無意識に疲れる? エネルギーを奪う9つの日常行動

人々が無意識のうちに身に着けた習慣は、気付かないうちにその人のエネルギーを消耗し、疲労困憊させることがあります。 『ハフィントン・ポスト』の報道では、人の体は容器であり、エネルギーは容器に入った水に例えました。水の量を保つために、水を補充するか、容器を補強し、水を漏れないようにする必要があるといいます。 つまり、エネルギーを保つために、健康な食事、運動や十分な睡眠でエネルギーを補充すると、悪い生活習慣をやめ、健康な体作りでエネルギーの消耗を避けることが大事だといいます。次に専門家がエネルギーを消耗する9つの習慣とその改善法を紹介しました。
2024/06/17 陳俊村

ノイズキャンセリング無線イヤホン:長時間使用が聴力に及ぼす影響は?(下)

ロンドン在住のライアン・エドワーズさん(45歳)は、ノイズキャンセリング機能が強化されたAirPod Prosに以前のAirPodsから変更した後、耳鳴りが悪化したと大紀元に語りました。
2024/06/07 Marina Zhang

甘い毒? 砂糖が精神疾患に与える影響

ローラの状況は例外ではありません。多くの研究が、砂糖添加とさまざまな精神疾患との関連を証明しており、高糖ダイエットは不安、ストレス、過動などの問題を引き起こす可能性があります。
2024/05/30 李路明

睡眠中の突然死ーその原因、見分けるサイン、予防策

中国のAI企業センスタイムの創業者で、過去に米国から制裁を受けた湯暁鴎氏が、昨年12月15日に睡眠中に亡くなりました。彼は55歳でした。睡眠中に突然死する原因は様々です。本記事では、睡眠中に死亡する可能性のある原因、リスクが高い人々、そして予防策について解説します。
2024/05/20 Jingduan Yang

一杯のスープで「ブレインフォグ」撃退!血液脳関門の新知見

ブレインフォグはCOVID-19の一般的な後遺症であり、最新の研究では、血液脳関門の損傷がその原因の一つであることがわかりました。 血液脳関門(Blood-Brain Barrier、BBB)は、脳血管内皮細胞と周囲の細胞から構成され、血液と脳の間の分子の出入りを調節し、中枢神経系を血液中の外部物質、ホルモン、神経伝達物質から守ります。血液脳関門が損傷されると、有害物質が脳に入り込み、中枢神経系の疾患を引き起こすことがよくあります。
2024/05/18 張曉慧, 王佳宜

いびきと目覚めの関係:自分の音で眠りが浅くなる?

もしも、ルームメイトまたは一緒のベッドで寝たパートナーが寝ている間に大きないびきをかいていたら、その音で眠れなくなりますが、いびきをかく本人は何も気にせずぐっすり眠っているかもしれません。では、大きないびきをかく人が、自分のいびきで目を覚ますことはあるのでしょうか?
2024/04/17 陳俊村

日々の疲れを解消するには「質と時間の改善」が重要

現代において、疲れを感じている方は多くいるのではないでしょうか。日々の疲れを効果的に解消するためには、睡眠が重要になってきます。特に、緑茶に含まれる成分「テアニン」はリラックス効果や睡眠の質の改善に寄与するとされ、高い健康効果が期待されています。
2024/04/16

衣類の静電気はとても厄介! 専門家が教える静電気防止法とは

天気が乾燥していて寒い日に、服を脱いだり着たりするときに、パチパチと静電気が発生する音が聞こえるのが一番嫌です。特に冬は、よく電気が走ります!しかも、静電気には引力があり、髪がハリネズミのように立ち上がることもあります。
2024/04/14 曾晏均

寝る前の5分間ストレッチでぐっすり寝ましょう

睡眠は疲労を和らげ、消耗したエネルギーを回復させるために極めて重要です。研究結果によれば、寝る前にシンプルなストレッチを行うことで、睡眠の質が向上し、夜間の筋肉痙攣の回数や強度が減ることが分かりました。この記事で、中国古典舞踊の講師ロッキー氏が、寝る前に行う簡単で効果的なストレッチをご紹介します。
2024/04/10 睡眠

台湾の漢方医が語る健康法 「万病は情から発する」(下)

では、どのように「自然に合わせる」のでしょうか。具体例を挙げましょう。 結婚を例に取れば、もしも相手に対して感情的に不本意なことがあっても、パートナーに無理な要求をしてはいけません。
2024/04/06 陳柏年

眠りの質を高めるために!食べるとよく眠れない7つの食べ物

食事は睡眠障害の多くの原因のひとつです。 よく知られているアルコールやカフェイン飲料のほかにも、眠りを浅くする一般的な食べ物や飲み物がありますが、それが睡眠の質をどれほど破壊するか、必ずしも多くの人が気づいているとは限りません。専門家の意見を見てみましょう。
2024/03/14 陳俊村

脳を衰退させる4つの生活習慣

座りっぱなしの生活や食生活の乱れが、脳の機能や記憶力を低下させるということに気づいた人もいるのではないでしょうか。しかし、健康的な食事と活発な活動だけで、脳の機能の低下を免れるものでしょうか?
2024/03/05

脳のオナラって何? それを予防する方法とは

脳のオナラとは一体何でしょうか?「Brain fart」(脳のオナラ)とは、頭から空気しか出てこない、つまり頭がからっぽの状態のことで、「ど忘れする」ことです。米神経心理学者ミシェル・ブラウン博士(Michelle Braun)は、なぜ人はど忘れするのか、その理由と予防法を米ウェブサイトのメディカル・デイリーに語っています。

日本人女性、運動なしで10キロ減量、秘訣は9つの良い習慣(下)

綾野さんは自分がダイエットを始める前は、食事のスピードが非常に速かったと語っています。空腹時には常に、思い切り好きなものを、一気に食べていました。
2024/01/17 李梅

高齢者が睡眠中に香りをかぐと、記憶力は驚くほど改善される

香りは数年前の記憶を呼び起こすかもしれません。最近の研究では、香りが記憶力などの認知機能を向上させることも発見されました。この研究では、高齢者が夜寝ている間に香りを嗅ぐと、認知機能が驚くほど向上することが示されました。
2024/01/15 陳俊村

睡眠不足は老化と物忘れを招く!  専門家が教える睡眠の質を高める7つのコツ(3)

高齢者の生体時計は柔軟性がなく、一度習慣が崩れると眠りにくくなります。生体時計はメラトニンの分泌と関連しています。研究によると、太陽の光を浴びることで松果体から分泌されるメラトニンが早く出て、朝夜にメラトニンが分泌されるようになります。このホルモンは睡眠を助けます。日中は太陽の光を浴びることや、暗い場所を離れて明るい場所で活動することをお勧めします。
2023/12/15 Amber Yang, JoJo Novaes

目覚ましを「スヌーズ」にすると体に悪い? 専門家が言及

多くの人々がスヌーズ機能に頼っており、目覚まし時計が鳴るとスヌーズボタンを押して、ちょっとだけ二度寝をする習慣があります。しかし、専門家によると、これは睡眠の質に悪影響を及ぼすだけでなく、身体に有害であり、慎重に扱うべきだと言われています。

あなたのどこが悪いのか? すべて背骨が原因かもしれない(1)

「林医師! 最近、立っているときも、座っているときも、仰向けに寝ているときも、肩と首が快適でない感じで、時々鋭い痛みがあり、仕事ができないこともあり、毎晩寝つけず、仕事の効率が悪化しています...。」

なぜ夜にひどい寝汗? 改善方法は?

夜眠っている間、人々は少し汗をかきますが、これは自然な現象です。しかし、汗が大量にあり、頻繁に起こる場合、それは盗汗(とうかん)の可能性があります。では、なぜこのような状況が発生するのか、どのように改善すべきなのでしょうか?

米国の医師は睡眠の質が悪いことが老化を加速させる最大の原因だと警告している

多くの人は青春が常駐し、いつまでも老けないことを望んでいます。しかし、遺伝だけでなくライフスタイルも老化を招くと警告する米国人医師もいますが、睡眠の質が悪いことが老化を加速させる最大の原因であり、アンチエイジングの面で犯される最大の過ちであると警告しています。

抗うつ薬では改善しないうつ病に漢方が効果的だった(1) 

うつ病は漢方薬と生活習慣の改善で治ると専門家は信じています。エポックタイムスの「健康1+1」番組では、台湾の承恩漢方医院の朱恩立院長が、うつ病の原因について詳しく分析し、患者のうつ病解消を手助けした経験を紹介しています。
2023/09/03 Amber Yang, JoJo Novaes

睡眠時に口を開けて寝てしまう? 医師が原因を究明

朝起きると自分の口が開いていて、さらには枕がよだれで濡れていることに気付いたことはありませんか。もし日常的にこのようなことがあれば、睡眠時の口呼吸に慢性的な問題を抱えているかもしれません。医師の意見を聞いてみましょう。

パーキンソン病の9つの初期徴候を無視すると、最適な治療時期を逃す可能性がある(1)

パーキンソン病は運動に影響を及ぼす進行性の神経疾患であり、脳の筋肉制御をつかさどる領域の神経細胞の損傷または死滅によって引き起こされます。 しかし、この病気が診断される時、何年も前から現れていた徴候や症状が見つかることがよくあります。この進行性の神経疾患の初期兆候を知ることは、最善の予防と治療を見逃さないためには重要です。
2023/08/02 George Citroner

サクランボはがんに効き、体重を減らし、痛風を治す(2)

サクランボには、睡眠サイクルを整えるホルモンであるメラトニンも含まれています。メラトニンには多くの重要な働きがあり、規則正しい睡眠サイクルと概日リズムをサポートし、免疫系機能を向上させ、神経保護作用を持ち、老化に関連するプロセスを遅らせることが示されています。
2023/07/18 Emma Suttie

よく寝て病気にならない 漢方医が教える睡眠時にやってはいけない9つのこと

夏は暑いため、寝るときはいつもふくらはぎが出ていませんか?夜中に球技など激しいスポーツをするのが好きですか? 寝室はいつも散らかっていませんか? よく眠り、病気にならないためにやってはいけない9つのことに気を付けましょう。
2023/07/01 呉国斌

食生活を整えて更年期の不調を改善し、第二の青春を迎えよう(上)

衰えを感じることの不安もあり、「更年期は新陳代謝が悪くなり、お腹まわりに脂肪が付き、顔がほてるホットフラッシュで夫と離婚に至った」ということもあるそうです。
2023/06/25 趙函穎

あなたは年を重ねると早起きになった?専門家がその理由を解説

年齢を重ねるにつれて、自分の起床時間が早くなることに気づく人が増えてきています。時間が経っても眠れなくなることもあります。多くの高齢者は早朝4-5時には目覚めてしまいます。これについて、専門家が詳細な説明をしてくれました。

春菊——身体を守り 元気を固め 心を清めて安らかに

春菊は天然の健康食品であり、中医学では腎を温めて肝気を疏通し、心を安定させ、五臓を調整し、健康を維持する効果があるとされています。春菊は古代中国の皇帝たちのストレス解消法としても使用されており、現代のストレス社会にも役立つ可能性があります。
2023/04/29 白玉煕

フライト中の快適な睡眠を実現させるには 専門家の7つのアドバイス

長距離フライトの時、多くの人は休息を取りたいと考えています。飛行機の中では、多くの人が目を閉じてリラックスし、時差を調整したりして、次の旅程に向けて体力を蓄えたいからです。しかし、飛行機内ではさまざまな騒音があり、又狭い座席、温度や湿度の影響で、快適な睡眠をとることが難しくなっています。そこで、飛行機内で熟睡できるための睡眠専門家のアドバイスを見ていきましょう。