誰もが避けたいと思うものです。 これまでの研究で、この低下はある簡単で安価な食べ物によって回避できることが判明しました。加齢に伴う認知能力の維持に役立つだけでなく、脳卒中によって傷ついた脳機能の回復にも役立つとされています。
2022/08/18 GreenMedInfo

小さいけど優秀な食材「ベビーコーンを活用しましょう!」

ベビーコーンはカロリーが低くダイエットに役立つ上、塩分を体外に排出するカリウムを多く含むため、血圧コントロールにも有益です。つまりベビーコーンは、心臓血管を保護し、脳卒中の予防も期待できる「優秀な食材」なのです
2022/03/10

「心のもち方」が命を救う

多くの人は、感情の健康への影響を軽く見ているのではないだろうか。その理由の一つは、私たちが物質面から病気を見ることに慣れすぎているからで、もう一つの理由は、ほとんどの人が、感情が病気を引き起こす事実を信じていないことだ
2022/03/09

「高血圧を7日で改善する」菜食という選択肢

高血圧は「高塩分、高油脂、高カロリー」の食事と関係があると言われています。そこで高血圧を改善するためには、その原因となる食生活を改めることが肝要です
2022/02/25

「新陳代謝の速度を落とす」それがあなたの老化を防ぎます

医師であり、栄養療法の専門家でもある私(筆者)より、新陳代謝を適度に抑制することで老化を遅らせる「3つの秘訣」について、ご紹介します。「3つの秘訣」とは、植物栄養食法、カロリー制限、運動です。
2022/01/28

研究では怒り、情緒過激、激しい運動が脳卒中を誘発する可能性がある

脳卒中の引き金となるものは何ですか?最近の研究によると、脳卒中患者の多くは、脳卒中の直前に、怒り、極度の不安、悲しみ、不機嫌、あるいは肉体的に力を使い果たしたなど、似たような経験をしたことがあるようです。
2022/01/23

「体の器官が砂糖水に浸かる」糖尿病を軽く見ずに、予防しましょう

糖尿病が重篤になった場合、その合併症によって死に至るケースもあるので十分な注意が必要だ。世界保健機関(WHO)2021年の報告によると、全世界では17人に1人が糖尿病を患っているという
2022/01/14

糖尿病へ進まないために「今日から始める5つの対策」

「2型糖尿病」という診断に至らなくても、すでに血糖値が正常値より高い状態を「糖尿病予備軍」と呼んでいます。この段階では自分では気づかない人が多いのですが、実はすでに健康問題に深刻な影が差しているのです。
2022/01/13