代替甘味料、心と脳に悪影響? 新研究が示すリスク

米国の非営利学術医療センター、クリーブランドクリニックの最新研究によると、砂糖の代わりとして人気のキシリトールを多量に摂取することは、心筋梗塞や脳卒中、その他の心血管系疾患のリスクを高める可能性があると指摘されています。
2024/06/19 Amie Dahnke

研究者は食生活とがん細胞の増殖を抑制する新たなメカニズムを発見

糖分ががん細胞を増殖させるという話を聞いたことがあるかもしれませんが、それを裏付ける証拠もあります。しかし、この話で欠けていたのは、今までは糖分が「どのようにして」癌を増殖させるのかというメカニズムを徹底的に理解できませんでした。
2024/06/05 Jennifer Sweenie

体型別痩せる!医師が推奨する4つのお茶

中医学では、痰湿が肥満の主な原因と考えられています。痰湿とは、内臓の不調によって体内に蓄積された余分な廃棄物のことで、脂肪細胞だけでなく、高脂血症や高血糖などの病理産物も含まれます。中医学における肥満治療は、まず五臓六腑を調整し、不良物質を体外に排出することから始まります。以下の4種類の減肥茶は、それぞれ脂肪燃焼、血脂降下、血行促進、浮腫解消の効果があり、異なる肥満体型に改善効果があります。
2024/05/29 胡乃文

医学専門家がキャベツを推奨!食事前に食べるだけで痩せる科学

痩せられないのは「デブ菌」が多すぎるから?食事前に1つの食品を食べると改善されるかもしれません。日本の多くの著名な医学専門家や医療センターは、糖尿病や肥満の患者にキャベツの摂取を推奨しています。これにより、減量と血糖値の低下が期待できます。
2024/04/17 Ellen Wan

正しいお茶の飲み方、3つの秘訣で健康に!

お茶は長い歴史を持ち、今では非常に一般的な飲み物となっています。中には毎日大きなカップで一杯飲む人もいます。しかし、健康効果を得るためには、多くの人が間違った方法で飲んでいるかもしれません。
2024/04/10 苏冠米

アーモンドを食べると減量効果や糖尿病・心臓病予防につながる(2)

アーモンドは、1カ月毎日50グラム食べると、血液中の抗酸化剤が増加し、血管機能が改善します。アーモンドには、血流を改善し、血圧を下げ、心臓病のリスクを減らす効果があります。1日40グラムが十分で、アーモンドミルクなどの製品もあります。

アーモンドを食べると減量効果や糖尿病・心臓病予防につながる(1)

アーモンドを食べることで糖尿病リスクが減少し、食事構造が改善されます。アーモンドには炭水化物が少なく、食物繊維と不飽和脂肪酸が含まれます。米国の研究でも、毎日3オンスのアーモンドを食べることで、糖尿病前期患者の糖摂取量が低下し、タンパク質、不飽和脂肪酸、食物繊維の摂取量が増加します。

下腹部が痩せない4大原因

下腹部の張りは見栄えが悪いだけでなく、身体の健康にかかわります。しかし、単に「痩せる」だけでは、確実に下腹部が痩せるとは限りません。患者はよく、「太ももを細くしたい、腕を細くしたい」と言います。臨床上、この問題は解決しやすいと私は思います。ジムに行って筋肉を増やすことで痩せることができます。太ももや腕は、太い原因が主に脂肪の蓄積だからです。しかし、下腹部が張っていることには、多くの原因があります。

不眠症は認知症や肥満の原因に!? 漢方医が推奨する5つの改善方法(1)

睡眠不足が長く続くと、太りやすく、肌の老化が進むだけでなく、免疫力が低下し、認知症や心血管疾患などのリスクが高まります。 副作用の多い睡眠薬に比べ、漢方は適切な漢方薬や鍼灸治療で様々な種類の睡眠障害を安全で効果的な治療ができます。 また、睡眠障害改善のため、伝統的な食事療法や、簡単で実用的な自然療法をいくつか紹介します。

甘い飲み物の愛好者必見!慢性肝疾患や肝がんのリスク急増にご用心(2)

含糖飲料が肝臓に与える損害は、他のいくつかの研究にも確認されています。 ヨーロッパの前向き調査では、週に1回も飲まない人と比較して、週に6回以上の含糖飲料を摂取する人は、肝細胞がんの発症リスクが83%も増加し、週ごとに1回増えるごとに6%のリスク増加があるという結果が示されました。
2023/11/21 李路明

砂糖は本当に癌を引き起こすのか? (3)

炎症とインスリン抵抗性は、細胞の遺伝子突然変異を直接促進し、それによって細胞の行動が変化する可能性があります。宋銘洋は、この場合、細胞の正常な生存周期が乱れると説明しました。細胞は定期的に死なず、無制限に成長し増殖でき、腫瘤の発生を促進してしまうのです。
2023/11/08 李路明

砂糖は本当に癌を引き起こすのか? (2)

多くのがんの主要なリスク要因は、高エネルギー摂取と低エネルギー消費です。荷蘭ワヘニンゲン大学の栄養と疾病学の教授、エレン・カンプマンは、食事中に多くの砂糖が存在する場合、ある意味ではカロリーを過剰に摂取することを意味します。
2023/11/07 李路明

砂糖は本当に癌を引き起こすのか?(1)

「砂糖の摂り過ぎはガンになる」とか「砂糖を控えた方がいい、ガンが再発する」といった話を聞いたことがあるかもしれません。砂糖と癌症の関係は実際にどのようなものなのでしょうか?専門家による砂糖と癌症の7つの関連性を紹介します。
2023/11/07 李路明

マイクロプラスチックが脳を含む主要臓器に及ぼす潜在的影響、科学的に明らかに(上)

廃棄処理を逃れたプラスチックは太陽光や水などによってミクロのサイズにまで分解され、水、空気、食物連鎖を経て、最終的に私たちの体内に入る。今日の世界では、それを避けることはできない。
2023/10/28 Michelle Standlee

氷水は太るだけでなく、想像以上に体に悪い? 飲んではいけない4つのタイミング(1)

夏の暑い日にコップ一杯の氷水を飲むのはさっぱりしますが、長期間飲み続けると体に害を及ぼす可能性があります。氷水は、たとえ溶けていても、常温水よりも身体にダメージを与える可能性があるのです。
2023/08/05 蘇冠米

睡眠不足が認知症や肥満を招く 睡眠障害を解決する5つのヒント(2)

睡眠障害の最も直接的な影響は、睡眠不足によって疲れやすくなることです。 さらに、睡眠障害は7つの深刻な害を引き起こす可能性があります。
2023/07/25 劉淇晴, 呉国斌

知らなきゃ危ない!?医師も警告する、慢性疾患の主な原因になる油とは(3)

動物実験では、多価不飽和脂肪酸の有害性がはっきりと証明されています。 ノーブル氏が引用した研究では、2つのグループのラットに同じ餌を与えました。一方のグループには5%の綿実油を、もう一方のグループには1.5%の乳脂肪を与えました。その結果は次のとおりです。
2023/07/11 Joseph Mercola

肥満は厄介者  中医学医師が勧める負担のない減量法

肥満の問題は、個人の健康に影響を与えるだけでなく、社会的、経済的にも影響を与えます。「公衆衛生の国際環境研究ジャーナル( International Journal of Environmental Studies Public Health)」に掲載された2017年のレビューでは、2014年、肥満が世界経済に与える影響は約223兆円、世界GDPの2.8%と推定されたと述べています。
2023/06/20 Weber Lee

つらい不眠症にはコレ!「睡眠を助ける」天然食品6選(1)

睡眠は、私たちの体を休ませ、修復し、再構築するためのものであり、私たちの健康にとって不可欠です。睡眠不足は、翌日の仕事や学校の効率に影響を与えるだけでなく、2型糖尿病、心臓病、肥満、うつ病などの慢性疾患のリスクを高めると言われています。
2023/06/16 武東華

日本の名コーチが伝授する、5つのポイントを避けてリバウンドしない30kg減量方法(1)

肥満傾向の人は、ダイエット方法が間違っている場合、痩せるどころか体重が増えてしまうことがあります。しかし、日本のお笑い芸人である松村邦洋さんは、わずか8カ月で30キロ減量に成功しました。彼はどのようにしてそれを達成したのでしょうか?
2023/05/18 蔡雅

肥満には5つのタイプがあります!漢方医の提案する対処法(1)

肥満は見た目だけでなく、健康上のリスクとして多くの人に影響を与える問題です。脂肪が蓄積されること以外に、肥満の原因は何でしょうか?効果的な肥満の解決方法は、みな同じなのでしょうか? 台湾の漢方医である余雅雯氏は、5つのタイプごとに異なる減量方法を提案し、簡単に肥満を解消できる減量法を2つ紹介しています。
2023/02/20 Amber Yang

脂肪増加は内臓機能を低下させる! 脂肪細胞を飢餓状態にする3つの食品(1)

私たちは、余分な脂肪を取り除きたいと願っていますが、いついかなる時も脂肪は頑固なようです。しかし、これは表面的な現象に過ぎません。体内の臓器と同じように、脂肪組織も常に代謝が繰り返され、若返りが行われています。正しい食事をすれば、脂肪細胞を "餓死 "させることができるのです。
2023/02/19 李路明

食事制限なし!?二年間で20kg減量! 医師が作った1・3・3食の低糖質プレート(1)

糖尿病は現代社会における大きな健康問題であり、肥満は糖尿病の赤信号です。台湾で30年以上にわたり名医として活躍し、ベストセラー『游能俊医師の133低血糖痩身プレート』の著者である游能俊氏が、自然で健康的な糖質コントロール法を見つけて成功するまでの道のりを紹介します。 糖尿病治療を専門とする内分泌学者である游能俊氏もまた、肥満と糖尿病に悩まされていました。

やっぱり夜食は健康に悪い!?研究によって明らかにされた糖尿病やメタボリックのリスク

現代人は多忙な生活を送り、食事も不規則で、昼と夜で生活習慣が逆転していることさえあります。また、新しい研究により、就寝前の食事は体内時計を乱し、代謝の乱れや肥満、糖尿病のリスク上昇につながる可能性が高いことが明らかにされました。

「健康習慣」が肥満のもとだった!? 減量を成功させるために知っておくべきこと(2)

多くの人が「私は少食なんです」「3食ともたくさん食べていません」と言いますが、痩せられない理由には「おやつ」が関係している可能性があることが判明しました。
2022/11/18 蘇冠米

「健康習慣」が肥満のもとだった!? 減量を成功させるために知っておくべきこと(1)

筋肉をつけ、脂肪を減らすために、多くの人がハードなトレーニングを行い、さらに毎日高強度インターバルトレーニング(HIIT)を行っています。その結果、体重が落ちないだけではなく、さらに疲労が溜まっています。 肥満と内分泌代謝の専門家である蔡明劼氏によると、一生懸命運動しているのに痩せない理由は主に2つあるといいます。
2022/11/16 蘇冠米